ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

グランプリシリーズ2016 第4戦・フランス杯

週末が近づくと、やっとこさ前の週末のグランプリシリーズについて書く、というスローペースが続いております。スローペースといえば、フランス大会の名称が「エリック・ボンパール杯」じゃなくなってたこと、のんきにもまったく知りませなんだ…。あの素敵に統一されたブルーのリンクサイドは過去のものに。残念です。エリック・ボンパールってカシミアのブランドだそうですが、スポンサーを撤退したのは不況のせいなのかな…。今回からフランス大会の名称は「フランス杯」になりました。まんまやね。

まずはアイスダンス結果。いよいよあの方たちが満を持しての登場です。いやー待った待った。しかも今回もライストは涙を飲んで観られず、youtubeでぶつ切りで観る気にはなれず、じりじりとCS放映を待っている、という過酷な状況にある私です。
ジュニア時代から偏愛し追いかけてきたパパダキス&シゼロン組がこれほど急激に世界のトップに駆け上がり、しかもどんどん他の追随をゆるさない高みへとさらにのぼっている…こんなことになるとはね。今季のプログラムはまたすさまじいという評判だけを耳にして、さらにじりじりしてます。


フランス杯2016 アイスダンス結果

第1位 ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン(フランス)193.50
第2位 マディソン・ハベル&ザカリー・ドノヒュー(アメリカ)174.58
第3位 パイパー・ギルス&ポール・ポワリエ(カナダ)170.78

d0153627_14524897.png

パパシゼ、2位のハベドノに20点近い大差をつけての優勝。今回の得点193.50は、昨年ワールドで彼らが優勝したときの得点(世界歴代2位)にあと1点あまりに迫る高次元。グランプリ1戦目でこの得点!いったいどこまでいくのでしょう。
3位のギルス&ポワリエ組はハベドノに迫る勢い。とはいえスケートカナダのときにくらべるとかなり得点は抑えられてます。

第4位 エレーナ・イリニフ&ルスラン・ジガンシン(ロシア)167.40
第5位 イザベラ・トビアス&イリヤ・トカチェンコ(イスラエル)158.86
第6位 マリー=ジャード・ローリオ&ロマン・ルギャック(フランス)150.07
第7位 アレクサンドラ・ナザロワ&マキシム・ニキツィン(ウクライナ)145.39
第8位 コートニー・マンスール&ミハル・チェシカ(チェコ)140.92
第9位 ロレンツァ・アレッサンドリーニ&ピエール・スーケ(フランス)130.12
第10位 ヴィクトリア・カヴァリオワ&ユーリ・ビエリアイエフ(ベラルーシ)115.04




フランス杯2016 ペア結果

第1位 アリョーナ・サフチェンコ&ブルーノ・マッソ(ドイツ)210.59
第2位 エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ(ロシア)206.94
第3位 ヴァネッサ・ジェームス&モーガン・シプレ(フランス)198.58
d0153627_14552513.jpg
第4位 ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト(ロシア)192.56
第5位 マリッサ・キャステリ&マーヴィン・トラン(アメリカ)176.18
第6位 ミリアム・ズエグラー&セヴァリン・キーファー(オーストリア)145.01


やっぱり強いサフチェンコ&マッソ組。そして3位にジェームズ&シプレ組が入ったのがとてもうれしい。今季すばらしいプログラムで、いよいよこの美しいペアの成熟期が来たか?という期待。


フランス杯2016 女子シングル結果

第1位 エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア)221.54
第2位 マリア・ソツコワ(ロシア)200.35
第3位 樋口新葉(日本)194.48
d0153627_14572360.jpg
第4位 ガブリエル・デールマン(カナダ)192.10
第5位 パク・ソヨン(韓国)185.19
第6位 ローレンス・ルカブリエ(フランス)184.65
第7位 マエ・ベレニス・メイテ(フランス)172.65
第8位 グレイシー・ゴールド(アメリカ)165.89
第9位 浅田真央(日本)161.39
第10位 永井優香(日本)159.49
第11位 アナスタシア・ガルスチャン(アルメニア)155.49
第12位 アリョーナ・レオノワ(ロシア)141.36


メドベージェワ選手、フリーのルッツでめずらしく転倒があったものの、それ以外はすべてにおいてほぼパーフェクトでした。これで堂々のファイナル一番乗り。今の彼女にはほとんど不安要素がないですね。
2位に入ったソツコワ選手。ジュニア時代にくらべてジャンプも安定し、身体が大きく成長したあとの調整がうまくいきはじめているようです。くんずほぐれつのロシア女子の中でどこまでいけるか?と考えると、観るものをつかむような迫力や個性が今のところないのが弱点かな。
樋口新葉選手、グランプリ初参戦でみごと表彰台に乗りました。ものすごいスピードから繰り出される爽快なまでの飛距離ジャンプ!そして表現面もぐっと成長してきてます。これからがほんとに楽しみ。

グレイシー・ゴールド選手もこのところ不調、永井優香選手も今はジャンプの見直し中で不調、でもここはやはり浅田真央選手について。
d0153627_1504318.png

今はとてもつらい状態です。彼女を見守る側もつらいと思うけれど、もちろん一番つらいのは真央さん本人でしょう。
大ちゃんファンとしては、やはりソチ五輪シーズンの彼のことを思い起こしてしまいます。
復帰を決めたのは彼女自身、これからのことを決めるのも彼女自身。私は、ここまでジャンプが跳べず、インタビューで涙をこぼす彼女を見て、ただ見守るしかないんだろうと思いました。期待という名のエゴで彼女を追いこむようなことは、誰もするべきではないと。
浅田真央という選手が偉大なスケーターであることは何があっても変わらない。もしも膝の状態や気持ちの部分で、この先つらい状況が続くとしても、勇気をもって競技に復帰し、最後まで戦いつづけようとする彼女は、堂々と胸をはって自分を誇っていいと思います。



フランス杯2016 男子シングル結果

第1位 ハビエル・フェルナンデス(スペイン)285.38
第2位 デニス・テン(カザフスタン)269.26
第3位 アダム・リッポン(アメリカ)267.53
d0153627_1563064.png
第4位 ネイサン・チェン(アメリカ)264.80
第5位 無良崇人(日本)248.42
第6位 ヨリク・ヘンドリクス(ベルギー)230.47
第7位 ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)229.06
第8位 シャフィク・ベセギエ(フランス)225.02
第9位 アルトゥール・ドミトリエフ(ロシア)218.70
第10位 ブレンダン・ケリー(オーストラリア)199.40
第11位 イヴァン・リギーニ(イタリア)185.81


宇野昌磨選手に続いて、フェスナンデス選手がファイナル進出を手にしました。今季のハビーは強いわ。ついにベテランの味わいが醸されてきた感。もうジャンプが崩壊することはない…と祈りたい。
そして2位に入ったデニス・テン選手。いつもスロースターターでグランプリはあまり芳しくないことが多いのに、今季は最初からジャンプも表現も完成形に近い。モロゾフがついたから?モロゾフだけにプログラムは挑戦的とか新鮮とかではないのですが、テンくんは何を滑っても気品をふりまきつつ素敵プロにしてしまいますね。

アダム・リッポン選手は3位。
d0153627_1535899.png
とうとうやりました。4回転トゥがクリーンに決まりました! 今季のリッポンくんは身体のすみずみまで自信と充実感がみちています。思わず引き込まれるような、静かな熱気がフツフツと湧いてる感じ。やっぱり今季フリーはほんとうに、ほんとうに美しいです。


4回転ジャンプの鬼、ネイサン・チェン選手が4位に入りました。ついにシニアでバンバン跳びはじめましたよ~。ボーヤンもすごいけどネイサンはなんたってショートではルッツとフリップ、フリーではトゥループ、ルッツ、フリップ、サルコウと4種類の4回転ジャンプを跳びますからね。フリーなんか4回転×5回という、地球から飛び出しちゃってるみたいな構成。
d0153627_1553659.png
ケガから復帰して、今回はその影響もほとんど感じさせず、かるーくかるーくクワド量産してくれました。こわいわ。4回転×5回なんてのが男子の目標になっていくのがこわいのと、年齢のいかない選手がジャンプしすぎて故障してどんどん選手生命が短くなっていくのがこわい。ネイサンくん、どうかくれぐれもケガを重ねぬよう気をつけて。


無良くん、フリーはすばらしい出来でしたね。ラストジャンプのルッツ転倒はくやしかったけど、納得の演技だったのでは。ファイナルには届かなくてほんとに残念ですが、全日本に照準をあわせてクリーンを目指してほしい!
d0153627_157444.png



グランプリでも入賞ライン、という格付けまで上がってきた感のあるミーシャ・ジー選手。彼の演技には粗雑なところがないですね。すべてを大切に滑っていて、お約束の荒ぶるステップのときも実はすごくていねいで、美しさにこだわっているんだなと感じられます。愛だなあ。
d0153627_1585685.png


いつもながら駆け足で、もっとふれたい選手もあちこちたくさん飛ばしながらでした。
中国杯の次はいよいよNHK杯かあ。師走がすぐそこまで、すごい勢いで走ってきてる。やることが多くて頭パンクしそうです。


*****

[PR]
by higurashizoshi | 2016-11-18 15:11 | フィギュアスケート | Comments(2)
Commented by Disney 鴨 at 2016-11-21 22:04 x
こんばんは。
ネイサン選手が、GPSデビュー戦のSPとFSの両方で、4Lzと4Fを成功させたのと、フィンランディア杯に引き続いて、FSで、転倒した4Tのリカバリーに、4Tを飛んで来たのには、びっくりポンを通り越して、開いた口が塞がりませんでした。1つのプログラムで、4Lzと4Fを成功させたのと、GPSデビュー戦のSPの点数では、昨シーズンのボーヤン選手を上回るジュニア1年生です。ひぐらし草子さんも、ご存知のように、今週末に、ネイサン選手とゆづ出場のNHK杯がありますが、あのゆづが、試合後のインタビューで、「見てろよ、と思った」と言うか、フィニッシュで、「見たか」と言わんばかりのポーズをするかもしれません。
また、ハビーは、初戦で良い結果を出した場合、それから、時を開けずして、次戦があると、初戦の勢いを持続出来るという、時を開けずして試合をすることのメリットを生かした優勝であったように思います。ただ、ハビーの場合、次は、1か月近く時が開くのが、勢いの持続という意味では、不安があるかもしれないので、そこのところ、どのように調整をして来るのかが、注目です。
Commented by higurashizoshi at 2016-11-24 12:59
Disney 鴨さん
またまたお返事遅くなりました。
ネイサンくん、ほんと強気構成でガンガン来ますね~。あれだけケガに泣かされたあとでのこのクワド攻勢!でも今季は自信をもって跳んでる感じがします。NHK杯でどこまで食いこめるか、そして結弦くんをどう反応させられるか…楽しみですね。
ハビーはGPS連戦は初めてだったそうですが、今回うまく調整できたみたいですね。さてファイナルはどうなるんでしょう?

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 14:59
いやー、楽しかったです南..
by bikegogoy at 22:38
伝わってきます。なんてい..
by まにまに at 10:40
まにまにさん 読んでく..
by higurashizoshi at 22:45
先輩、すごい旅をしたんだね。
by まにまに at 18:27
おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ