ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

もういない、ということ

ちょうど一年前の9月11日未明、10年間家族として暮らした愛猫ちゃーは、私たちの目の前で命を終えた。
坂道を転がるように悪化する病状を必死で追いかけた日々の果てに、ちゃーがこの世で最後の息を吐き終えた瞬間を、そしてそのあとの家族全員の嘆きかなしみを、私はあまりのつらさから思い出さないようにしてきた。

考えれば私は、この歳にして初めて、命が終わるときをつぶさに見たのだった。
一昨年の父との別れは、対面したときすでに父は命つきていたし、そのほか多くの別れを思い起こしても、その瞬間に立ち会ったことはなかった。
かけがえのない命が目の前で終わる、それは絶対的な断絶の瞬間だった。
ついさっきまで、苦しみ衰えても息をし、あたたかく、私たちになじんでいた存在が、その瞬間に完全な静寂になり、不在となる。愛するものの身体から命がなくなるそのときに起きることは、何をどうやっても決して取り戻すことのできない断絶だ。

あれから一年がたつのに、私はいまだにこの断絶を素直にうけいれることができない。ほんとうは、命をこの世に受けた瞬間から、誰しもその命は終わることは決まっていて、それがいつ来るかがわからないだけなのに、ただそのときが来たというだけなのに―そう考えても考えても、身体がしびれるほどにつらい。

もう一匹の愛猫、くー。この一年の、くーの変わりようには、遺された家族は私たち人間だけじゃない、むしろこの子の方がずっと喪失を抱いているのだと、思い知らされた。
いつも甘えて甘えて一緒に寝ていた兄貴分のちゃーがいなくなって、くーの様子は目に見えて変わった。一日中大声で鳴いては、私たちを探す。そばにすり寄っては、いつまでもいつまでも、私たちの手や顔をなめ続ける。前は人間に対してほとんど要求をしてこなかった子なのに、極端なさびしがりやの甘えんぼうになった。
ちゃーが私にくれた変化、それは今いるくーを瞬間瞬間、せいいっぱい愛そうと思うようになったことだ。留守番させなければならないときは、すぐ察知して玄関でさびしそうな顔をするくーに切なくなる。

一年の時の流れの中で、暮らしの中にちゃーがいないこと自体には、少しずつ慣れた。
けれどそんな中でも、ふとしたときに落とし穴に足をとられるように、《ちゃーがいない》と心がうめきはじめる。もういない、ということの大きさ深さを、どうすれば自分の中で平らにしていけるのだろう。
ずっとそのまま置いている、ちゃーのごはん皿や好きだったフード、最後の日々に使った流動食の容器など、一年を機に片付けたほうがいいのか、ここ数日ずっと考えている。つらいなら無理をしないほうがいいという気持ちと、区切りをつけたほうがいいという気持ちと。
多くの人が「ちゃーはそばにいて見守ってるよ」と言ってくれる。確かにお骨はずっとリビングに置いてある。写真も飾っている。でも私には、ちゃーがそばにいてくれている実感はない。せめて、ちゃーと過ごした日々を幸福な気持ちとともにを思い出す心境になれたらなあと思う。今日を機にちょっと踏み出せたらいいのだけど。

くしくも、今日は東日本大震災から6年半。
アメリカ同時多発テロから16年。
多くの人が、多くの死を悼み、命を思う日だ。



元気だったちゃーと、くー。
どんなにしあわせな時間だったか、今はわかる。

d0153627_12120116.jpg


[PR]
# by higurashizoshi | 2017-09-11 12:13 | 雑感 | Comments(2)

夏の《旅》はじまる

私的スピッツ祭の〆としてタワレコのスピッツカフェに行ったり、せっせと仕事したり、合唱団の先生に個人レッスン受けてビビったり、病院でS系な検査受けたり、映画を観たり、そうこうしてるうちに例年の保養キャンプがドンドン近づき、準備に追いまくられ、気づけば明日からキャンプ本番。

約2週間、カンヅメになりに行きます。福島からやってくる子どもたちと過ごす日々、今年はどんなことが起きるのか。とにかくみんながのびのび楽しく過ごしてくれればそれでよし。
私にとっての夏の《旅》がはじまります。
帰ってきたらまたここで。

[PR]
# by higurashizoshi | 2017-07-28 23:38 | 雑感 | Comments(0)

スピッツ30thツアー大阪、2日目終了

遅い報告になってしまいましたが、スピッツ30thツアー大阪城ホール2日目。

台風も去り、前日の緊迫感から解放された城ホール前。
ブースの中には、30周年記念発売のオリジナルレコードプレーヤーも。これほんとにレアで可愛いです。
何も考えなかったら即買うけど…むむむ。
d0153627_18142794.jpg

これがみんなスピッツファンだというのがうれしくてこわい。
実に実に年齢層の幅が広いんですよね。
可愛らしい女子高校生グループ、大学生メガネ男子2人連れ、若者~熟年カップル、小学生とパパママ、スーツ姿のおじさま、全身ツアー歴戦グッズのマダムたち、などなど。

d0153627_18270555.jpg
さてライブの内容はというと、セトリは前日と3曲だけ変更されてました。
2日目にして初めてライブで聴く曲があったので(しかも私自身とても思い入れのある曲)うれしかったのと、1日目よりいろんな意味でリラックスしたライブになっていて、うまみが増したな~と。

どの曲もどの曲もそれぞれに感動があざやかで、ライブ途中は胸にぐっときて涙を流し、最後の方はこの幸せな時間が終わることが悲しくて泣いてた私。まさにスピッツにまみれた2日間でした。

放心状態の終演後城ホール前。
d0153627_18353490.jpg
お金と時間と幸運さえ許せば、このあと全国をどこまでも追いかけていきたい…
でもこれで私の今回のツアーはおしまい。
ツアー中のスピッツのメンバーとスタッフさんの健康と、全国で待ちわびているたくさんのスピファンの幸せな時間を祈りつつ。

2日目セトリです。宝箱のようなぎっしりセトリ!
見たくない方はこの下スルーで。





01.醒めない
02.8823
03.涙がキラリ☆
04.ヒバリのこころ
05.ヘビーメロウ
06.冷たい頬
07.君が思い出になる前に
08.チェリー
09.さらさら
10.惑星のかけら
11.メモリーズ・カスタム
12.エスカルゴ
13.ロビンソン
14.猫になりたい
15.楓
16.夜を駆ける
17.日なたの窓に憧れて
18.正夢
19.運命の人
20.恋する凡人
21.けもの道
22.俺のすべて
23.1987→

[アンコール]
24.SJ
25.春の歌





[PR]
# by higurashizoshi | 2017-07-07 18:57 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(0)

スピッツ30thツアー大阪、1日目終了

現在、スピッツ30thツアー大阪城ホール2日目に向かって東へ移動中。
昨日は心配した台風も何とかなってくれて、電車の遅延もなく、時間通りにライブもおこなわれ…ほっといたしました。昼間の雨風はすごかったけれどもね。

昨日、城ホールの前に梅田・茶屋町のタワレコへ。
予想通りスピッツカフェは朝から整理券が出ていてまったく入れなかったけど、集っているたくさんのスピッツファンの楽しそうな様子を見てるだけで幸せな気持ちになった。

入口正面。
d0153627_15333600.jpg

この奥がスピッツカフェ。
d0153627_15321575.jpg

スピッツの森。
ファンからのメッセージに埋もれる4人の男。
私たちも1枚ずつ書かせてもらいました。
娘のメッセージを見たら「母も私もスピッツ大好きです!小さいときから聴いてきて…」とか書いてある。感慨深い。
d0153627_15364700.jpg

こちらにもファンからのメッセージがいっぱい。
こういうの、スピッツのメンバーは全部読むのかな…?
d0153627_15414046.jpg

城ホール前に着いたのが5時過ぎ。意外にもわりとすんなりグッズ売り場などが入った「城見ホール」に入場できた。
いくつかグッズを買ったりポータブルレコードプレーヤー(可愛い!)の現物を見ることができて満足、満足。
さすがに中はすごい人波だったけど、やっぱりスピッツファンって全体的に穏やかな雰囲気なのよね。殺気立ったりする感じはまったくなし。

さていよいよ城ホールへ。
スタンドのものすごーく後ろだったけど、ほぼ正面席だったので全体が見渡せてよかった。

ライブは…
感想の言葉が簡単に見つからない。
30周年にふさわしい曲選びで、まず聴けないと思っていた曲がたくさん聴けて、それでもまだまだあれもこれも聴きたかったとか、スピッツってほんとに名曲がとめどもつきずあるなって改めて思い…

マサムネくんの声の伸びが素晴らしかった。バンドサウンドには余裕すら感じられた。
楽しい音。走り続ける音。衰えどころか、どこまでも成長していくスピッツ。
なぜかライブ途中から泣けてきて仕方がなかった。

d0153627_15582965.jpg

さてもうすぐ大阪城公園駅。
今日はアンコールで何が聴けるかな。
昨日よりは落ち着いて聴けるかな。

以下、昨日のセトリ。
見たい方だけどうぞ。




01.醒めない
02.8823
03.涙がキラリ☆
04.ヒバリのこころ
05.ヘビーメロウ
06.スカーレット
07.君が思い出になる前に
08.チェリー
09.スターゲイザー
10.惑星のかけら
11.メモリーズ・カスタム
12.エスカルゴ
13.ロビンソン
14.猫になりたい
15.楓
16.夜を駆ける
17.日なたの窓に憧れて
18.正夢
19.運命の人
20.恋する凡人
21.けもの道
22.俺のすべて
23.1987→

[アンコール]
24.SJ
26.君は太陽


[PR]
# by higurashizoshi | 2017-07-05 15:24 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(1)

明日からスピッツ30thツアー大阪2days

ついに始まってしまった、スピッツの結成30周年記念ツアーライブ。
7月1日静岡が初日で、明日あさっての大阪城ホール2日間がその次のライブになる。
前回「醒めない」ツアーはファンクラブ(スピッツベルゲン)会員だったのに全落ちで涙を飲んだので、今回はネットの方のファンクラブにも入会し、その両方で挑んだ結果、みごと城ホール両日のチケットをゲット! しかし、ファンクラブ枠なのに席は…スタンドだしめっちゃ後ろだったのがまた涙目。いや、それでも2日間続けてライブに行けるだけで幸せじゃないか!と自分に言い聞かせつつ、いよいよ明日ですよ明日。

明日は姉と娘たちというガッチリ家族スクラムで参加、あさってはひとり参加なので、グッズに並ぶのとかファンクラブブースの抽選会とかは、あさって孤独に参加することにした。
もともとグッズ的なものにはそんなに食指が動かないタチなんだけど、今回はやっぱり30周年ということで、手元に置いておきたいな~と思うものをいくつか買おうと思う。
明日は女4人組でまずは梅田茶屋町のタワレコに行ってスピッツカフェを外から見学(絶対明日あさっては行列過ぎて入れないはず)、店内のパネル展とか見て士気を高めてからおもむろに城ホールに向かうという計画。
なんだけど…

来てます来てます台風!
けっこうドンピシャな感じで関西に向かってますやん。
それでなくてもすぐ《きっとうまくいかない》と思ってしまう性格、というか心のクセを持つ私。

電車が遅れるかもしれない…
いや、止まってカンヅメに…
なんとか城ホールにたどり着いてもライブが中止に…

そんなことばかり考えてしまうんですわ。
台風?きっと大丈夫!明日が楽しみ楽しみ~♪
と思える性格だったらどんなにいいことか。
明日から2日間、30周年、と思うだけでも緊張して胃が痛くなりそうなのに、台風~!


ずっとこのところヘビロテしてる、新曲2つ。
もし未聴の方がおられたらぜひ。

とてもスピッツらしい、涼やかひねくれで実は深い「ヘビーメロウ」



結成年をそのままタイトルにし、インディーズ時代の曲を織り込んだ「1987→」
この曲もMVもファンには宝もの。何度見ても胸しめつけられ、ありがとうと繰り返したくなる。



最近、とみにスピッツにあらためて感動し、感謝の思いを捧げている私としては、ものすごく思い入れのある、大切な明日からの2日間。
どうか無事に彼らの音楽をこの身と心に受けることができますように。



[PR]
# by higurashizoshi | 2017-07-04 02:51 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(0)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

初めまして。マリンメッセ..
by なみ at 17:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 23:49
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:03
bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 14:59
いやー、楽しかったです南..
by bikegogoy at 22:38
伝わってきます。なんてい..
by まにまに at 10:40
まにまにさん 読んでく..
by higurashizoshi at 22:45
先輩、すごい旅をしたんだね。
by まにまに at 18:27
おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ

画像一覧