ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

大切なもの

家の中でのんびりと暮らしているはずのネコたちも、何かを感じていたのか。
ある日気がつくと、クーの後ろ足の内側がどかーんと大きくはげて、赤むけになり炎症を起こしていた。あまりひどいので動物病院へ。
診断の結果は、何かのストレスによって舐めすぎた皮膚炎。うーん、人間が強いストレスを感じていると、のんきに見えるネコにもそれが伝播しているのかも。
タタやミミは、「遊んであげなさ過ぎたからだ!」と反省して、それからは一生懸命クーを相手にねこじゃらしを振り回している。

炎症に薬を塗ったあとは、数時間はこの姿でがまん。
「なんじゃこりゃー」
d0153627_21451181.jpg












被災地の報道で、避難した人が犬を連れて来ていて、不自由ながら一緒に過ごしているという話をときどき読む。家族なのだから当然、と飼い主なら思うだろうが、動物嫌いな人にとっては理解しがたいことかもしれない。それでも、避難した人が愛犬とともに写っている写真を見ると心が少しなごむ。
「でも、ネコはいないね」
というのが、そんな記事を見たときに娘たちといつも交わす言葉。そう、ネコを連れて避難した人の話はまだ聞いたことがない。
もともと外飼いのネコなら連れて逃げることもできないだろうけれど、うちのように室内飼いの場合は、可能な限り飼い主は連れて行こうと思うだろう。だって、家族なのだから。

今回の震災のあと、非常用持ち出し袋を新たに作って、ネコ用のリードを2本買ってきてその中に入れた。キャリーケースもひとつしかなかったので買い足した。ストックのドライフードも用意した。でも…と思う。
実際にもし避難することになったとき、ネコたちを連れ出すことができても、そのあとたとえば避難所で集団生活することになったら? ケースに入れっぱなしにできないから、リードをつけてつないでおく? うちの箱入り息子たちは、もし放したらびっくりしてどこかに飛んでいき、たちまち迷子になってしまうだろう。人の命の瀬戸際で、多くの人がネコどころじゃないという状況の中で、この子たちを守ることができるんだろうか…。

動物に興味のない人にとっては、何を言っているんだという話かもしれないけれど、この「ネコ」を別のなにかに置きかえて考えたら。
弱いもの、庇護を必要とするもの、けれど誰かにとってはかけがえのない、大切なものに。

d0153627_21455531.jpg
[PR]
by higurashizoshi | 2011-04-14 21:51 | 雑感 | Comments(4)
Commented by m at 2011-04-17 15:55 x
ご本人にとっては、あまり居心地よくない姿なのかもしれませんが、やっぱり可愛いクーさんと、眠るチャチャさん。
higurashizoshiさん宅のネコさんの写真やご様子、毎回楽しみで、何回も見てしまいます。
ストレスによる炎症とは、大変ですね。
家の人が、大変だったりすると、何か感じとるのかもしれませんね・・・
どうぞお大事になさってくださいね。

なかなかコメントもできずにいたのですが、お父さまの退院おめでとうございます。
退院されたとはいえ、higurashizoshiさんは、やはりご「出勤」が続かれるとのこと。
なかなかそうも言ってられないとは思うものの、どうかあまり無理なさりませんように。

そういえば、先日、たまたま観たテレビで、被災地でペットの動物たちを保護しているところ?が映りました。
ネコも、いました。犬に比べると、ネコの方が環境の変化に敏感そうな気がしますが、テレビに映ったネコは穏やかそうにも見えました。

Commented by higurashizoshi at 2011-04-18 23:26
mさん
うちの息子たちを愛でてくださって、うれしいです。
写真も、もっとたくさん紹介したいのですけどね。
さいわい、クーの炎症はかなり治ってきました。どこかで
「ぼくのことも見てよ」って言いたかったのかも…?

保護されているネコ、いたんですね!よかった。
ちょうど今回の文を書いた直後に、新聞で初めて被災地で
飼い主さんが再会できたネコの写真を見ました。でもやっぱり
避難所には連れて行けないらしく…このあとどうなるのかなと
気になりました。

父の退院にお祝いを言っていただいてありがとうございます。
「出勤」は今では数日おきになり、少しずつ父も自力でいろんな
ことができるようになってきています。とはいえ、これからも
課題は次々出てくるはずなので、私自身が体調ととのえて、
うまく息抜きもしていかなきゃな~と思ってます。
Commented by ゆーかり at 2011-04-22 11:56 x
クーちゃんも大変でしたね。でも愛らしい姿。
チャチャちゃんの寝顔にもホッとします。

私の行っている美容院では、ワンちゃんを2匹飼っているのですが
もしものときのための、避難のシュミレーションしていましたよ。
これをこう抱いて、こっちはリードだなとか。
偶然にも一匹はクーちゃんって名前なんです。
そのクーちゃん震災以来、おびえちゃってていつもの元気がありませんでした。
1人のときだったら、きっと大事なものなんか持ちさせずに犬だけで
精一杯だな~、と話していました。
大切な大切な家族ですものね。
原発事故の影響で20キロ圏内には入れなくなるとのこと。
今朝の新聞に酪農農家のかたのお話が載っていました。
生き物をのこして避難せざるを得ない事を想像するだけで
胸が苦しくなってしまいます。

お父さまの回復力すごいですね。一旦落ちた体力を回復するのって健康な人が考える以上に大変なことですものね。
それも支えがあればこそ、なのでしょうね。
Commented by higurashizoshi at 2011-04-25 16:26
ゆーかりさん
美容院の犬のクーちゃんの話を読んで、動物に対する
人間の責任ってほんとうに重いなと改めて思いました。
避難区域に残された動物たち…牛や犬たちの写真を見ると
胸がしめつけられます。

きっと犬のクーちゃんは、もう一匹とともに飼い主さんに
大切にされているんですね。避難しなければならないような
ことがこれ以上起きないよう心から願います。
大切なものを大切にできるように、そんな一見あたりまえの
ことが揺れているなかで、ずっと自分を問われている気が
しています。
父のことも、ありがとうございます。
ゆーかりさんとご家族の無事をお祈りしてます。

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 14:59
いやー、楽しかったです南..
by bikegogoy at 22:38
伝わってきます。なんてい..
by まにまに at 10:40
まにまにさん 読んでく..
by higurashizoshi at 22:45
先輩、すごい旅をしたんだね。
by まにまに at 18:27
おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ