ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

上海の伯爵夫人

d0153627_1811159.jpg
2005年公開 イギリス・アメリカ・ドイツ・中国
監督 ジェームズ・アイヴォリー
脚本 カズオ・イシグロ
出演 レイフ・ファインズ ナターシャ・リチャードソン 真田広之 ヴァネッサ・レッドグレイヴ リン・レッドグレイヴ


1936年の上海。日本軍の侵攻の直前の、爛熟をきわめたこの都市に、ひとりのアメリカ人外交官がいた。冒頭から品格ある美しい紳士の風貌を見せつつ、彼の雰囲気はどこか奇妙である。
と、彼の眼が見えないことがすぐ明らかになる。しかも自分の属している上流階級の世界にも、政治の世界にも、なぜかまったく関心がないようにみえる。そして突然競馬に全財産を賭け、自分の《夢の店》を出すと言い出すのである。当時の上海はさまざまな国から集まった最先端の文化が渦巻き、華やかなダンスホール、料理店やキャバレーなどがひしめいていた。そこに彼は、自分の理想のバーを作るというのだ。
そろそろ観客は、ジャクソンという名のこの男がどこか壊れているのだということに気づきはじめる。しかもそれは、こちらを少しずつ不安にさせるような、深い壊れかたである。
眼が見えなくなったのはそれほど昔のことではないのは、おぼつかない歩き方からわかる。やがて、ジャクソンの過去があきらかになっていくにつれ、彼がその視力とともにうしなったものの大きさがわかってくる。絶望の底をはいながら、彼は一瞬一瞬の享楽だけを支えに生きるしかないのだ。
そんな彼の前に、ひとりのロシア人女性、ソフィアがあらわれる。彼女は幼い娘やおばたちとともに、革命から逃れて上海にたどりつき、苦しい生活に耐えていた。ロシアでは伯爵夫人として優雅な暮らしを送っていた彼女は、いまでは家族の暮らしを支えるためダンスホールで男たちの相手をつとめる日々を生きている。そんなソフィアに依存しながら、おばたちは彼女の仕事を貴族の恥とののしり、娘をソフィアから引き離そうとまでする。
そんな孤独で屈辱的な毎日を送る彼女を、ジャクソンは自分の開く理想のバーの《店の華》としてスカウトする。美しく、気品とプライドに満ち、しかも人生をあきらめている者にしかないけだるさ―それが、ジャクソンがソフィアに見た《華》としての魅力だった。2人は互いに通じあうものを強く感じながらも、開店したバー「White Countess(白い伯爵夫人)」をともに支えながら、一線を越えることなく友情を続けていく。やがて間近に日本軍の軍靴が聞こえ、上海は陥落へと一気になだれおちてゆく…。

オリジナル脚本がカズオ・イシグロ、監督ジェームズ・アイヴォリー、撮影クリストファー・ドイルという、これで素晴らしくなかったら困るような組み合わせ。そして壊れゆく男を演じたら右に出るものはない名優レイフ・ファインズ、気品と優雅さに満ちたナターシャ・リチャードソン、天下の名女優ヴァネッサ・レッドグレイヴとリン・レッドグレイヴの姉妹出演(ナターシャはヴァネッサの実娘なので親子出演でもある)、謎めいた日本人を演じた真田広之と、豪華絢爛なキャスティング。そのわりにけっして派手な印象の作品ではないが、そこがいかにもカズオ・イシグロが作りあげた世界らしい。
《なにかを決定的にうしなった人間》がさらに翻弄されながらも生きのびていくというのがイシグロの小説世界のメインストリームで、この「上海の伯爵夫人(原題は店の名と同じ『White Countess』)」も同じ流れのうえにあるといえるだろう。
この時期の上海は多くの芸術作品の舞台になっていて、たとえば近くではアン・リー監督『ラスト、コーション』が思い出される。薄靄が張ったような魔都・上海のたたずまいが魅力的だったが、この映画の上海はもうすこしきらびやかに、軽やかに描かれている。個人の絶望感や虚無感と時代のそれがないまぜになって、やがて破滅へとむかっていくという結末を、この作品は単純にはとらなかった(観ていない方のため、こう書くしかないが)。そのことが、観終わったあとにかえってじっくりとしみてくる余韻をつくっていると思う。

没落した伯爵夫人を演じたナターシャ・リチャードソンは、私には最初この役にあまり合っていないように思えた。《華》としての美しさと強さには、いささか足りないように思えたからだ。けれど物語が進むにつれ、その深い気品と優しさに魅せられていった。結果的には、ありきたりの美女を配するよりはるかに適役だったと思う。
彼女は昨年、事故で45歳の若さで亡くなり、その記事を新聞で見たときは私はまだスクリーン上のナターシャ・リチャードソンを見たことがなかった。この映画を観ながら、きっとこれは彼女が一番すばらしく輝いていた役であり演技なのではないかと感じて、いっそう胸にせまるものがあった。
[PR]
by higurashizoshi | 2010-06-18 18:21 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(4)
Commented by かっぴょん at 2010-06-20 16:55 x
大変遅くなりましたが・・お誕生日おめでとうございます♪
今年は、すてきなプレゼントでしたね~
「おかあさんのやりたいことをする1日をプレゼントしよう」という発想・・
わたしはそういう心使いに、うるうるしちゃうタイプです。

わたしも最近船が好きになりました。
海を眺めながら船に乗ってる時間って、短い時間でも「ちょっと旅してきた」って気持ちになります。

ところで、こちらの映画。
第2次世界大戦前の上海とか、higurashisozoshiさんが解説してくれたストーリーとか惹かれました~
カズオ・イシグロの脚本なんですね。

最近ますます縮小されている、T○T○YAの洋画コーナー(洋画も、シリーズもののドラマが多くなちゃって)
見つかるといいな。
Commented by higurashizoshi at 2010-06-23 14:42
かっぴょんさん
ありがとうございま~す。
いやあ、だんだん「してあげる側」から、いろいろ
「してもらう側」になりつつあるんだなあと…。
ちょっと感慨深いです。

この映画、某ツタヤにあるかどうか? お店の規模によって
微妙なとこかもしれませんね。うちの近くの店にはかろうじて
ありましたが…でもここも!最近どんどんマイナーないい映画が
撤去されちゃって、行くたびにがっかり。しかたがないので、
ネットレンタルで探すことが多くなりました。

カズオ・イシグロの小説って映像的だなーと思うのですが、
これは最初から脚本として書かれたものなので、味わいとしては
またちょっとちがう感じですよ。とってもイシグロ的世界で
あることに変わりはないですが。
Commented by hinata at 2010-06-30 14:42 x
お久しぶりです。
そして、お誕生日おめでとう(遅すぎ~(^^ゞ)
いつも読ませてもらっているのですが、なかなかコメント出来ませんでした。
カズオ・イシグロは脚本も書いているのですね、
気になります。見てみたいな~。ラストコーションも見れずじまい…
このところTVで録画するもののなかなか見れないものがまたたまりつつあります。
来月はスターウォーズ関係で息子が録画したいのがたくさんあるそうなので、たくさん見ないと~
Commented by higurashizoshi at 2010-07-02 16:29
hinataさん
ありがとうございます~
この映画はアダルトなシーンはほぼないので、家で観るのも
だいじょうぶかと…でも『ラスト、コーション』は大人のみで
密室で観ないとダメですね。。。

テレビから録画すると、ついついそのままになってなかなか
観ずにたまっていっちゃいますよね。
うちは最近ケーブルテレビに加入したのですが、山ほど映画を
毎日やっていて、喜んでドンドン録画しはじめるとキリがなく、
なんだか果てしない感じになってしまってます。
なにごとも適量をこころがけねばいけないんでしょうね~。

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 15:28
こんにちは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 14:45
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:20
こんばんは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 20:54
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:06

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ