ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

見えない雲

福島の原発事故を知ったときから、ずっと一冊の本が気になっていた。
その本は、遠いところではなく、私の本棚の中にあった。
でもすぐに手に取る気にはなれなかった。

d0153627_22591520.jpgチェルノブイリの事故のあと、ドイツでベストセラーになった小説。邦訳されて、日本でも話題になったのか、どうか。そんな記憶も定かでないほど、昔の話だ。
開いてみると、ページはすっかり茶色くなっている。奥付を見ると、「昭和六十二年十二月発行」と書いてある。昭和六十二年っていつだ? 刊行物に元号しか表記がない、そんな時代の本なのだ。
チェルノブイリ原発事故が1986年、今から25年前。昭和六十二年はその翌年、1987年だ。
この本を、当時私は買ってすぐ、一気に読んだ。それから24年間、何度引越しをしたのか忘れたくらい転々とするなかで、ずっとなくさず、身近な本棚にその都度置いてきたことになる。そしてその間に、一度は読み返した記憶がある。
数年前には、たぶんチェルノブイリから20年ということで、この小説はドイツで映画化され、日本でも上映された。そのときに題名も『見えない雲』から『みえない雲』と表記が変わり、改訂版が出たらしい。

ごく最近になって、やっとこの本を再び手に取る気持ちになった。
再び、といっても、過去とはまったく違う気持ちで。まさか、日本でこんな原発事故が起き、そのただなかでこの本を開く日が来るとは思っていなかった。
つまり、私は甘かったのだ。

主人公は、ドイツの地方都市に暮らす14歳の少女ヤンナ-ベルタ。そして時代は、チェルノブイリの事故から7、8年後。つまり、この小説が書かれたときより、未来の話だ。
チェルノブイリの大事故でも原発を停止することなく運転してきたドイツで、もっと大きな事故が起きる、という設定である。
今、この小説の中の時よりもずっと先まで来て振り返ると、実際の歴史ではドイツでこのような事故は起きなかった。ドイツは脱原発に向かっていった。
事故はドイツではなく、地震の多発する狭い国土に52基もの原発を作り、さらに増やそうとしていたアジアの国で起きた。つい3ヶ月前に。

今、福島で起きていることと、ヤンナ-ベルタの周囲で起きていくことは、もちろん違いはさまざまにあるけれど、時にどきりとするほど重なっている。たとえば、高濃度の汚染地と、その外側との温度差。発生する差別。妊婦や赤ちゃんを持つ人の不安。
実際、ついこの前、福島に行ってきた人たちからこんなことを聞いた。「妊婦さんが産むのが怖いと言っていた」「もう子どもを持つのはやめます、と言っている若い女性に会った」「事情があって避難できない妊婦さんが泣く泣く中絶した」…。
小説の中でも、ヤンナ-ベルタの叔母は待望の初めての子を堕胎する。24年前にこれを読んだときも、その後再読したときも、こんなことが現実に起きるとは考えもしなかった。考えもしなかった自分が悔しい。24年もずっとこの本を持ち続けてきた意味はどこにあったのかと思う。

ヤンナ-ベルタの周囲にはさまざまな大人が登場する。反原発運動を続けてきた両親と母方の祖母。対照的に、政治に無関心で保守的で、息子夫婦の運動を軽蔑してきた父方の祖母。保身のために弱いものを平気で犠牲にする大人もいれば、身を挺して子どもを守り、社会を変えようとし続ける大人も出てくる。
まだ14歳のヤンナ-ベルタに次々と降りかかる状況はあまりに過酷で、読み進むのがつらい。それでも希望が見えるのは、彼女が自分の意志をしっかりと持っていてそれを曲げないこと。偽りをごまかさない眼を持っていることだ。

作者のグードルン・パウゼヴァングさんは1928年生まれ。少女時代はナチスの青少年組織で活躍し、熱烈にヒットラーを信奉していたそうだ。戦後は教師になり、小学校で教えるかたわら小説を発表してきた。もう83歳になるわけだが、今回の福島の事故について考えたことを、ドイツの新聞に寄稿していたと読んだ。

今は、私の持っている版はもう古本でしか手に入らないが、小学館文庫の新装版が出ている。映画化された『みえない雲』もDVD化されてレンタルにも出ていると思う。こちらはだいぶ原作とは設定やストーリーが変わっているようだけれど、観てみようと思っている。
小説を未読の人は、ぜひ読んでみてほしい。私たちが経験していること、これから経験しなければいけないことについて、深く考えるきっかけを与えてくれると思う。
[PR]
by higurashizoshi | 2011-06-18 23:06 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(0)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 15:28
こんにちは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 14:45
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:20
こんばんは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 20:54
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:06

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ