ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

思い出のパン、今日のパン

子どものころの、思い出の味のひとつに、母の焼いたパンというのがある。
当時、家庭でパンを焼くのは、まだめずらしかったと思う。
そのころ住んでいた家はとても小さくて、台所も2畳分くらいしかなかった。
その狭い狭い台所の、ちっちゃなテーブルの上で、母はパン生地をこねた。

母の定番は、デニッシュだった。薄い層を何度も折り返してつくる、厚手のパイのようなパンだ。
生地をシートに打ちつけて、のばしては、たたみ。打ちつけて、のばしては、たたみ。
何度も何度もそれを果てしなく繰り返して、暑がりの母は汗だくになりながらデニッシュ生地を作った。それをそばで見ながら、お母さんはちっとも楽しそうじゃないなあと思ったものだ。

でも、ごっついガスオーブンで焼き上がったパンの味は、絶品だった。私はこれまで、母の焼いたデニッシュよりおいしいパンを食べたことがないと思う。
バターの香りが高く、ほんのりと黄色みをおびた生地が幾重にもかさなって、香ばしくこげめがついている。そのはじっこを口にふくむとホロリと層をなしてくずれ、甘くて繊細な味がいっぱいに広がる。今でもはっきりとおぼえているあのデニッシュの味。
あるときお弁当がわりに学校に持って行ったら、友だちが取り合って大騒ぎになって、その後はリクエストがばんばん来た。母は笑って、またいっぱい焼いては持たせてくれたものだ。ああ、今思い出しても母はなんて気前がよかったんだろう。友だちにあげてしまったたくさんのデニッシュ。あれを未来に取っておけたらよかったなあ…といじましく考える私。おとなになってから、何度もう一度食べたいと思ったことか。

おいしいパンの宝庫である神戸の有名なパン屋でも、東京のパン屋でも、デニッシュと見れば買い求めて食べてみた。どれもそれぞれにおいしかった。でも、母のあのデニッシュの味とはぜんぜんちがっていた。
それなら自分で作るというのはどうだろう? というのも考えた。母にレシピを再現してもらって…。
でも母は、気がつくとぱったりとパンを焼かなくなってしまっていた。もはやパンのパの字も焼かない。そして作り方もすっかり忘れてしまったという。あんなに汗水たらして作り続け、あんなに絶賛されたパンを、こうもアッサリ過去に流してしまえる母はいさぎよいというか、執着がない。なさすぎる。もはやまぼろしのデニッシュは、母の背中の遠くへと消えてしまった…。

自分で料理をするようになってから、ずっと、パンを焼いてみたい、と思っていた。家で手作りパン、にあこがれていた。
でも、いつも《あの母のデニッシュみたいなパンは、作れない》と思って、二の足をふんだ。おまけに今の私にはガスオーブンはなく、簡易なオーブンレンジがあるだけ。
そして汗だくの母の姿を思い出しては、パン作りはすごくたいへんで、楽しいことでない、というイメージにしばられていた。

外に出ない生活が始まって一年。簡単に買物に行けないから、自然に何でも気軽に作るクセが身についた。食生活は週に一度まとめて生協から届く食材でまかない、それで間に合わないものは、作る。食パンが切れたら、パンケーキやスコーンやナンを焼いた。小麦粉にベーキングパウダーやプレーンヨーグルトをまぜて生地にした《パンもどき》もいろんなバリエーションをしょっちゅう作った。でも、本格的なパンはどうしても敷居が高くて、作ったことがなかった。

ここまで書いてきて、ん? と思う。
にもかかわらず、なんで私はこのたび初めてパンを作ろうと思ったのだろ?
なんだか、ふっとその気になった、それだけのことだったような。その気になれたということは、何かが自分の中で変わったということなんだろうか?
ともかく、今日私は初めてパンを焼いた。
インターネットで初心者向けのHPをいろいろ調べたら、なんだ、家にあるものばかりでできるんだ。強力粉、バター、砂糖に塩にドライイースト。
一次発酵、二次発酵、ベンチタイムにフィンガーテスト。そういうすてきなことばがいっぱいの工程をどきどきしながら進んでいった。

一番の発見は、《パン作りは気持ちいい》ということだった。発酵してふくらんだ生地は、さわると人肌のあたたかさで、ふわふわの赤ちゃんのおしりみたいなのである。さわるだけでほわんと幸せな気持ちになる。
できあがるまで時間がかかるだけで、思っていたほどたいへんなことは何もなかった。なあんだ! と私は思った。デニッシュまでは遠いけど、ここからはじめたらいいんだ。
小さな丸いパンが8個、りっぱに焼き上がった。
ほんのり甘く、かみしめるとしみじみとやさしい味がした。d0153627_2238524.jpg
[PR]
by higurashizoshi | 2008-10-24 22:43 | 家事というか | Comments(6)
Commented by マッシー at 2008-10-25 00:53 x
ひょー!!おいしそうですねえ。
お家でパン!たしかにあこがれちゃう。

かつて会社員だった私は家事や食事作りが苦痛でした。
しかし、変われば変わるものです。
ホームエデュケーション生活のためもあって、今年の5月から契約社員になって、ほとんど会社に行かなくなったら、なんとお家が楽しい。食事作りが苦痛でなくなってきて、手作りさいこー、なんて思ってきたんです。

ここんところ、自分の生き方や、価値観やらがかわってきたなーと、秋の空を見上げては、にこにこしながら思います。

higurashizoshiさんのお母さんのデニッシュに近いものがいつか作れるといいですね。
タタちゃんや、ミミちゃんにとってのお母さんのデニッシュが生まれる日が、いつかきっと。

それにしても母の思い出って、他の方の話を伺っても、思いきり、きゅんとなるね。


Commented by higurashizoshi at 2008-10-25 20:19
そうだったんですか、マッシーさんもおうち生活が中心になって、
すこし変わってきたんですね。
秋空をあおいでにこにこしてるマッシーさんを思い浮かべました。
(まだ会ったことないけど…ね)

私も昔、子どもたちを保育園にあずけて働いてたころとは別人の
ような暮らし。おまけに家から出られない日々のなか、なんだか
不思議な経緯でいろいろと楽しむようになったんですよねえ…
人生、わからないもんです。

パン、作ってみて、あんまり気持ちよかったので、しばらくいろいろ
作っていこうと思ってます。
母のデニッシュではなく、私のデニッシュがその先に見えてくる、
かな…?
ありがとう、マッシーさん!
Commented by 琥珀 at 2008-10-26 10:37 x
higurashizoshiさん、お久しぶりです
私自身はパン作りはしたことがないのですが、この6月頃から
娘がよくパンを焼くようになって、何だか楽しそうなんです
小さい時の粘土遊びと似た感覚なのじゃないかな?
やわらかい暖かいものに触っていると気持ちが落ち着く…
私はとんとそういうことがなくて、だから気持ちがとげとげしちゃってるのかな…って。


娘もなぜ作りたくなったのか本人に聞いたことはないけれど
higurashizoshiさんと同じに彼女のなかで何かが変わったのでしょう。
部屋の掃除を引っ越して初めてしたり、動きたい気持ちが出てきたみたい。

higurashizoshiさんのお母さんの思い出、うらやましく
でもあたたかい気持ちで読ませていただきました
わたしには、母にまつわるあたたかい思い出ってないけど
その分おばあちゃんが愛してくれたから、わたしは生きていられる。
母親に愛されて育つ
その当たり前のしあわせが、どの子にもありますようにと
願わずにはいられません。

話がパン作りと離れちゃってごめんなさい
では、また…
Commented by hinata at 2008-10-27 00:12 x
higurashizoshiさんのお母さんのデニッシュ食べたくなっちゃいました。
私の母もパン焼いてました。丸いの一杯入れて焼いたちぎりパンとか、いつもボコボコになっちゃうと言っていた肉まんとか思い出しました。
作るまでは時間がかかるんだけど、焼きあがったとたんに食べちゃって、次はまだ~なんて言っていた様な…
息子に、作ってよ~といわれているのですが、時間の段取りとかいろいろ考えると、なんだか面倒になってしまって。
始めてしまうと、意外と楽しく出来るんですけどね~

higurashizoshiさんの初めてのパン、美味しそう~私も作ってみようかな~
Commented by higurashizoshi at 2008-10-27 13:03
琥珀さん、こんにちは。
娘さんのパン作り、なんだかいい感じですね。うれしいですね。

ふつうの料理とはちがう、発酵の《生きている》あたたかい感覚が
私はすごく新鮮だったんですよ。
ちょっとね、子どもがまだちっちゃくてほわほわだったころの肌の
ぬくもりとか、思い出してしまいました。

琥珀さんには、おばあちゃんとの大切な思い出があるんですね。
私の母は、親を早くになくした人なので、わが子にはさびしさを
味わわせまいと一生懸命だった気もします。
自分は母親になって、どれだけ子どもに伝えていられるか、こころもとない
ですけど。。。
Commented by higurashizoshi at 2008-10-27 13:12
hinataさんにもパンの思い出があるんですね。
そうそう、子どもの側は、作る苦労はあんまり考えず、すぐ食べちゃって
また作って! って気軽に言うんですよね~
でもそうやっていられることが幸せってことなのかもね。
そんな瞬間は時がたっても、きっと心の底にゆたかに残っていくから。

パンはたしかに、時間がたっぷりないとできませんね~。
今の私の生活、時間だけはぜいたくにいっぱいあるので、それを使って。
作りたいな、と感じたときが作りどきなんでしょうね。
お料理じょうずのhinataさんの焼いたパン見てみたいなー。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:06
こんにちは。 今回の4..
by Disney 鴨 at 14:58
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:40
こんにちは。 アメリカ..
by Disney 鴨 at 15:39
Desney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:06
こんばんは。 今回は、..
by Disney 鴨 at 19:43
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:16
こんばんは。 今回の全..
by Disney 鴨 at 20:15
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 10:31
あけましておめでとうござ..
by Disney 鴨 at 21:35
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧