ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

d0153627_12502739.jpg春にBSで放映された、第80回アカデミー賞の授賞式。テレビの前で、私は主演男優賞に輝いたダニエル・デイ・ルイスのスピーチを見ながら、年月をへたエレガントな美男子ぶりにうっとりしていた。
受賞作品は、寡作のクセもの監督、ポール・トーマス・アンダーソンの『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』。アメリカ20世紀初頭の、石油採掘で成り上がる男の話。授賞式で流れたスポットでは、ダニエル様は例によってまるで別人になりきって、脂(油?)ぎった強欲オヤジを演じているようだった。
別人になりきる、といえば、このとき主演女優賞のほうを受賞したフランス人女優マリオン・コティヤール。授賞式ではういういしい可憐なお嬢さんといった風情のマリオンさんだったが、受賞作『エディット・ピアフ 愛の讃歌』をこの前観て仰天した。伝説の歌姫ピアフの猛々しい娘時代から老醜すさまじい晩年まで、どこからどう見てもあのお嬢さんと同一人物とは思えない。役になりきってその生涯の変化を生きている気迫に圧倒された。もちろん、撮影やメイクの力もあるだろうけれど、役者が一世一代の演技をする、というのはなんともすごいことなのだと再認識したのだった。

さて『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の話。映画館で観られない身としてはDVD化されてレンタルを待つしかなく、人気作ゆえ待たされて、やっとこの前借りることができた。
石油で成り上がる男といえば、『ジャイアンツ』のジェームス・ディーンを思い出す。ついに掘り当て、噴き出した石油を両手を挙げて浴びるシーンが忘れられない。彼はとても若かったので(といっても遺作になったわけだが)、後年を描いたあたりはどうしても無理があったけれど、はるか昔に観たのに、映画全体を含めてとても印象に残っている。
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の主人公プレインビューは金採掘からスタートして生身で土を掘り、岩を削り、石油を掘り当てていく、自称「石油屋」。あるとき、見知らぬ青年ポールが彼を訪ねてきて、自分の家の牧場に石油が出るという。これが転機となり、プレインビューはその牧場一体の土地を買い占め、そこに住み、油井を次々と開拓していく。
その彼の前に立ちはだかるのが、ポールの双子の兄弟で牧師のイーライ(不思議なことにポールの方はその後一度も登場しない)。
このイーライは一見、温和で謙虚に見えるが、実はプレインビューと表裏一体ともいえる存在だ。プレインビューがひたすら求めるのが石油であり金であり、実世界の王者であろうとするのに対して、イーライは宗教の仮面をかぶって人心を支配し、精神的世界で王者になることを目指している。彼らはお互いの利権争いを長く繰り返しながら、近親憎悪的な感情でつよく結びつく。
プレインビューには、かつての仕事仲間が事故死して遺した、血のつながらない息子がいる。石油関係の契約の場や、土地買収の住民説明会などに必ず、まだほんの子どもであるこの息子を連れて行く。その方が相手の心証をよくし、信頼を得やすいからだ。いわば息子はブレインビューの小道具なのである。
ただし、このプレインビューという男は、たんに強欲で血も涙もない人間というわけでもない。息子に対しては、細やかに気づかいし、抱擁し、キスする。それが虚栄心からなのか、心からの愛情なのか、そのあたりが判然としない。やがて油井で思いがけない事故が起きたり、腹違いの弟と名乗る男が現れたりする。そのころから、プレインビューの心が加速度的に闇に向かい始める。成り上がる快感と、ふくれあがる憎悪に引き裂かれて彼はいくつもの罪をおかしていく…。

とにかく、これは男の映画である。原作、脚本、監督、主演すべて男、それどころか2時間半近い映画の中には男しか出てこない。お飾りでも女は登場しない。ひとりだけ、プレインビューの息子と親しくなる女の子(イーライの妹)がいるが、セリフはほとんどない。
強欲成り上がり男を描いた作品なのに、強欲を描く常套手段である女が出てこない。これは特異なことだ。
そして幾重にもかさねて描かれるのは、父―息子、兄―弟のねじれた関係だ。《ゼア・ウィル・ビー・ブラッド》、血は流される。どろりと黒く光る石油は、流れ出る濃い血。むせかえるように胸が重くなる。プレインビューが求めたものが何だったのか、次第に観ているほうもわからなくなってくる。
ダニエル・デイ・ルイスは、アドレナリン全開で休むことなく終局までを駆け抜ける。ここまでやるかという狂気の演技と見せて、強い理性ですみずみまで制御している。たった数秒のショットの中でプレインビューの傲慢と哀しみの間をゆれる感情を見せつけ、暴発する憎悪で観るものを凍りつかせる。もはや観客は彼の手のひらの上でひたすらこの嵐を見続けるしかないという感じだ。
対する牧師イーライを演じるポール・ダノは『キング 罪の王』『リトル・ミス・サンシャイン』と観てきたが、印象深い風貌と演技の若手である。いわば怪物対怪物というこの大役を果敢に演じていて、かなりの線まで達しているのだが、さすがにダニエル・デイ・ルイスが相手では分が悪かった。骨の髄まで主人公の愛憎の対象になる人物としては、いささか説得力が足りなくて惜しい。

監督ポール・トーマス・アンダーソンは絵画的な独特の色彩感覚とカメラワークが特徴で、これまで観た作品(『ブギー・ナイツ』『パンチドランク・ラブ』)からいうと、個性的だけれど私にとってはピタリと好みに合うタイプではなかった。今回は、もしかするとまだ30代のこの監督の転機になる作品なのかもしれない。これまでと大きく色合いを変えて、スケールと奥行きのあるドラマを作ろうとする意図が強く感じられた。どこかキューブリックのような硬質な狂気とユーモアを感じたのは新しい発見。
また、この作品で強い印象に残るのが、ロックバンド・レディオヘッドのギタリストが担当している音楽だ。冒頭のまったくセリフのない数十分ほど、荒涼たる山と砂地、ひたすら地下にもぐりツルハシをふるいつづける男にかぶさってくる歪んだ弦楽器の緊張感。そして、ときおり流れ出す美しいソナタ。緊迫した場面になだれこむ、叩きつけるようなリズム。全編こんな調子で、いささか音楽が自己主張しすぎでは? と思うほどの存在感。あと少しでやりすぎ、のギリギリの線で、私は個人的には好きだった。

ダニエル・デイ・ルイスはこの作品が5年ぶりの映画出演だという。観終わってから、アカデミー賞での美しい笑顔を思い出そうとするのだけどプレインビューの黒光りする面影しか浮かばない。まったく違う人物を造形できるすぐれた演技というのは、たんなる技術ではなく、なにか人智をこえたところにあるもののように思う。
そんなことを思わせてくれるダニエル様には、今度は5年も間をあけず、また新しい人物になりきった神業を見せてもらいたい。
[PR]
by higurashizoshi | 2008-09-30 13:02 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(2)
Commented by hinata at 2008-10-02 10:42 x
気になっていた映画ですが、読んだらとても見たくなりました。
一人でじっくりの時間が今ないので、そんなときがきたら、じっくり見たいです。
音楽がいいというのは、映画の魅力を大きくしますよね。
Commented by higurashizoshi at 2008-10-03 11:19
じっくり時間が確保できたら、ぜひ観てください。ずっしりきますよ~
私はミミと観たんですけど、残酷なシーンはちょっとありました。ミミは
すごく集中して観て、おもしろかったと言ってましたが。

いまだに印象的なシーンが音楽とともにあざやかに残っていて、
ときどき頭の中でこまぎれに上映されてます。。。

お気に入りブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:06
こんにちは。 今回の4..
by Disney 鴨 at 14:58
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:40
こんにちは。 アメリカ..
by Disney 鴨 at 15:39
Desney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:06
こんばんは。 今回は、..
by Disney 鴨 at 19:43
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:16
こんばんは。 今回の全..
by Disney 鴨 at 20:15
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 10:31
あけましておめでとうござ..
by Disney 鴨 at 21:35

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ