ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

窓からきいちゃんが見える

台風一過、青空が広がっている。
今、私はパソコンを置いたデスクの前に座って、窓の外を見ている。
うちの小さな庭は車庫を兼ねているので、きいちゃん(愛車)が窓のすぐ外に見えている。たまごどうふ色のきいちゃんのボディーに陽射しがあたって綺麗だ。
でも、私の心は重い。

昨夜、台風接近の強い雨風のなか、遠方に出かけていたタタを駅まで迎えに行くことになっていた。
遠方というのは島根県である。松江まで友だちとライブに日帰りで行ってくるという強行軍。無事帰るとメールが来て、夜の11時過ぎにめちゃくちゃ降っている雨の中、家を出た。
きいちゃんに乗り込み、いつものように発進。そして庭を出て前の道に左折…門柱が暗さと雨でよく見えないけどこのへんだろう…と思ってハンドルを切って前進したとき、
「ごぎぎぎぎ」
と恐ろしい音がした。
やっちまった! とうとうやっちまった!
そのまま確認せず駅まで走った。タタを無事乗せて、家に帰った。

明け方、夢を見た。
夢の中で私は見知らぬアパートに住んでいる。たくさんの人が私の部屋で宴会をしている。宴がおひらきになり、たくさんの洗いものが流しに積みあがった。それを洗剤でひとつづつ洗いながら、私は思っている。
「ああ、きいちゃんの傷を確かめなければ…でも見たくない、見たくない」
すると電話が鳴り、出てくれた人が「あなたに相談だって」と子機を渡してくる。手が洗剤でぬるぬるなのですごく困る。でも仕方なく、その手のままで電話に出る。
なんだかとっても切迫した感じの女の人が、「今すぐお話を聞いていただきたいのです」と言っている。「住所がわかったので今もうお宅のそばまで来ています」。
えー!?と思ってドアの方を見ると、すりガラスになっているところから、外廊下に大きな帽子をかぶった女の人が立っているのがぼんやりと見える。こりゃ困った、手はぬるぬるだし、知らない切迫した人がうちまで来ちゃったし、どうしよう?どうしよう?
と、思ったとたん、目がさめた。

手をすりあわせてみる。ぬるぬるしていない。あの女の人も消えた。
「夢って、便利!」思わず私は叫んだ。
そして次の瞬間、私は思い出した。夢の中でも、夢からさめても、ひとつだけ続いている事実を。

で、私は今、窓からきいちゃんのたまごどうふ色のボディーを見ている。
ここからは見えない側、左の後部ドアあたりに、たぶんかなり恐ろしいことが起きているはず。今日起きて、朝食をたべて、昼食をたべても、まだそれを確かめに行く気になれないでいる。
車に傷をつけたのは初めてじゃなく、そのたび何枚かの福沢諭吉先生とのお別れとともに、なんともいえない後悔というか、自責の念というか、みじめさというか…ようするに「おまえは、アカン」と誰かに宣告されている感じにさいなまれる。
震災や津波で一切合財をうばわれた人たちがたくさんいるときに、こんなささいなことで何を落ち込んでるんや、と自分に言い聞かせてみる。確かに、そうなのだ。
初めて友だちとすごい遠出したタタが、台風のなか無事帰ってきたことを思えば、これが厄落としと思えばいいやんか。と、ちと無理のあるなぐさめを自分に与えてもみる。ああ。
というわけで、これから庭に出て確認しようと思う。私がきいちゃんにやったことを。

それにしても、あの女の人は、あんなに切羽つまって、私に何を相談しようとしていたんだろう。
[PR]
by higurashizoshi | 2011-05-30 17:28 | 雑感 | Comments(2)
Commented by かっぴょん at 2011-06-05 17:29 x
きいちゃんのお怪我、いかがでした?

何度聞いても、あの、ぎぎぎぎぎという音、ぼこんとへっ込む音や感触。イヤですね。
その瞬間「あっ、やっちゃった・・」という、ぬるりとした感覚が押し寄せてきます。

傷を見るまでは、もしかしてぜんぜん大丈夫かも?って、毎回思うんです。
夢とまではいかなくても、あの音感触は、空耳空感覚だったのかも?って。
現実をみるのが、恐い。傷を見たくない。

そして「なんで毎日通っている、この柱にぶつけるんや」
自分のばかばかばか。避けようと思えば避けられたではないか・・という後悔。
車の傷だけで、誰も人を傷つけずに済んだからいいじゃんと思ってみるものの、気持ちは晴れなくて、飛んでいく福沢諭吉さんに、胃のあたりが苦くなる。
・・というのが、毎回わたしのパターン。毎回って、いったい何度やってんだ・・

タタちゃん、また元気に外出できるようになったのですね。
一回り成長して。
うん、きっときいちゃんが、何かを災厄を引き受けてくれてくれたんですよ。わたしもそう思います。
Commented by higurashizoshi at 2011-06-07 18:33
かっぴょんさん
いやいや、かっぴょんさんのあまりに写実的、リアルな描写力に
思わず再体験を味わいましたわ。。。

「現実をみるのが、恐い。」
…ああ、もう、ほんっとその通り!
あまりに仲間すぎて哀しいよー!
お互い、これのせいで別れた諭吉の人数を考えると、気が遠く
なりますよね。
そして…車の傷は、心の傷なの。経験者にだけわかること。

こすっても傷つかないやわらかい車とか、できないんだろうか?
なんて考えたりして。
全国の発明マニアみたいな人が、誰か考案してないだろうか。
してないか。。。

ちなみに今回のきいちゃんの傷は、恐れてたよりはましで、
でもこれから見積もりなんですごく不安です。うう。

そうなんです、タタはかなり復活し、こうして友だちと遠出
なんてするようになりました。
人生やっぱり、プラスマイナスなのかな~。

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 15:28
こんにちは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 14:45
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:20
こんばんは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 20:54
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:06

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ