ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

スケートアメリカ、明暗

すべての角度から大観衆に見下ろされるリンク。
そこで、たったひとり、またはたった一組で戦う―― 
それがフィギュアスケートというスポーツ。

成功すれば、リンクを囲む観衆から、地鳴りのような称賛を一身に浴びることができる。
と同時に、失敗に終わるときも、数千人が凝視するただなかで、ひとつのプログラムが終わるまで逃げることは許されない。
ぶざまに転倒しても、ボロボロになっても、選手は音楽の最後の一音が鳴り終わるまで、滑り切らなければならない。

氷の上で思い切りこけるのは、ときに痛々しいほど格好悪い。
軽やかに滑っているときの優雅さと、対極をなす非情さで、失敗の瞬間はいつも選手のすぐ先にある。

たぶん私がこんなにフィギュアスケートに魅かれるのは、このうえなく美しく優雅な姿の裏側に、いつもこの非情さが張りついているからなのだ。

グランプリシリーズ・スケートアメリカ男子フリー。
前日のショートプログラムで完璧な演技で世界歴代記録を塗りかえた羽生結弦選手が、この日は呆然とした表情で滑り終えたとき、私はそんなことを考えていた。

d0153627_16364518.jpg


フリーの羽生選手は、ショートと同じ選手とは思えないほどの総崩れだった。
冒頭に2つ続けて持ってきた4回転トゥループ、4回転サルコウの両方で転倒。
自信を持っていた4回転のどちらも完全に失敗したことで完全に歯車が狂い、もともとの課題のスタミナ不足が、一番よくない形で露呈してしまった。
後半にはふらふらになっていることが明らかで、3回転フリップも転倒。最後のステップは、ひたすら気力で滑り続けているだけ、いつ倒れてもおかしくないような状態に見えた。

前日の自信に満ちたパーフェクトな出来と、まさに天国と地獄。
衆人環視の中で、ここまでぶざまな姿をさらし続けて最後まで滑り切るのは、いくら子どものころから様々な試合をこなしてきた選手とはいえ、恥ずかしくつらいことだろう。
何より、勝気な羽生選手としては、自分に腹が立ち、くやしくてたまらないだろう。
まして大きな国際試合。今まさに上り調子で、世界中の注目を浴びているさなかでもある。

でも、これでいいんだと思った。これでこそ、フィギュアスケート選手として本当の高みへ向かっていくということなのだ。
もともとぜんそくの持病があり、昨シーズンの世界選手権で右足を痛めて治癒途中でもある羽生選手。今シーズンは初めての外国での生活、スケート環境もすべて変わって、それで今回のショートプログラムの出来みたいにトントン拍子にことが進んでいったとしたら、逆におそろしい。
だって普通ならまだ、ジュニアで戦っている年齢の選手なのだ。身体だってまだまだ大人として出来上がる前だし、課題は山ほどある。ただあまりに早く結果を出して注目されすぎてしまっているだけ。それを自分でどう受けとめて、謙虚にねばり強く成長していけるかはこれからだ。

羽生選手のまさかの崩れで、堅実にフリーも4回転を降り、しっかりと滑り切った小塚選手が逆転優勝した。
小塚選手は今季かなり上に行きそうな予感がする。何より落ち着いて自分を見つめているところが、これまでと違う。あと少しのアピール力があれば…といつも思うのだけど、この真面目で端正な路線を守り続けるところも個性なのかも。

そしてもうひとり、まさかの崩れをみせたのがショート3位だったアボット選手。ジャンプのミスが続きすぎ、顔面蒼白でリンクを降りた。
今季フリーのプログラムは、これまでにも増して情感あふれる、本当にすてきなプロなので今回は残念だったなあ…。メンタルの弱さだけがずっと課題のアボット選手、今シーズンはクリーンな演技が見たいと思う。

アボット選手のかわりに銅メダルをかち取ったのが、ショート4位だった町田選手。
まっちーはフリーだけなら2位というすばらしい結果。大学も休学してアメリカに渡って、すべてをスケートにかけた努力が今シーズンは一気に実り始めた感じ。今季は《化ける》まっちーに注目するべし!

というわけで、スケートアメリカ男子の表彰台はこういうことに。国内大会みたいな図。大ちゃんも織田くんもいないのに。
しかしまあ、あの大失敗のあとでこの天使のような笑顔。ゆづるくん、これでまたファンを増やすのですな。

d0153627_16433160.jpg


相変わらずカップル競技の放映は、ありえない彼方に追いやられ…
このスケートアメリカのペアとアイスダンスも、11月に入ってからやっとBSのみで放映。この格差、なんとかしてもらえないだろうか。結局そこまで待ちきれずにリザルトを見てしまうし、youtubeのちっこい画面で動画を観る… いや待て… でも… と、アイスダンスファンとしてはストレスのたまることたまること。


と、気を取り直して女子の結果。
1位は、圧倒的強さだったアシュリー・ワグナー選手。
ここぞというときにミスが出ていた過去はもう捨てた!とばかりに、コーチ変更(ミシェル・クワンを育てたニックスコーチ)以来、昨シーズンから目をみはる躍進ぶり。
「強い」プログラムがこんなに似合う選手だったとは。ジャンプだけでなく、演技すべてに自信が満ちあふれております。今季もガンガン行くで!という感じ。
d0153627_16495796.jpg

今回は日本から唯一出場した今井遥選手は、フリーで健闘して5位。
今井選手もアメリカに渡り、佐藤有香さんのもとでがんばっているので、これからどんどん伸びてきてほしいなあ。
d0153627_1651662.jpg

女子の表彰台。
2位に入ったクリスティーナ・ガオ選手は18歳。オーサーコーチから離れ母国に戻ってからも、とてもいい感じに成長しているようだ。今回はショート、フリーともノーミスの快挙!
3位は、ロシアの天才少女アデリナ・ソトニコワ選手。シニアに上がってからちょっと苦戦している彼女。でもまだ16歳なんだよね…。豪快ジャンプとミラクルスピン、これからどんな大人の選手になるんだろう。
ロシア女子はアデリナの後ろにも続々と天才少女がいるのであります。おそろしいほどです。
d0153627_16535116.jpg


しかし私、このあとグランプリシリーズが毎週あるっていうのに、こんな調子で追いかけて書けるのであろうか。
来月に入るとまたがぜん忙しくなるので、なんとかかんとか時間を作ってがんばりましょう。
[PR]
by higurashizoshi | 2012-10-24 16:55 | フィギュアスケート | Comments(0)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:06
こんにちは。 今回の4..
by Disney 鴨 at 14:58
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:40
こんにちは。 アメリカ..
by Disney 鴨 at 15:39
Desney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:06
こんばんは。 今回は、..
by Disney 鴨 at 19:43
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:16
こんばんは。 今回の全..
by Disney 鴨 at 20:15
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 10:31
あけましておめでとうござ..
by Disney 鴨 at 21:35
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧