ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

情報と、できること

大震災発生から明日で一週間になる。この間、日本は悪い熱病にかかったようにさまよっている。死者の数がどこまで増えていくのか、誰にもわからない。かろうじて生き残った人たちが寒さと飢えに震えている。原発は危機の連続で、福島では津波と放射能の両方に命をおびやかされる多くの人がいる。高い放射線を浴びながら現地で必死の攻防を続けているはずの作業員たち。その人たちにも家族がいる。
被災地に支援が届かない。阪神淡路のときもそうだったように、二次災害の形で倒れる人たちが増えている。報道を見続けながら、あたりまえの暮らしが自分の周りにあることに改めて驚く。
神戸もまだ傷が癒えているなどとはいえない。むしろ時がたつほどに深まる痛みというものがある。今回も、家族も家も町も失った人たちにその実感が受けとめられるのはずっと先のことだろう。本当の悲しみ苦しみはそこから始まるのかもしれない。

原発については、どのメディアの情報がどれほど信用できるのか、見きわめていかないといけないと思う。人体に影響のない程度、と発表されても、本当にそうだろうかと誰もが思っているだろう。昨日、父の入院先の食堂で、従業員の女性同士が話しているのが耳に入った。
「安全や、安全や言うてたけど、ウソやったんや。怖い、ほんまに怖い」
「そやけど、漏れてもちょっとの量なんやろ?」
「そらわからへんけど…でも怖いやん、わからへんもん」

この数日は、原子力資料情報室のHPや動画をチェックしている。それから友人に教えてもらった田中優さんのブログ。募金をどこにしたらいいか考えていたら、これも友人の情報で、宮崎から野菜を被災地に届ける活動を準備しているNGO協働センターを知って、とりあえずここに送金することにした。

壊れた原発の建物に、ヘリコプターや消防車が放水をする。もうほかに、手段がないのだ。
こんな光景がこの日本でおこなわれていることが、いまだに信じられない。
それをテレビで見ながらも、暖かい布団で眠り、家族と温かいごはんを食べられる日常がむしろ不思議だ。
[PR]
by higurashizoshi | 2011-03-17 13:49 | 雑感 | Comments(0)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 23:49
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:03
bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 14:59
いやー、楽しかったです南..
by bikegogoy at 22:38
伝わってきます。なんてい..
by まにまに at 10:40
まにまにさん 読んでく..
by higurashizoshi at 22:45
先輩、すごい旅をしたんだね。
by まにまに at 18:27
おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ

画像一覧