ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カミングアウト・レターズ

毎日、新聞を開いても、ネットのニュースや情報を見ても、「生きづらい」というのが今の日本のキーワードなんだろうか、と思ってしまう。
派遣社員の使い捨て、過労死、自殺者の増加、いたましい犯罪や事件。
ただ、少し希望を感じるのは、たとえば不安定な就労形態の人たちが集まってユニオンを作ったり、犯罪被害者の家族が会を作り活動したり、そういう当事者によるつながりが少しずつ増えてきているように思えることだ。

余裕を失った社会は、特に少数者(マイノリティ)を隔離し、追いつめる。
多くの人が、自分だけはマイノリティに《転落》しないように必死にペダルを漕ぎつづけながら、自分と異なる人間を排除することで安寧を得ようとする。ストレスを発散させる。
その縮図といえるのが、ときには標的にされた子どもを死の淵まで追いこむような、学校でのいじめだ。
大人がしていることを、子どもは自分たちの社会の中でやっている。

ほんとうは、多数派(マジョリティ)なんて幻想みたいなものだ。
ほんのごくひと握りの特権的な人たちを除けば、今はいつでも《転落》は起こりうる。
その不安が、ますますマイノリティへの排除を生む。悪循環だ。

思えば、学校に行かず育っているタタもミミも、親である私も、立派なマイノリティ。
私は、基本的には「マイノリティがかっこいい。」と思っているので、そうであることはちっとも苦にならない。
でも、差別されたり、排除されたりするのは嫌だ。権利が認められないのも、おかしい。

とはいえ、たったひとり、心の中でそう思っているだけではしんどくなる。
社会の圧力は、いろいろな形でマイノリティをしんどくさせるのである。
今の私には、思いをわかち合える家族や友だちがいて、学校に行かず育つ子どもと親たちとのつながりもある。そのことにとても支えられていると思う。
マイノリティであることは、楽ではない。
でも、多くの人がおそれる《転落》は、実はそれまでと違う視野や生き方を見つけるきっかけにもなりうる。
それまでは出会えなかった人たちとの出会いも、そこにはある。
d0153627_2213734.jpg
この本「カミングアウト・レターズ」を作ったのは、いわゆるセクシャル・マイノリティの人たち。
彼らにとっては、自分がたとえば同性愛者であるとか、性同一性障害であるとかを公表する=カミングアウトするというのは、とてもハードルが高いことだという。
それは、そうだろう。いくら最近はマスメディアでもセクシャル・マイノリティが取り上げられることが増えたといっても、一般的にはまだまだ差別意識だらけ。彼らが身近にいるとは考えもしない人も多いと思う。
もしかしたら、マイノリティの問題、というときにも、セクシャル・マイノリティはその中に想定されていない場合も多いかもしれない。

この本の編者のひとり、RYOJIさんがこの本を作ることを思い立ったのは、今の日本でセクシャル・マイノリティの子どもたちが自分を隠して、自己否定しながら育つしかない現実を少しでも変えたいという願いからだったという。
この本を作る以前にも、HIV予防に取り組む活動などをしてこられた人らしい。
そして、そのRYOJIさんがいまだ、自分の親にはゲイであることをカミングアウトしていない、と知って、私はそのことをとても重く感じた。

私は、自分の娘たちが異性愛者とは限らない、将来女性を好きになるかも、なんて可能性を普通に考えるような人間なので、セクシャル・マイノリティに対して偏見とか何もないつもりでいた。
でも、いろいろな本を読んだり、ゲイの方のブログを読んだりしているうちに、やっぱりわからないところがたくさんあるし、自分の中にもまだまだ受容できない部分があるなあと思うようになった。
そして、この「カミングアウト・レターズ」を読んで、またひとつ視界が開けたような気がしたのだ。
マイノリティとしての自分と、ああつながるなぁ、という実感が初めて持てた。

この本についてもう少しくわしい話を、次回に書こうと思う。
[PR]
by higurashizoshi | 2008-06-20 22:15 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(3)
Commented by http://moguko33 at 2008-07-03 10:30 x
こんにちは、はじめまして。
私も先日この本を読みました。
生きづらい・・と感じてるもののどこかに、形は違えど「マイノリティ」といった部分があるんでしょうね。
「マイノリティ」とは、「自分らしさ」と思う私は、それこそは誇るべきもので、排除されたり差別を受ける性質のものではないと思います。
いろんな価値観を受け入れる世の中に早くなるといいと思うばかりですが、「無知」ということが一番のネックなのでしょうね。
みんながいろんなことに関心を持ち、知ることが一番大事ですね。
セクシャルマイノリティにかんしても、学校教育の場から変えていくことが大切だと思いますが・・・・。
私自身はストレートですが、彼ら、彼女らのよき友人であり、よき理解者でありたいと思っています。
Commented by モグラン at 2008-07-03 10:31 x
すみません!
名前を載せるの忘れてしまいました。
モグランと申します。
よろしくお願いします。
Commented by higurashizoshi at 2008-07-03 13:34
モグランさん、ようこそ。
コメントいただけてうれしいです。
モグランさんのブログもおじゃまさせてもらいました。
とっても心地いいブログですね。

「マイノリティ」とは「自分らしさ」。すてきな言葉です。
みんながそんな思いでお互いの「自分らしさ」を尊重できたら、どんなに
それぞれが生きやすくなるだろう…と思います。
この本は、セクシャル・マイノリティに関心がある人以外にも受けとめやすい形で
作られていて、これからこういう本もどんどん出るといいなあと感じました。
モグランさんの言われるように、「知る」ことが少しでも広がっていくためにも。

学校に行かずに育っている私の子どもたちも、なよやかな男の人を見ると
「気持ち悪~い」って言ったり、知らず知らず世の中一般の価値観を吸収して
いるんだなーと思います。
押しつけるのじゃなく、それぞれの個性を大事に見られるようになってほしいと
思いながら接しています。

また、いつでもいらしてくださいね。

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 14:59
いやー、楽しかったです南..
by bikegogoy at 22:38
伝わってきます。なんてい..
by まにまに at 10:40
まにまにさん 読んでく..
by higurashizoshi at 22:45
先輩、すごい旅をしたんだね。
by まにまに at 18:27
おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ