ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

亀は意外と速く泳ぐ

d0153627_18155015.jpg何度かレンタルで借りそこねてきたこの映画、やっと観ることができた。
これで三木聡監督の映画は『図鑑に載ってない虫』『イン・ザ・プール』に続いて3本観たことになる。
そもそも友だちが絶賛していた『転々』を観るがために、過去の三木聡作品を観てから、という予習のつもりで深みにはまった…という感じ。

主人公の平凡で目立たない主婦が、上野樹里。その幼なじみに蒼井優。
いま売れに売れている若手女優ふたり、せいぜい3、4年前なのになんとも幼く、ふたりともすごくふっくらしてる。みんな売れるとどうしてカリカリにやせるんだろう?

ほんとうにバカバカしいんだけど、なんとなくなつかしくなるような、やるせないような映画だった。
古ぼけた商店街のスピーカーから流れる、ふせえりの声。
「南国ムードで疲れたあなたをお出迎え。グランドキャバレーファイヤーダンスは冬でも熱気ムンムン。明日午後9時からはサービスタイムでハッスルタイム」
ところがこれが、スパイ召集の暗号だなんて、アンタ…。

主人公の主婦スズメはある日、階段でこけた拍子に電柱の下の方に貼られたビラに気づく。「スパイ募集、委細面談」?
しかもそのビラって、人差し指の先くらいの大きさなのだ。
で、それがきっかけでスズメは某国のスパイになり、与えられた任務が「目立たず普通に生活すること」。
次々と明らかになるスパイ仲間。え、あの人もこの人も? って、こんなせまい町に何人スパイがいるねん!

スズメにスパイ指南をする岩松了、ふせえりの夫婦がなんともキュート。
果てしなく続く、くだらなくもおかしい小ネタの連続のうちに物語は進んでいくのだけど、スズメと対照的な親友クジャクを演じる蒼井優の破綻ぶりに感心したり、スズメの憧れの先輩・要潤が思いっきり変で大笑いしたり、盛り上がりがあるようなないような、でもいつまでもこの中にひたっていたい気分になってくる。

スズメにはちょっと変わり者の父親がいて、実家を訪ねたスズメにいきなり後ろから飛び蹴りしたり、相撲を取ったりする(このとき行司をする向かいの家のおじさんが舞踏家のギリヤーク尼ヶ崎さんで驚いた)。
この父親が、「電話ぐらい引いてよ、何かあったときどうすんのよ」といかにも普通の意見をするスズメに向かって、
「オレが死んですぐ連絡がいったらおまえ悲しいだろ。だけどしばらくたってからだったら、ああ父さんはしばらく前に死んでたんだなあって思うだろ」
と言う。
あんがい三木聡という人の真骨頂は、こういうところにあるのかもなあと思うのだ。

で、このまったり感あふれる映画のエンディングに流れるのが、なんでレミオロメンの「南風」ね? この場違いな爽やかさは何?
という違和感を残して映画は終わったのだけど、実はほんとの主人公は亀だったんだ、そうかなるほどなあ。とちゃんと思わせてはくれたのだった。
[PR]
by higurashizoshi | 2008-05-01 18:19 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(6)
Commented by くれない at 2008-05-01 23:15 x
ね へんてこだったでしょ。

映画には、関係ないですが、岩松了は、劇作家で演出家です。
図らずも、私過去に岩松作品5作見てます。
東京乾電池の座付きだったころ2つ(柄本さん見たくて)。
その後、竹中直人1つ、小林薫2つです。
みんな、役者本意の選択でした。
乾電池のころは「ご町内シリーズ」とか比較的軽い感じでしたが、退団後は、以外とシリアスだったり、きつい結末だったりでした。
ちょっと、細かすぎる演出に疲れて、最近作は、見てません。
岸田賞はとってるのかしら?
役者岩松はコマーシャルでおなじみかも。
お父さん役とかね。
Commented by mii3 at 2008-05-01 23:18 x
朝、見たんですか~?チャチャは、起きなかったかな!?
私も、早起きしてDVDをみればいいんですよね。でも、睡魔に勝てそうもないけど。
GW中、1日はやってみようかな。

いつも映画情報ありがとうございます。
サスペンスものとかより、まったり系の映画が好きなので、借りたいものリストに入れておきますね。
わかるな~、映画のエンディングで、「アレ。。。???」って思う曲、ありますよね。
ポケモンの映画で、なんで、サラ・ブライトマンなんやろ!?とか。

Commented by resh at 2008-05-02 00:02 x

なんと! ギリヤーク尼ヶ崎さんが出てるんですか!!

20数年前にその踊りを見てトリコになり、
東京・西新宿の高層ビルの谷間での公演は、
毎年観にいったりしていました。

たったひとりで、路上で、踊るんです。
なんの舞台装置もなく、360度、観客に取り囲まれて。

クライマックスの「津軽じょんがら」では、
巡礼の老婆になり、イタコになり、
神がかって、ふんどし一丁で疾走し、
観客を突き抜け、大地を打ち、倒れるまで踊り狂います。

いまでは固定ファンや有名人の支持者も増え、
この映画のように、メジャーなところにひょっこり現れたりしますが、
基本はたったひとりの大道芸。

以前、すこしお話ししたとき、
海外でも踊ってきたけれど、日本は大道芸がとてもやりにくい、
すぐに警察官が取り締まりに来るので、と話されていたことを、
思い出します。

すみません、映画の話じゃなくて。
ギリヤークさんのお名前に反応してしまいました。

Commented by higurashizoshi at 2008-05-02 17:44
くれないさん

うん、へんてこでした。私には好きなタイプのへんてこさでしたよ。

そうか、岩松了って東京乾電池の座付き作家だったんですね。
私はチェーホフ劇をしきりにやってる人というイメージがあったんだけど、
それはもっとあとの話かな。
チェーホフやってるんだから堅い真面目な人なのかなと思っていたら、
役者として出てるの見たらどれもおかしなおじさんで、なんなんだろうこの
人は? と思ってました。

小林薫の舞台姿なんて、見てみたかったなあ。
くれないさんの好みも渋いですね。
柄本さんといえば、昔、劇場のエレベーターで乗り合わせた男の人がなんか
すごい存在感を発していて、顔を見上げたら「おお柄本明」てことがありました…
Commented by higurashizoshi at 2008-05-02 17:45
mii3さん

そうですよ~また早朝シークレット上映ですよ。
チャチャは起きなくて、ちゃんと最後まで観られました。

ポケモンのエンディングでサラ・ブライトマン…?
それもナゾですねえ。。
『亀~』の場合はわかんないですけど、タイアップして売るためとしか思えない
ような曲が最後に取ってつけたように流れたりすると、いきなり興ざめすること
ありますね~。
私は以前観た『たそがれ清兵衛』のエンディングの井上陽水にコケました…
Commented by higurashizoshi at 2008-05-02 17:46
reshさん

ギリヤーク尼ヶ崎さん、けっこういろんな映画にちょっとした役で出てるみたい
ですね。
私も東京にいたころ、路上で踊っておられるのを何度か観たことあります。
痛々しくも美しい踊りでした。

この映画ではセリフは「こんにちは」と「はっけよい!」ぐらいしかないんですけど、
独特の雰囲気でパッと惹きつけられるものがありましたよ~。
今は路上の踊りを観ることはできないので、またスクリーンの中でも元気な姿を
見たいです。

お気に入りブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:06
こんにちは。 今回の4..
by Disney 鴨 at 14:58
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:40
こんにちは。 アメリカ..
by Disney 鴨 at 15:39
Desney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:06
こんばんは。 今回は、..
by Disney 鴨 at 19:43
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:16
こんばんは。 今回の全..
by Disney 鴨 at 20:15
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 10:31
あけましておめでとうござ..
by Disney 鴨 at 21:35

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ