ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

別れ

9月11日、家族として10年間ともに暮らし、たくさんの幸せをわが家にくれたきみは、永遠に去った。
路上にいた小さなきみを、どきどきしながら家に連れ帰った日。
家じゅう爪とぎで傷だらけ、カーテンはずたずた。
それでもきみはかわいくて、かわいくて、かわいかった。
あまえんぼうで、食いしんぼうで、ひたすらに気のいい性格。
弟分が突然家族に加わったときも、嫌な顔ひとつせず、
おおらかにうけいれてすぐ仲良しになった。
この家にたくさんの嵐が吹きあれた日々も、
涙した夜も、笑いころげたときも、きみはそばでのんびりしてた。
そろそろおじさんになってきたね、なんて言われながら、
ふくふくの体を横たえてあいかわらずのんびりしてた。
誰もきみとの別れが迫っているなんて思いもしなかった。

あんなに食いしんぼうだったきみが何も食べられなくなり、
小さな胸に水がたまり息が苦しくなって、
一度はだいじょうぶと思ったのに、また苦しくなって、
坂道をころがりおちるように、たった2か月。
戦い抜いて最後の息を吐いて、きみは動かなくなった。
やせおとろえて小さくなったきみの体。
だけどやっぱり、きみはかわいくて、かわいくて、かわいかった。

もっと生きられたはず。
せめてあと少し生きのびられたはず。
悔いと悲しみでちぎれそうになりながら、9月13日、きみの体と別れた。
きみの体は10年を過ごした家を出て、ひとかたまりの骨になって帰ってきた。

ちゃー、きみのいなくなった家で、
残されたくーは、何だかあまえんぼうになったよ。
きみのいなくなった家は、がらんとしていて、しずかだよ。
ありがとう、ごめんね、忘れないよ、
そんなことばを何度も言ったけど、言うはしから消えてしまう。
きみが消えてしまったのと同じように。

d0153627_22334253.png



もう二度とない、ささやかなあたりまえの時間。
ちゃー、きみといて、私たちはとっても幸せだったよ。幸せだった。
d0153627_22393179.png



***
[PR]
by higurashizoshi | 2016-09-22 22:49 | 雑感 | Comments(6)
Commented by ak at 2016-09-23 07:14 x
そうだったんですか…


暖かくして
なるべく食べて

どうかお気をつけて
Commented by Disney 鴨 at 2016-09-24 11:48 x
こんにちは。
ひぐらし草子さんの記事が、全く、更新されないので、気になっていましたが、ちゃー君の具合が、悪くなって行っていたのですね…。それでも、前回の記事で、ちゃー君が、良くなったり、悪くなったり、ということが、書かれていたので、また、良くなると思っていましたので、今回の記事で、ちゃー君が、虹の橋を渡られたということを知って、少なからず、ショックを受けています。
今は、クー君を含む、ひぐらし草子さんのご家族は、まだ、お辛いと思いますが、早く、精神的に、元気を取り戻すことが出来ますように。恐らく、今頃、ちゃー君は、虹の橋の向こうで、一足先に、虹の橋を渡られた、先輩猫ちゃんと、1日中、一緒になって、走ったり、遊んだりしておられると思います。
Commented by higurashizoshi at 2016-09-29 07:49
akさん
お返事がとっても遅くなってしまい、すみません。
コメントしづらい文に、温かいコメントくださってありがとうございました。
ゆっくり元気を回復していきますね。
Commented by higurashizoshi at 2016-09-29 07:58
Disney 鴨さん
ご心配かけてしまいましたね。お返事も遅くなって、すみませんでした。心のこもったコメントいただいて、うれしかったです。
いったんはよくなったと思ったのですが、ほんとうにあっという間に状態が悪くなり、いまだに気持ちがついていってない感じです。きっと時間をかけて、少しずつ現実をうけいれていくんだろうなと思います。
虹の橋のむこうの光景、想像すると心がなごみますね。そんなふうに言っていただいて、ほんとにありがとうございます。
Commented by hinata at 2016-09-30 23:56 x
そうだったんですね。
もしかして、とは思ってたのですが。
いつかは…と、一緒に暮らすようになってから覚悟はしていても、
その存在が、手の届くところからいなくなってしまうというのはつらいですね。
でも、ちゃーちゃん、痛いのとおさらばして、飛び回ってるかもね。
makkinさんもお体気を付けてね。
Commented by higurashizoshi at 2016-10-03 12:18
hinataさん
ありがとうございます。
年齢からいって、せめてあと7、8年は…と想いこんでいたので、あまりにあっという間の展開で…。人間よりはるかに命が短いとわかっていても、家族として暮らしていくなかで《一緒があたりまえ》になってしまうんですよね。ぽっかりとあいた穴が家の中にも心の中にもある感じです。
hinataさんも、どうか麦&虎ちゃんとの毎日を楽しく大切に過ごしてくださいね。

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 23:49
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:03
bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 14:59
いやー、楽しかったです南..
by bikegogoy at 22:38
伝わってきます。なんてい..
by まにまに at 10:40
まにまにさん 読んでく..
by higurashizoshi at 22:45
先輩、すごい旅をしたんだね。
by まにまに at 18:27
おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ

画像一覧