ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

セミについての考察

まことに、お暑うございます。
「ハリー・ポッター」シリーズ最終巻も発売になり、タタは発売当日に食事もとらずに10時間ぶっつづけで上下巻を読了。
それを拝領して私は3日にわけてダラダラと読み、今朝とうとうフィニッシュ。
「終わった…」と万感の思いでリビングの雨戸を開けると、必殺熱線のような陽射しと、ものすごいセミの大合唱。
「ミーンミーンミーンミーンミーンミーン…」
頭が割れるかというような音。こりゃ、家の壁にびっしり無数のセミが張りついて鳴いてるのでは?
と思わずその様子を想像し、ちょっと涼しくなる。

で、昼前、真相を究明せんと庭に出てみると、庭の桃の木に皆さん止まっておられる。
一匹、二匹、三匹…十匹、十一匹、十五匹、ええ?マジですか?
考えてみるとこの辺は海のそばで、大きな木がほとんどない。わが家のつつましい桃の木も、セミさんたちには貴重な止まり場なのだろう。
セミは7年地中で暮らし、地上に出てたった一週間で生を終える…
小さな体をふるわせて、あの大きな音を出すのはさぞやエネルギーがいることだろう。
ひたすら子孫繁栄のため。種のため生態系のため。彼らに感傷はない。
セミになった自分(オス)を想像してみる。
「ああっ、これが地上か!」
「ううっ、羽化した!」
「飛べる、飛べる!」
「よし、ここに止まって呼びかけだ!」
「交尾オッケー!」
を何度かやって一週間。
「そろそろおしまい!」さようなら。

シンプルだなあ。悩みもない、苦しみもない。いや、でもほんとうにそうなんだろうか…
と、思うところが人の感傷か。
セミはただ、限られた時間を精一杯に、自分の役割のために生きて、死ぬ。
毎朝の大合唱はかなり頭の芯にキツいけど、わが家の桃の木でしばしがんばりたまえ、セミたち。
そしてお相手のメスたちは、小さな庭に新しい命を生みつけていくことになるんだろう。
7年ののち、地上に出ることを目ざして。
[PR]
by higurashizoshi | 2008-07-26 23:14 | 雑感 | Comments(6)
Commented by ようこ at 2008-07-28 20:11 x
本当にお暑うございます。

西日本はまた、特別に暑いでしょうね(^-^;

7~8年前の夏に神戸に行った時、異常に蝉がないていたのを思い出します。
蝉の生涯って儚いですよね。

でも、そう思うのは人間の勝手で、蝉は与えられた命を精一杯生きているんでは…。などとも思います。

うちもハリーポッターの最終刊をアマゾンで買いました。中々読めませんでしたが今日一日で上巻を読み終えました。
疲れました(^^;
Commented by higurashizoshi at 2008-07-29 13:26
ようこさん、こんにちは~
神戸にいらしたことがあるんですね。こちらも、ちょっと山の方に行けば
涼しいんですけどね…

セミを見ているといろんなことを思わせられます。
子ども時代はそんな感慨もなく、つかまえて糸でくくって飛ばしたり、今思えば
気の毒なことして遊んでましたが…
(タタやミミに話すと残酷!と責められます。。)

ハリポタは子どもとの共通の話題として読んでいるところもありましたが、
さすがにクライマックスとなると夢中で読了しましたよ。
タタ情報によると、最終巻の映画化が日本で公開されるのは2011年の初めだそうです。
うーん、まだまだ先じゃ。
Commented by マッシー at 2008-07-29 23:11 x
ひぐらしさんこんばんわ。
我が家は、丘陵の上にあるマンションで、周りは、雑木林というか、森というか…。ですので、蝉の声もすごいんです。毎朝、目覚ましより先に蝉に起こしてもらってます。頼んでないけど。

関東では、みーんみーんが蝉の声、というくらいで、ミンミンゼミが多いです。7月の中旬過ぎに最初に泣くのがミンミンゼミで、次にヒグラシ、アブラゼミ、ってかんじで、最後はツクツクボウシで、今年はまだツクツクは声がしません。
関西に行った折り、シャーシャーとなくクマゼミの声に、同じ夏の声でもイメージ違うなーと思ったことがあります。

芭蕉の「閑さや岩にしみ入蝉の声」がありますが、私の良く参加する自然かんさつ会の昆虫の講師が、7月のかんさつ会で、この句の話をし、「私は、この蝉は、ミンミンゼミだと思っています。閑さを感じるのはミンミンゼミの声だけだと思うからです。」とおっしゃって、なんだか急にミンミンゼミの声が格調高く聞こえてきてしまう、私でした。
(あまりにその気になりやすいなあー。)蝉について、いろいろ思うところ、だらだらと書きました。
Commented by ツネ at 2008-07-30 11:44 x
お暑うございます。おひさです。
文章に触れて気がついたんですが、我が団地では蝉の声がまるで聞こえないのです。夏といえば、蝉だったはずなのに、・・いや、お恥ずかしい、蝉の声が聞こえてこないこと自体に気がつかずに猛暑を迎えとりました。周り中アスファルトで覆い尽くされて、川の土手も完璧な護岸工事で、雑草はあれど樹木がなく、地中から出られないまま生涯を終えてしまうかたがたがいるに違いない、などとおもって愕然。おいおい人類よ、ですな。
先日は代わりにトンボの幼虫・ヤゴが草にしがみついているのを発見しました。彼らの一生がどんなものなのかについてもまるで無知な自分にあらためて気づいてます。
とにかく極暑!みなさんご自愛を。
Commented by higurashizoshi at 2008-07-30 13:54
マッシーさんちは自然に囲まれているんですねー。
うらやましいけどセミの声もハンパじゃないでしょうね。
そういえば自然にうとい私は、セミはセミだろ! としか思ってなかったけど、
ここらで今鳴いてる声は《ミンミン》と《ジャジャジャ》(クマゼミ?)が
入り混じってるような感じします。
ツクツクボウシやヒグラシの声は夏の終焉を感じさせて、子どものころから
ちょっと物悲しいような感じで好きでした。

「岩にしみ入る」のはミンミンゼミの声ですかぁ。なるほどねー。
あれって確か、東北の山のお寺で詠まれた句ですよね(うろ覚え)。
日本の夏景色には欠かせないセミだけど、外国ではどうなんだろう?
Commented by higurashizoshi at 2008-07-30 14:12
ツネさん、ようこそ~
セミの声がしないってことは、木がない、地面が少ない…ってことになるのかな?
子どものころに周囲がどんどんアスファルトやコンクリで埋められていった時代、
セミとかの幼虫がこの下にいたらどうなるんだろう? って考えてすごく怖く
(かわいそうというより)なったのを思い出します。
私たちはいったい何を埋めてきたんだろうね。

この暑さも、地球をこれだけ変えてしまったんだなぁと皆が実感するきっかけに
なればまだしも救われるかも…
でもほんとに実感すべき人は、暑さに苦しまないところにいる気もしますね。
うーむ。

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 15:28
こんにちは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 14:45
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:20
こんばんは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 20:54
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:06

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ