ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

クリスマス、去りゆく背中

昨夜、全日本選手権の上位選手によるエキシビション「メダリスト・オン・アイス」がおこなわれた。
長い長い4日間もこれで終わり。


右足のけがにもかかわらずエキシビションにも出て、きっちりとジャンプも跳びにいった高橋大輔選手。
見ているこっちはジャンプのたびに心の中で悲鳴をあげてたけど、これがこの人なんだよなあ…
アンコールの「eye」のキレッキレの演技にも彼の決意を感じた。
大ちゃん、小塚くんをはじめほかの選手の分まで、けがを治してソチで本当の集大成を見せてくれるよね。信じてます。
d0153627_1736273.png


今回は不本意な3位に終わったものの、高度な技術とかろやかなニュアンスが融和した演技を見せてくれた浅田真央選手、震災への思いがつまった「花になれ」で情感ゆたかに舞った羽生結弦選手など、見ごたえのあるエキシビションプロがいっぱいだった。
ただ、楽しみにしていた町田樹選手の「白夜行」が、機材関係のトラブルで観られなかったのは本当に残念だった…。

そして初めてのトリをつとめた鈴木明子選手の、圧巻の「love dance」。
キレてるほうのあっこちゃん全開の、マグマのような熱と優雅さがあわさったすばらしい演技にまた涙。
28歳にして初の全日本女王! ショート、フリー、エキシと、唯一無二の鈴木明子の世界を堪能させてもらいました。
d0153627_17381382.png



たくさんの華やかな演技を観ながら、ここでもう一度その姿を見たかった…と安藤美姫選手のことを思っていた。
フリー終了後すぐに、現役引退を明らかにした彼女。
キスクラで、流れる涙を何度も何度もぬぐいながら、精一杯の笑顔を見せていた姿が忘れられない。
d0153627_17384348.png

次はきっと、アイスショーですばらしい演技を。
そしていずれは、有能で個性的なコーチとして活躍することを確信して。
d0153627_1739142.png



もうひとり、去っていく人がいた。
エキシビション終了後、放映時間があとわずかというときに、突然織田信成選手がリンクに登場した。マイクを手に、泣きながら。
「え?まさか…」と思うそばから、こちらも涙。
d0153627_17431318.png

「ボクごとながら今日で…」という言い出しに思わず泣き笑いしながら、ああ行ってしまうんだ今日ここで、とわかった。
あとで読んだ記事では、ソチにも世界選手権にも選ばれなければ即、引退しようと決めていたそうだ。

織田くんといえば笑顔、号泣、笑顔、号泣…。
勝っては泣き、失敗しては泣き、でもふだんは最高の笑顔を装備していて。
d0153627_1743486.jpg
信じられない膝のやわらかさで、高いジャンプのあと音もなく着氷するさまは、織田信長の末裔というより忍者の子孫みたいだった。
バンクーバー五輪での靴ひも事件をはじめ、たくさんの不運に見舞われ、ジャンプの飛び過ぎミスなど数々の逸話を作りながら、涙の淵からいつも笑顔で生還してきた彼。
神戸のチャリティーで生の演技を観たとき、滑りとジャンプのトータルな美しさに心から感動し、そのあとの募金のときに言葉をかわして、「こんないい人がこの世にいるんか!」とまた感動したなあ。

今回あっこちゃんの優勝が決まったあと、祝福に来た織田くんのほうが号泣してしまって、あっこちゃんが泣き笑いしながら「あたしより泣いてる!」ってティッシュを箱ごと渡してた。

これです
d0153627_17441919.jpg

「ノブの我先に泣いてしまう優しい気持ちが大好きでした」
と、あっこちゃんは引退のこのリンクではなむけの言葉を言ったそうだ(テレビでは放映がいきなり終わって切られてしまったけど…残念)。
満員の観客と、トップスケーターの仲間たちに見送られて引退した織田くん。
たくさんの人に愛され心配され、そしてたくさんの人を愛し思いやってきた彼らしいなと思った。

長年のライバルとして、関西大の仲間としてずっと走り続けてきた大ちゃんとのハグ。
d0153627_17444489.jpg


かつては、こんな二人でした。
まぶしいくらいの若さと屈託のない笑顔。8年前の写真。
d0153627_1745199.png

現役最後の「ラストサムライ」は、魂のこもったパーフェクト演技。本当に本当にかっこよかったよ!織田くん。
彼も今後はコーチを目指しているそう。
きっと教え子よりキスクラで泣き崩れて、ティッシュ箱ごと渡してもらうんだろうな…



こうして、美姫さんが去り、織田くんが去り。
ソチが終わり今シーズンが終われば、たぶん大ちゃんも、あっこちゃんも、真央さんも競技からいなくなる。
この全日本のすさまじい戦いは長く記憶されるだろうし、その後の潮が引いたようなさびしさ、フィギュアスケート人気のかげりも今から予想できてちょっと怖くなる。
いや、ソチで結弦くんがメダルを獲ったら違ってくるかな?
待って!メダルは大ちゃんに獲らせなきゃ! 
そうか、二人とも獲ればいいんだ!
などとひとりで妄想している私。

次回からやっとこさ、全日本の全体を振り返ってみたいと思います。




おまけ。
メリークリスマス!
d0153627_1747424.png

d0153627_17463990.png

[PR]
by higurashizoshi | 2013-12-25 17:52 | フィギュアスケート | Comments(0)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 15:28
こんにちは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 14:45
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:20
こんばんは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 20:54
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:06

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ