ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

世界選手権2014 エキシビション

世界選手権のエキシビション、地上波はいつもながら放映してくれる選手の数が本当に少なくて… 特にカップル競技はペアもアイスダンスも金メダル組のみ。さびしいなあ。再来週にCSで放映される全演技を待つとします。
今日は、地上波で観られた中からいくつかピックアップして。



世界選手権2014 エキシビション

鈴木明子選手。
d0153627_16145597.png

現役最後のエキシビション、今季の「Love Dance」の渾身の演技を期待してたのですが、あっこちゃんは昨々シーズンのエキシプロだった「ラベンダーの咲く庭で」を選びました。
深いエッジワークに彩られた、たおやかで優しい演技。ラベンダー色のこの衣装もなつかしいです。
演技を終えたときのこの笑顔が、あっこちゃんの選手としての人生の充実の最後を何よりも表していました。

今月には初めての著書も発売。このあとすぐにショーへの出演もいくつも決まっています。今度はプロスケーターとして。
あっこちゃん、このエキシを終えた直後、日本スケート連盟に引退届を提出したそうです。彼女らしい、きっぱりした終わり方。これからの新しいスケート人生に向けて、きっと着実に歩んでいってくれると思います。







町田樹選手。
d0153627_16151583.png

名作の呼び声高かった「白夜行」はすでに封印、「Don’t Stop Me Now」をまたやるのかな?と思っていたら… 「ロシュフォールの恋人たち」でした。
このプロ、昨シーズンにまっちーが競技で大ブレイクする前から、ショーで観たフィギュアファンの間で「まっちーのロシュがすごい」と評判になっていて、私もあとでテレビで初めて観たとき、おお?まっちーってこんなよかったっけ?と覚醒したプロでもあります。
しかも、今回ひさびさに観て、あきらかに昨シーズンよりもスケーティングのスケールも表現力も格段に上がっていることがよくわかりました。
まっちーは背筋がとても美しいのですが、以前は身体の使い方がやや硬くてその良さが生かし切れてなかった気がします。今はその美しい背筋がすべての動きを支えて、全身が表現のために自在に使われるようになってきました。

すでに威厳すら感じさせるようになってきたまっちーの演技。昨々シーズンに一度生で観てるのですが、そのときに比べると、演技だけじゃなく顔つき、選手としてのオーラがまったく変わってきたなあと思います。
ジャンプも盤石になっているし、メンタルもこれだけ強くなったとあれば… あとは故障さえなければ、さらなるグレードアップに期待大。来季もフィリップ・ミルズ振り付けのプログラムになることが決まってるそうなので、すごく楽しみです。







トマシュ・ベルネル選手。
d0153627_16153499.png

最後の最後のエキシにこれ持ってきたか!
アフロかつらにメガネに「日本」はちまき。
引退へ、ファンの涙も吹っ飛ぶ金パンツ。
ふだんのさわやか美男から想像もつかない赤面プロで、感傷をぶっちぎってくれました。

ひさびさ最高の出来だったショートと、あまりに通常運転の抜け演技になったフリー、そしてこのエキシ。
トマシュの多面性をすべて表してみました、というような最後のワールドでした。
今後もショーで滑ってくれるのかな? また来日して、あのうっとり美しいスケーティングを見せてもらえたらうれしいです。金パンツをまた見たいかどうかは、なんともいえん!







ハビエル・フェルナンデス選手。
d0153627_16155065.png

トマシュに続きイロモノ組、ということでハビー。
これでこの爆笑エキシプロも見納めですかね。
いやはや何人の選手に水かけてもらってきたんだろ。どうもこの前にはエラジ・バルデくんとともに結弦くんも友情出演(?)してたらしいんだけど、ハビーのこの演技はテレビ放映ではカットされちゃったので詳細は不明。

この「エアロビッククラス」というプロ、実は振り付けがカート・ブラウニングなんですね。お笑い部分に目がいくけれど、すごくいろんな要素が盛り込まれていて相当難しい内容だと思う。
このプロをエキシで2シーズン演じてきたおかげで、かなりの注目を集め、新たなファンも獲得したであろうハビー。競技の場ではひょうひょうとしてて、勝負に執着してないようにも見える彼ですが、さてこれからどんな選手になっていくのかな。いずれにしても、来季のエキシへの期待値が高すぎて、そこもどうするんだろうと気になる。







浅田真央選手。
d0153627_1616993.png

彼女にとって、怒涛の怒涛の競技シーズンが終わりました。
ソチよりもさらに、つややかに朗らかに滑った「スマイル」でした。
今季のこのエキシプロ、私としてはこれまでの彼女のエキシの中で一番よかったのではと思います。とはいえ、私が真央さんに選手として強く注目したのはこの2シーズンくらいなので、昔からのファンにとってはもっと彼女らしいプロがあるのかも。

浅田真央という選手がここまで凄みのあるスケーターになるとは、私、正直思ってなかったです。
才能、容姿、人気、すべが特別で、ここまで抜きん出た選手は二度と出ないだろうとは感じていたけど、スケートとしてそれほど魅力を感じたことはなかったので。
それがこの2シーズンくらい、技術の見直しが形としてあらわれてくる過程で、彼女の自分に対する厳しさ、妥協のなさに感動をおぼえるようになって。そして前にも書いたように《職人》としての真央さんの容赦ない凄みと、その成果のあらわれである演技に「やられた!」と叫んだのが今シーズンでした。

すでに自分が中心になるショーも持っているし、引退してプロスケーターになっても華やかな活躍は変わらないだろうけれど、せっかく覚醒した勝負師の眼をした真央さんを見られるようになったのに惜しいな…と思う気持ちはぬぐえません。完成一歩手前の8トリプル、ついに成功をみたアクセルはじめ、ジャンプもまだまだこれから極めていけると思えてしまうし。
日本のスケート界にとって浅田真央という選手の去就はあまりに大きなことであるがゆえに、かなり決断は難しいだろうけれど、とはいえ彼女の人生は彼女の人生。いずれ出る答を待つしかないと思います。







羽生結弦選手。
d0153627_16163155.png

オープニングでちらっと衣装を見た瞬間、おおっ!
ここで旧ロミジュリを持ってくるとは。
彼にとって、ひとつの物語の完結がここにあるわけですね。
エキシとは思えない、まったくの本気モードでの演技。さすがは走り続ける男・羽生。

昨々シーズン、震災の年にフリーで滑り続けた「ロミオとジュリエット」。レオナルド・ディカプリオ主演の映画の方のサントラですが、今季のニーノ・ロータ版よりも彼の個性にはやっぱりこちらが合ってるなあと改めて思う。
そして元のコーチである阿部奈々美さんの振り付けは、やっぱり結弦くんの長所と弱点の両方を知り尽くして作られているなあ、と。
か細い少年っぽさが前面に出ていた当時から比べて、わずかな間にずいぶん大人になったとも感じたし、今後青年として成長していく彼にはどんなプログラム・振り付けが似合うんだろうと考えると、なかなか難しいなとも感じた。
とはいえ、自覚的にものごとを取り込み、決断していく力は並外れて持っている結弦くんなので、きっと貪欲に進んでいくことでしょう。
願わくば来季以降、これまでに組んだことのない振り付け師と出会い、新しい表現を開拓してほしい。さらなる4回転の開拓より、私としてはそっちを切望!





さて、世界選手権も終わりましたね… って、何か忘れてない?
そうです、アイスダンスについてカケラも書いてないんですよ。私の愛するアイスダンスについて。
ものすごい激闘だったってことは聞いてるんだけど、なにせライブストリーミングも観られず、関西でテレビ放映もなく、悲しいことにまったく未見のままなので。
これはもう、めっちゃ時期を逸しててもいいから、来週のCSでの放映を観てから書くことにしました。とにかく早く観たいです。


明日、4月2日は「東日本大震災チャリティー演技会2014 ~復興の街・神戸から」。通称・神戸チャリティーです。ポートアイランドのリンクに、また今年も行ってきます!

神戸チャリティー、震災の年から数えてもう4回目です。大ちゃんは演技しないけどあいさつで出演します。今から緊張してます。私が緊張してもしゃーないですが。
で、出演者にまっちーがインしないかな~と思って昨日確認してみたら、まっちーはインしてなかったけど、まさかの真央さんがイン。これには驚いた。このめっちゃローカルなチャリティーに、いきなり真央さん。うれしいけど、この事態を予測してなかった真央ファンに申しわけないような…
その3日後の4月5日の「世界フィギュア選手権 大阪エキシビション」にも行くのですが、こっちにはなぜか真央さん出ないんですねえ。うーん。期待してチケット取ったファンも多かったろうに…

この大阪エキシの顔ぶれは予想以上に豪華で、パトリック・チャン選手も来るしソチの金メダリスト・ソトニコワ選手も、《ほほえみ教》教祖・コストナー選手も。日本の選手は結弦くんやあっこちゃんはじめ、真央さんと大ちゃん以外のトップ選手、引退した織田くんも出るといううれしさ。
…という怒涛の予定なので、この大阪エキシが終わったら本当に、ついに今季の燃え尽き症候群。もぬけの殻状態になりそうです。
[PR]
by higurashizoshi | 2014-04-01 16:20 | フィギュアスケート | Comments(0)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

初めまして。マリンメッセ..
by なみ at 17:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 23:49
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:03
bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 14:59
いやー、楽しかったです南..
by bikegogoy at 22:38
伝わってきます。なんてい..
by まにまに at 10:40
まにまにさん 読んでく..
by higurashizoshi at 22:45
先輩、すごい旅をしたんだね。
by まにまに at 18:27
おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ

画像一覧