ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

81歳の戦時体験

この5月で、父は81歳になった。4年前に胃がんで切除手術をしたとはいえ、元気で今も現役で仕事をしているスーパーじいちゃんである。
その父の誕生祝いを、この前、姉の家族と合同でやった。料理は手作りの持ち寄りということにして、私の担当メニューのひとつは最近得意技のちらし寿司、今回は《岡山祭り寿司》ふうバージョン。父の母、つまり祖母が岡山出身だったので、父には祭り寿司はおふくろの味なんだそうだ。

d0153627_22434657.jpg











岡山の祭り寿司にはかかせない、ままかりという小魚がここでは手に入らないので、〆サンマで代用したり、だいぶ本物とはちがうようなのだけど、まあ気持ちは本物ってことで。
そのほか、姉も私もいろんな料理を作ってきて、並べると壮観!
ミミは父の大好物のだし巻き卵を作って、じいちゃんからうまい、うまいと喜ばれた。

d0153627_22484486.jpg











この誕生祝いの日、姉の提案で、父に戦時体験を孫たちに話してもらおうという企画があった。ふだんはそういう実体験をきちんと聴く機会はないので、貴重なチャンス。私や姉だって、断片的にはいろんな話を父や母から耳にしてきたとはいえ、まとまって聴くことはほとんどなかった。

父は16歳で終戦をむかえている。
さかのぼると、2歳で満州事変、8歳で日中戦争がはじまり、10歳で第二次世界大戦が開始、12歳で太平洋戦争に突入、翌年の昭和17年、13歳のときに長患いしていた父親が死去。翌18年、一番上の兄がサイパンで戦死。翌19年、二番目の兄がガダルカナルで戦死。翌20年、三番目の兄が中国で戦病死。終戦までの4年間、父は肉親を毎年亡くし続けたことになる。
父が表に書いて説明してくれるのを聴きながら、いまさらながらすさまじい十代を生きたのだなあと思う。終戦の年の春、父は中学校から海軍兵学校に入学した。大好きな兄たちを殺した敵を、天皇陛下のためにうちやぶり、みごとに自分も死ぬのだと心から思っていたという。と同時に、幹部養成校である兵学校に入れば、ごはんがお腹いっぱい食べられるというのも実は魅力だったのだそうだ。食べ盛りの少年時代、いつも空腹に苦しめられて、白米のごはんを夢にまで見た。とにかく配給の食糧では生きていけないので、あちこちの空き地に収穫の早いカボチャを植えて、「カボチャばっかり食べとるから、顔がだんだん黄色うなるんや」。
そして前評判どおりに兵学校では念願のごちそうをふんだんに食べ、地獄のような厳しい訓練に耐え、さあこれからだと思っていた矢先に戦争は終わった。しかも、絶対に負けない神の国だと教わった日本が負けたのだ。父にとって戦争は、重なる肉親の死のはてに、自分の死の覚悟がぶっつりと断たれて、それまでの価値観のすべてが空白になって終わった。

タタもミミも、父の話を真剣に聴いていた。結局この日は時間が足りなくて、くわしく語りきるところまではとてもいけなかったので、姪っ子の提案で来月に《第2回・おじいちゃんに戦時体験を聴く会》をやることになった。父が元気で語れる間に、孫だけでなく私も父の話をたくさん聴いておきたいとあらためて思う。母も、昔のことはよく憶えているので、話に参加してくれそう。これはなかなか、おもしろいことになってきた。
[PR]
by higurashizoshi | 2010-05-31 22:53 | 雑感 | Comments(6)
Commented by ゆっこ at 2010-06-01 09:19 x
お父上さま、おめでとうございます。すごいごちそうですね。
そしてとても厚みを感じるバースデーで、素敵です。
お母上さまも回想によって活力をとりもどされるといいですね。

私事ですが思わず義父が繰り返し話していたシベリア抑留もふくむ戦争体験談を思い出してしまいました。
そしてそれを一緒に横で聞いていた義母は「女も大変だったんだ」と
途中でよく怒りをあらわにしていました。
それぞれの戦争。そして形は違っても今も続く戦争が少しでも減って
ほしいですね。
『夜と霧』を最近読んで、ちょうどいろいろ考えていたところだった
ので思わずコメントしてしまいました。では、また!
Commented by ごーや at 2010-06-01 14:17 x
こんにちは~。

そして お父さん81歳のお誕生日おめでとうございます。
娘さんや お孫さんたち集まって お誕生会 
お料理も 心がこもっていて すてきです~
   
そして おじいちゃんに戦時体験を聴く会
できそうで 実行するのは、難しい気がします。
貴重な時間ですね。
私の父も 体調は今ひとつなのですが 80歳で オーディオや パソコン 音楽や 裁縫など 多趣味で 母の介護をしながら 2人で暮らしています。
父のお手伝いに 帰った時など 戦前や戦後の話を 聞く機会が あるのですが いつも聞き入ってしまいます。
私の母も 脳出血の後遺症で脳の機能障害が あるのですが
昔の話は とてもよく覚えていて みんなで 笑ったり 怒ったりして 会話が弾みます。
定期的に 聴く会できたら いいですね~
Commented by てんこ at 2010-06-02 06:16 x
お父さん、81歳のお誕生日おめでとうございます。
私の父は5月で80歳になりましたので、1歳年上なんですね。

戦争体験を聞く企画を考えるなんて、お姉さんすごいですね。
私も何度か聞いたことはありますが、子ども達はあまり聞いたことないと思います。

終戦前に中学生だった父は、なんと戦闘機を作っていたそうです。
子どもに戦闘機を作らせるなんて、日本はかなりギリギリだったんでしょうね。
終戦のラジオを聴いて、悔し泣きをしたそうです。

「おじいちゃんに戦争体験を聴く会」我が家でも機会があったら、やってみたいです。


Commented by higurashizoshi at 2010-06-03 12:31
ゆっこさん
お義父さん、お義母さん、それぞれの立場での重い体験が
あったんでしょうね。もはや、当時大人で戦争体験をもつ
人がどんどん世を去っていって、うちの父の話も貴重なもの
になってきました。

『夜と霧』私も読みました。戦争という形だけでなく、
人が人の誇りや命そのものをうばったり、その一方で尊厳を
けしてうしなわない人間の強さも存在する。すごく衝撃を
受けた本です。また読み返してみたくなりました。
Commented by higurashizoshi at 2010-06-03 12:41
ごーやさん
おひさしぶりです~。
そうですね、ごーやさんのお父さんもうちの父と同世代
でしたね。とっても好奇心いっぱいのすてきなお父さん。
裁縫もされるとは! かっこいいー。
夫婦ふたり暮らし、お母さんもお父さんもそれぞれ大変だと
思うけれど…支えあっておられる感じですてきですね。
うちは父が今も仕事が忙しすぎて、母は逆にやることがない
…という感じなんですよ。。。

昔の話を聴くのはほんと貴重ですね。親が生きててくれる
だけでも貴重なこと、そして生の体験を聴けるんですから…
今回やってみて、これはすごくいい企画だなーと思いました。
親の方も、聴かせることにやりがいをすごく感じてくれる
みたいです。
Commented by higurashizoshi at 2010-06-03 12:49
てんこさん
わあ、てんこさんのお父さんも同世代なんですね!
うちの父も学徒動員で戦闘機の部品を作っていたそうです。
こんなちゃちな作りで大丈夫なんか?と思うほど、戦争末期
なので粗末な戦闘機を作っていたようです。
なんだか話を聴いていると、壮絶というか、悲しくなります。

たぶん子どもたちも、本で読んだりテレビで観たりするより、
おじいちゃんから直接話を聴くほうがインパクトあると思い
ますよ。生きた体験、とっても大事なものですよね。

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 23:49
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:03
bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 14:59
いやー、楽しかったです南..
by bikegogoy at 22:38
伝わってきます。なんてい..
by まにまに at 10:40
まにまにさん 読んでく..
by higurashizoshi at 22:45
先輩、すごい旅をしたんだね。
by まにまに at 18:27
おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ

画像一覧