ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ノーカントリー

d0153627_2156730.jpg怖いのだけど、ときどき失笑してしまいそうになる。
でも次の瞬間には、凍りつくほど怖くなる。けっして目が離せないほどに。
そういう人に会ってしまった。映像の中で。

イーサン&ジョエル・コーエン監督『ノーカントリー』。
この前のアカデミー賞で作品賞、監督賞、脚色賞、助演男優賞などを受賞、そのほかにも多くの賞に輝いている、コーエン兄弟の最高傑作という呼び声が高い作品。
まぎれもなくアメリカの歴史にひたひたと押し寄せる死の気配を描いた、アメリカ人による、アメリカの映画。ここにひとり異質な人間が登場する。おかっぱ頭の殺し屋、アントン・シガーだ。
演ずるスペイン人俳優ハビエル・バルデムの大きな顔、大きな眼、大きな鼻、大きな口。アントン・シガーはとてもゆっくりと歩く。姿勢がいい。
そしてどんどん、簡単に人を殺す。ただしときどき、相手にゲームをもちかける。
コインを投げて、手で伏せ、表か裏かを当てさせる。はずれたら死。当たれば死なずにすむ。シガーは去っていく。

雇われ殺し屋だったはずのシガーは、200万ドルを持ち逃げしたモスという男を追ううち、彼を仕留めることに熱中していく。
で、シガーを牽制しようとした雇い主まで殺してしまう。もはや利益ではなく自分のルール=決めた相手を殺す、だけがシガーの中にある。彼は邪魔な人波をかきわけるかのようにどんどん人を殺しながら、モスを追いつめる。
ベトナム帰還兵のモスは、頑強な男で、プロの殺し屋シガーを相手に、実によくねばる。裏をかき、反撃し、ひたすら逃げる。
しかしシガーにはおよばない。なぜかというと、シガーは人間ではないからだ。
ではなにか、というと、いろいろな呼び方ができるだろう。
「死神」とも。「運命」とも。「宣告者」とも。
シガーには悲しみも後悔も迷いもない。シガーが追いついて、決めたとき、相手は死ぬ。それだけなのだ。

シガーはほとんど漫画のキャラクターだ。マッシュルーム型のおかっぱ頭に濃すぎる顔立ち、持ち歩くのはガスボンベ。そのホースの先で相手の額をボシュッと一打ちして、瞬時に殺す。ミニチュアの人形にして携帯ストラップにでもしたら売れそうな、強烈でおかしな個性。いかにも、恐怖がこうじて思わず笑い出すような引きつったユーモアが身上の、コーエン兄弟の好みだ。

モスを助けるためにシガーを追う老保安官はつぶやく。この国はどうなってしまったのかと。想像もつかない動機で起きる、想像もつかない残忍な事件。映画の原題は『No country for old men』、老人にはもはや居場所はない。
やがて帰っていく老保安官の、古き善き安心に満ちた世界も、遠からず朽ちていくことが暗示される。そして、シガーはどこまでも歩き続ける。アメリカという国を。

ふと、ドアの外にシガーが立っているのではないか、と思う。夜の闇の濃いところに、ゆっくりと近づいてくる彼のやわらかい足音が聞こえるような気がする。
いや、たしかに立っているのだ。この国でも、たくさんのドアの外に。
そしてたぶん、たくさんの人々の心の奥にも、彼はいる。ガスボンベをぶら下げて、いっさいの感傷と無縁の、穴のような眼で。
[PR]
by higurashizoshi | 2008-10-07 21:58 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(2)
Commented by マッシー at 2008-10-09 00:29 x
アカデミー授賞式、私も観たんですよ。で、このスペインの俳優さん、とっても印象に残っています。
怖そうな映画だな…でもなんか、主人公のおっさん、おもしろいムード。higurashizoshiさんのを読んで、観たくなったです。
この俳優さんのキャラどんな風に描かれていくのか、楽しみです。

昔読んだ本で、舞台はアメリカだったとおもうんだけど、列車に乗ってあちこちを旅するセールスマンが、ある日、見知らぬ駅で途中下車して、何のつながりもない人を殺して、また列車に何事もなかったように乗って去っていく、という短い話を読みましたが、その話が忘れられないんですね。
怖いんですよ、ほんと。
(作者、憶えてないのに。作家とか監督の名前とか、ほんと、憶えられないんですよ。)


Commented by higurashizoshi at 2008-10-09 13:02
マッシーさん、授賞式観たんですね。あのときのハビエル・バルデムはラテンな
男前さんでしたが、この映画の中では別人ですわ!
映画史上に残る、強烈におかしな怖い人になりきってます。
すごくいろいろ考えさせられる作品でもあり、映像的にも見ごたえがありますよ。
描写が残酷であることは確かなので、そういうの苦手な人にはおすすめできない
ですけど。。。

そのセールスマンの話、気になるなあ…
読んでみたいなあ…
もし、もうちょっとヒントになること思い出したら教えてくださいね!

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 15:28
こんにちは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 14:45
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:20
こんばんは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 20:54
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:06

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ