ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ペルシャ猫を誰も知らない

2009年公開 イラン
監督 バフマン・ゴバティ
脚本 バフマン・ゴバティ ロクサナ・サベリ ホセイン・アブケナール
出演 ネガル・シャガギ アシュカン・クーシャンネジャード ハメッド・ベーダード

d0153627_21161873.jpg


しばらく前からなぜかイランの映画を続けて観て、イランの料理(ペルシャ料理)を食べに行って。
そして公開当時、新聞記事などで興味を持っていたが観られなかったこの映画を数日前、ツタヤで発見。
ああそうだ、これもイランの映画だったんだ!
最近の、イランとの不思議な遭遇。

「ペルシャ猫を誰も知らない」という印象的なこのタイトル(原題も同じ)の意味はまったくわからないまま、ただイランでは禁止されているロックなど欧米の音楽を、アンダーグラウンドで奏でる若者たちの話だということだけは知っていた。
借りて帰って、観て、何重にも衝撃を受けた。鮮烈だった。

まず、音楽だ。
ここに次々と登場するミュージシャンたちの楽曲のみずみずしさ、多彩なバリエーション!
西欧寄りなロックンロールからヘビメタ、伝統的な中東の旋律とリズム&ブルースなどをミクスチャーしたバンド、ピュアなフォークロック、イラン社会を告発する骨太なラップなどなど、いったいあの禁欲的な国のどこにこんな音楽が? と、ただただ驚きの連続だ。
登場するバンドやミュージシャンにはテクニックの格差がかなりあるものの、その多くは非常に技術が高いだけでなく、ふだん私たちが耳馴れている既存の音とはちがう豊かなオリジナリティにあふれている。

d0153627_21452466.jpg

物語は、アシュカンとネガルという若いミュージシャンのカップルが、イランを脱出して外国で音楽活動をするしか道はないと心に決め、国内で最後のライブを敢行しようと動き出すところから始まる。
アシュカンとネガルは、ちょっといかがわしいが気のいい男ナデルを仲介役に、ライブに協力してくれそうなミュージシャンを求めて多くの場所に出かけていく、その道行きがそのままイランの実在のトップミュージシャンたちの紹介になっていくという仕掛けだ。

状況的には、たとえばソ連時代、ペレストロイカ以前のロックバンドが弾圧を受け、文字通り地下にもぐって活動を続けていたのと似ている。
キリスト教的価値観に加え、厳格なイスラム社会では公序良俗に反する思想が盛り込まれた欧米の音楽は、イランでは演奏することも抑圧され、コンサートを開くことも許されず、もちろんCDなどの発売も許可されない。
ミュージシャンたちは演奏場所を求めてさまよい、当局の規制の枠に触れれば逮捕される危険と隣りあわせで音楽活動を続けている。
だからこそきっと、彼らの渇望は激しく、イランで新しい音楽を作ろうという、いわば命がけの決意にみちているのだろう。
それがまさに「命がけ」の行為であることは、わくわくするようなイランミュージックシーンが繰り広げられる中にときおり差し込まれる、唐突に不穏な場面から示される。

たとえばアシュカンとネガルが、愛犬を連れて車に乗っている何気ないシーン。
(ここで女性のネガルの方がハンドルを握っているのがまず目を引く。地味ながらおしゃれなネガルは、イラン女性が頭に巻くスカーフもぐっと大きく後ろにずらして、髪をはっきり見せている。)
おそらく、音楽活動はおろか、未婚の男女がこうやってずっと二人きりであちこちに出かけたり密室で過ごしたりすることも、イランではモラル違反なのだろう。そんなことを思いながら見ていたら、車は突然警官に止められる。
なんと、ペットを外に連れて出るのは法律違反なのだそうだ。不潔だから、と警官は言う。
そしてネガルの悲痛な叫びとともに、信じられないことが起きる。
ここで私たちは、彼らがどんな現実を生きているのかをつきつけられるのだ。
d0153627_2144945.jpg

ミュージシャンたちの親しげで温かい交友と、時には牛小屋で(このシーンは傑作!)練習したり停電に苦しめられたりと苦労を重ねながらも活動を続ける彼らの情熱に心をゆさぶられながら、時に映し出されるテヘランの街の殺伐とした裏通りに胸を衝かれる。
偽造パスポートを手に入れるためには、法外な金を作らなければならない。それが可能な者だけが自由を手に入れられる。祖国を捨てるという代償と引き換えに。

わずか17日間で、しかも完全なゲリラ撮影(当局に無許可でカメラを回し続けた)で撮られたというこの映画は、粗削りだけれどその分とてもみずみずしく、心をとらえられる。
まるでその場に自分もいて、絨毯の上で膝をかかえて彼らの歌を聴き、迷路のような建物の奥へ奥へといくつもの出会いを求めて進んでいくようだ。
だから、時折の予兆が急激な暗転へとつながるラストを前に私たちは立ちつくしてしまう。音楽だけはいつまでも流れ続ける。

監督のバフマン・ゴバディはクルド人で、これまではイラン国内のクルド人を取り巻く現実を作品にしてきた人だそうだ。
彼自身が前作をイラン国内で上映する許可が下りず、おまけに次回作もつぶされてしまったため、失意の中で趣味の音楽活動をしていてアンダーグラウンドで知り合ったのが、主演の二人だったという。
この映画も、当然イラン国内で上映されることはない。そのことをわかった上でゴバディ監督はこの作品を撮った。映画というひとつの作品として世に出たことで、たとえイランでは正式に上映されなくても、いまやインターネットという手段がある。海賊版DVDも出回っているとか。ここに出演したミュージシャンは一躍有名になったが、そのほとんどは出演後、国外に出て活動しているという。

「ペルシャ猫」はイランの現実そのもの。「誰も知らない」その現実の一端を知ることができたのは、勇気をもって世に出した監督はじめスタッフのおかげだ。どうかたくさんの人に観てほしいと思う。まずはともかく、このすばらしい音楽たちに触れてほしい。
(私は特に、猫をたくさん飼っている地下室のミュージシャン、Hamaed Seyed Javadiの歌に魂をやられた。聴いたことのない世界!)
[PR]
by higurashizoshi | 2012-10-01 21:52 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(2)
Commented by hinata at 2012-10-04 22:09 x
お久しぶりです。ブログ読んでいたのに、pc時間が息子とかぶったり暑かったりでなかなかコメント入れられませんでした。
higurashizoshiさんとは、やっぱり映画趣味あいますね。
うれしい(^u^)
私もこれチェックしてました。
DVDも出ていたのですね、記事読んだら見たくなりました。音楽も気になりますね。
それから、アジョシ。ウォンビンやっぱりかっこよかったんだ~
映画館に行って見たかった。家で見るにはあと2年ぐらい先かな~?(娘も見ると思うので…)
ウォンビン初見は、ドラマだったのですが、甘いマスクで人気があるだけなんじゃないの?なんて思ってたら、違いますね。
声もいいし、いやいやかっこいい。それに、かっこいいだけじゃないいろんな役を演じられそうな俳優さんですよね。
ウォンビンが出るというと、ちょっと見たくなります。
それから、ネコちゃんたちかわいいですね~扇風機に頭くっつけるのが好きなんて(*^_^*)
麦ちゃんは虎豆の耳の匂いが好きなようで、時々すごい勢いでなめてます。
Commented by higurashizoshi at 2012-10-07 01:14
hinataさん
そうですか~この映画、hinataさんもチェック入ってたんですね~
とにかくいいです!ぜひ観てください。
私、サントラCDも即買いして毎日のように聴いてます。

韓国映画、バイオレンスものは子どもと観るのはむずかしいですよね。
私も「アジョシ」はひとりで観ましたよ。面白い?って娘たちに聞かれたけど、「もっと大人になってから観る映画!」と言い渡しました。
ウォンビン、いい役者さんでした~。まず次は「母なる証明」観ないとね。順序逆だけど。

虎豆ちゃんの耳をすごい勢いでなめる麦ちゃん、見たい!

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 15:28
こんにちは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 14:45
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:20
こんばんは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 20:54
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:06

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ