ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

源平桃

桃の節句は過ぎたけれど、わが家の庭の桃は、まだ咲かない。
この桃の木はずいぶん前に植えられたものらしく、4年前にここに越してきたときには、大きな枝をしげらせていた。
そして、その春、みごとな花を咲かせて私たちを驚かせた。
驚いたのは、咲いてみると濃いピンクと白の花がいりまじっていたからだ。
これは「源平桃」という種類だ。源氏の赤、平家の白がまじって咲くから源平桃。

私たち家族には、源平桃に懐かしい思い出があった。
子どもたちが幼いころ、東京で毎年お花見に行っていた新宿御苑に、源平桃の大木があったのだ。
満開のたくさんの桜の木の中に、鮮やかなピンクと白の花が咲き乱れているところがあった。近づくと、何本かの木が寄り集まっているように見えたのに、一本の大木に同時にピンクの花、白い花が咲いているので驚いてしまった。
てっきり珍しい種類の桜だと思ったら、説明書きを見て桃だと知って、またびっくりした。
周囲は春霞のような何百本という満開の桜、その中でくっきりと立つ華やかな源平桃の大木。夢の中にいるような心地がした。
それからは毎春、新宿御苑にお花見に行くと、必ずその源平桃の木を見に行った。
タタもミミもまだあどけなく、大変なことはいろいろあっても、ただただかわいかったころ。花を眺めながらお弁当を食べ、新宿御苑の広い芝生をいっしょに駆けまわった春の思い出。
d0153627_18384589.jpg
そんな思い出のある源平桃に、まさか引っ越し先の庭で再会するとは思ってもみなかった。
この家に越してくるのは運命だったんだ!と興奮したのはいいけれど、見事な咲きっぷりだったその年の翌年からだんだん、花の咲き方が弱々しくなってきた。
引越しのとき、それまで全部土だった庭の大部分にコンクリートを敷いたので、根っこを痛めてしまったのだろうか。
それとも、植物オンチで水やりもロクにしない私のせい?
一度専門家に見てもらいたいねと言いながら、そのままになって、また春がやってきた。

さっきベランダからしげしげと見たら、新しく伸びてきた細い枝の先には、ちゃんとかわいらしい固いつぼみがついている。
でも、まだしばらくは開きそうにない感じだ。
元気なく黒ずんだ枝も多くて、やっぱり年々、つぼみの数も減っているような気がする。
なんとかしてあげないといけないなあ。せっかくめぐり会った大切な桃の木なんだから。
[PR]
by higurashizoshi | 2008-03-05 18:47 | 雑感 | Comments(7)
Commented by ようこ at 2008-03-05 20:19 x
写真は源平桃なんですか?
可愛いですね。お庭の源平桃がまた、見事に咲き誇るといいですね。

私もこの前の休みの時、梅見にでも行きたいなあ~と思いながら日頃の疲れか、眠くて、眠くて(-_-)zzz
結局、1歩も外に出ませんでした(>_<)

春は木の芽時。いい季節ではありますが、心は不安定になる人も多いようです。うちの長女も「春という季節は好きだけど、急に泣きたくなったりイライラしたり、不安になったりする。」と言って、昨日は意図的にテンションを上げていました。
それもちょっと心配・・。

自分自身を肯定できる、その人自身の「春」が長女にも来るといいなあ。
その春を開花させるのは、自分自身ですけど。
Commented by higurashizoshi at 2008-03-06 09:44
この写真は、新宿御苑の源平桃です。
うちのもこんなに咲いてくれたらいいな~

そうですね、春はわくわくする反面、調子をくずす時期でもありますね。
ようこさんちの長女さんも、模索の最中なのかな。
きっととっても感性の鋭い、いろんなことがよく見える娘さんなんですね。
見守る側も、根気づよいエネルギーがいりますね…

でもきっと、繊細で優しい子の中には、すばらしい花があって、それを
ひっそりと、でも必ず咲かせるんだと思うんです。
そう思って、私も、いっぱい心迷いながら娘たちを見ています。

ようこさんお仕事大変だと思うので、休めるときはど~んと休んで!
Commented by hinata at 2008-03-06 15:51 x
源平桃初めて聞きました。一本に赤、白なんてきれいでしょうね。
ひな祭りに桃の花とありますが、お外の桃の花は、まだ先ですよね。
実家に桃の花があって、ひな祭りには咲かないよな~と思ってました。
今年は咲くと良いですね。
Commented by higurashizoshi at 2008-03-06 16:27
うんうん、なんか、一度に違う色の花が楽しめて、お得感というか、
なんとも縁起のよさそうな、福のつく感じがあるんですよね。

hinataさんの実家にも桃の木があるのですね~
そっか、そもそも桃の節句にまだ桃は咲かないものなのか…うちの木が
遅いわけじゃないんですね。
でも、じゃなんで「桃の節句」っていうんでしょね? うーん…
Commented by くれない at 2008-03-07 01:22 x
こんにちわ!

ずっと前、山梨に桃の花見に行ったことありましたよ。
ピンクで桜よりはっきりした色ですね。

桃の節句って旧暦のころなら、桃の季節なんでしょうね。
でも、地方によってもちがうかも。
子どものころうちにも桃の木がありました。
桃の実がなったらと期待したものでしたが、
虫がつきやすかったようですね。
食べた記憶がありません。
Commented by ゆっこ at 2008-03-07 10:28 x
おはようございます! そうですね、うちも実家で桃の節句を旧暦でしていました。多分、五節句って中国に由来する旧暦での行事ではないでしょうか。

新暦になってしまった今ではどうしても自然との体感にズレがでてきますね。

きょうは新暦で3月7日。旧暦ではまだ1月30日。24節気でいうと啓蟄の一候。ニ候になってやっと「桃始笑(ももはじめてわらう)」季節になる感じでしょうか。

明日は新月。はてしなく繰り返される自然のサイクルの中でしみじみ人が生かされていることをかんじています。
Commented by higurashizoshi at 2008-03-07 11:19
あ、そうか旧暦なんだ。なるほどー。
じゃあひなまつり用に花屋で売ってる桃の花は、ハウス栽培…?

くれないさん、
桃の花見なんていいですね。たくさん桃がある場所が山梨に?
なんでも、桃には実のなる木と、ハナモモといって実のならないのと
あるそうです。桜もそうなんですよね、たぶん。
うちの子たち、引っ越してきたとき桃の木があると聞いて、てっきり
実がなって食べられると期待したみたい。ちょっとかわいそうでした。

ゆっこちん、
旧暦でひなまつりしてたんですねー。うちも来年からそうしようかな?
「啓蟄」の意味をタタとミミに話したら「うえ~きもちわるーい!
ぞわぞわする~」なんて言ってたわぁ。やれやれ…。
春はいろいろ出てきちゃう季節、よくも悪くも。
自然はまた新しくめぐりはじめる。さて深呼吸して、また歩き出そ。

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 14:59
いやー、楽しかったです南..
by bikegogoy at 22:38
伝わってきます。なんてい..
by まにまに at 10:40
まにまにさん 読んでく..
by higurashizoshi at 22:45
先輩、すごい旅をしたんだね。
by まにまに at 18:27
おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ