ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ミミ11歳になる

この一週間ちょっとの間には、かなり公式のお出かけが一件あり、タタを筆頭に疲れはて(でも行けてよかった)、疲れをいやしているうちにミミの11歳の誕生日がやってきた。

ハロウィンが誕生日というのが、ミミはちょっぴり自慢。でも私はミミが生まれるまで、ハロウィンがいつなのかすら知らなかった。
ミミが生まれて、電話で友だちに「31日に生まれたよ」と知らせたとき、「わあ、ハロウィンだね!」と言われて「ほー、そうなのか」と思ったくらいだ。で、それはなにをする日なの? と思いながら…。(今ではちゃんと知っていますよ)

さて誕生日当日の昨日は、ミミはコトブキとコトブキ母と3人でプレゼントの買物に。留守番のタタと私、めずらしく2人で昼食をたべた。
「そろそろ生まれる! ってころ?」と、時計を見ながらタタが言う。
11年前の今日のことを言っているのだ。
「そやね。今ごろ、お風呂わかしてもらってたぐらいかなぁ」
と、私も時計を見上げて答える。
ミミは、助産院の小さなお風呂の湯船の中で生まれた。
その様子を、コトブキに抱き上げられた2歳半のタタはじっと見ていた。
ミミが湯船からぽっかり上がってきた、その瞬間の記憶は、はっきり残っているそうだ。
人間はどの時点から口呼吸をはじめるのか、というような話になって、お湯の中に生まれ出た時点では、ミミはまだ呼吸してなかった…と話すとタタはちょっとびっくりしていた。

お湯から抱きあげて、腕の中にそっとくるんでも、ミミはまだ眼も口もつぶって、しーんとしていた。そのときのミミの顔はなんともおだやかだった。
あれ、泣かないな…と思った次の瞬間、ミミは「ふぇーん」と気の抜けるような声で、ひと声だけ泣いた。それが、ミミの初めての口呼吸。
ちいさなちいさなミミを抱いてお風呂を出ると、明るい秋晴れのお昼すぎの陽光が、部屋いっぱいに射しこんでいた。

さて、コトブキと帰ってきたミミは、「8割ぐらいだった」と言う。
ミミの所望したプレゼントは、「撮影用の各種材料」という超・実用的なもの。いろんな紙やら布やら針金やらを何日も前から考えてリストにし、遠慮せずまとめ買いできるスペシャルデーとして楽しみに今日を待っていたのだ。その成果が8割くらいだったという。それでも十分ミミは満足そう。

d0153627_15382931.jpg写真は、おまけのプレゼントとしてコトブキからロバート・サブダの『ナルニア国物語』のポップアップ絵本。これはミミのリクエストだったそうで、以前私の友だちが『不思議の国のアリス』を贈ってくれて以来、ミミはサブダの超絶ポップアップに夢中なのだ。
それと、私がネットで買っておいた『ベーロチカとタマーロチカのおはなし』。ミミが以前、何度も図書館で借りていたお気に入り。ロシアのふたり姉妹の子どもの、なんともほほえましいお話なんだけど、このふたりの性格がタタとミミにそっくりで笑ってしまう。
そして小さなくまは、タタの手作りプレゼント。前に私に作ってくれたくまの「子分」なんだそうだ。

ミミは幼いころ大病から生還したこともあって、毎年誕生日は「よく元気で生きててくれた」と心から思う。
最近は私よりしっかりしてるぐらいで、なんだかすごく大人なミミが、バースデーケーキの火を一気に吹き消した。
[PR]
by higurashizoshi | 2008-11-02 15:55 | 雑感 | Comments(16)
Commented by m at 2008-11-04 12:37 x
ミミちゃんの、お誕生日、おめでとうございました(^O^)

2歳半だったのに、タタちゃん、ミミちゃんが生まれたときの記憶が、はっきり残っているのですね。

呼吸のこと、私も、つい先日ふと考えたりしていました。
呼吸の方法が変わるって、劇的なすごい変化だな~って。
それで、赤ちゃんって、生まれたばかりのころは、疲れて昏々と眠っているのかな~なんて・・・

話がそれてしまいました・・
ミミちゃん、素敵なプレゼントで、よかったですね^^
タタちゃんの手作りのくまさんも、とってもかわいいですね。

ほんとうに子どもの誕生日って、子どもにとっては、もちろん。
親にとっても、しみじみと特別な日ですよね。

おめでとうございます!


Commented by teru at 2008-11-04 18:57 x
ごぶさたです!

ミミちゃん、お誕生日おめでとうございます!

ウチのジュニアも、水中出産なんですよ~。泣き声がせず、一瞬遅れて、ふえ~んって泣くのは、衝撃が、子宮から急激に、外界っていうショックと、暖かい水中を通ってのゆるーい変化の違いって聞いたような気がしますが、ミミちゃんもそうだったんですね~。

とってもステキなお誕生日でしたねえ。。

Commented by hinata at 2008-11-04 21:36 x
ミミちゃんお誕生日おめでとうございます。
自分の生まれた日が何か特別の日というのはうれしいものですよね。
タタちゃんはミミちゃんのうまれた瞬間覚えているんですね、うちの息子は覚ええいるのかわからないけれど、産まれてへその緒がついたままのご対面の写真のうれしいような、戸惑ったような顔を見ると、どんな気持ちだったのかな~と思います。
誕生日って、生まれた時の幸せな気分をもう一度確認出来たりしていいものですね。

ミミちゃんのプレゼントも願いがかなって良かったですね、まだまだ撮影は進行形なんですね、すごいな~がんばってね。
Commented by higurashizoshi at 2008-11-04 21:53
mさんは、まだほやほやの赤ちゃんがそばにいるのですよね。
口呼吸するようになったときの記憶、きっと残っているんだろうな~。
聞けるものなら聞いてみたいですね。

タタの作ったくま、ほめてくれてありがとうございます。
ふだん縫い物をしないタタですが、誰かの誕生日なんかにはちょっと
がんばってくれるんですよね。
ミミはもう、さっそくバンバン衣装作りにはげんでいます。

誕生日は感謝の日だなあ…とちかごろしみじみと思います。
Commented by higurashizoshi at 2008-11-04 21:59
teruさん、ここではおひさしぶり。ありがとう!

ジュニアちゃんも水の中で生まれた子だったんですね。teruさんらしい!
ミミの場合は特にそういう予定ではなかったんだけど、なんか急にお風呂に
入りたくなって、入ったらすんなりそこで生まれちゃったんですよ。
うん、やっぱり、母体から出たときの急激な変化がないぶん、赤ちゃんは
おだやかでいられるんですねー。
そういうの、その子の無意識のなかに残っていくものなんだろうな、と
思ったりします。
Commented by higurashizoshi at 2008-11-04 22:07
hinataさん、ありがとう~
息子くんはほんと、どんな気持ちで出産を見つめていたんでしょうね。
きっとhinataさんのお産も、あったかいすてきなお産だったんですね。

ミミの撮影ですが、しばらく途切れてほかのことに熱中していて、
最近まためきめきとやる気になってきたようです。
誕生日に材料をゲットして以来、ミミ工房では新しい衣装がまた次々と
生まれています。。。ふたたび私の時間がうばわれる日も近い…?
Commented by ロックマン at 2008-11-05 17:24 x
遅くなりましたが、ミミちゃんお誕生日おめでとう♪
子どもとって、お誕生日は特別な日ですね。
うちの娘なんて、もう3か月くらい前から、プレゼントを含めて誕生日を楽しみにしてますよ~
いちど親戚の結婚式の日と重なって、それと一緒にうやむやなお祝いになったら「こんな誕生日じゃイヤ!」って、ぷんぷんでした。

撮影は、どうしたんかな?と思ってました。
休息をはさんで、さらに突き進みそうな勢い?
厳しい監督の助手さんは、大変ですね~
新しいドレス、楽しみです。

ナルニアのポッブアップ絵本。本屋で見かけました!すごいね。あれ。
Commented by マッシー at 2008-11-05 20:53 x
ミミちゃんお誕生日おめでとうございます。
ミミちゃんの誕生の話はいいお話ですね。生むという行為。命の不思議さ。タタちゃんの気持ち。いろんなものがその日の空気の中に混じり合って立ち上っているかんじがします。
それを1年ごとになぞるかのような家族のあたたかさが実に伝わってくる誕生日!

そしてそして撮影はまだまだ続く…んですね。やった!楽しみにしてたんだ。
Commented by higurashizoshi at 2008-11-06 12:42
ロックマンさん、ありがとう!
そうね、私も子どものころ誕生日はほんと特別だったなー。
その日だけは母におこられなかったし、言うこと聞いてもらえたからそれが一番
うれしかったかも…?
娘さん、ガッチャンしちゃったその誕生日はくやしかったでしょうねー。
そんな思い出も、楽しい誕生日を重ねていくうちに、なつかしく変わっていくのかも
しれないけど…ね。

撮影は今、本格的再開の手前くらいですかね。
もう監督さらに完璧主義になってきてて、前に撮ったシーンも納得できないとこは
撮り直しだ! なんて言っていますわ。怖ろしい。。。

サブダのポップアップは、度肝を抜かれるでしょ~
私自身は絵の好みとしては(色使いとかも)ちょっとずれてるんだけど、
とにかくあの技術はすごい!
Commented by higurashizoshi at 2008-11-06 12:42
マッシーさん、ありがとう~
ミミの出産は晴天の日の真昼間だったこともあって、とにかく明るくて心地いい、
充実した感じの思い出なんですよね。
子どもが生きて、成長してくれてるからこそ、こうして楽しく思い返すことが
できるんだなあと…
すごくそう思います。

撮影のその後、楽しみにしててくれたんですね。
またここで写真とかアップできたらいいなと思ってますので、気長に
待っててくださいね~
Commented by mii3 at 2008-11-06 22:00 x
ミミちゃん、お誕生日おめでとうございます。

撮影材料をプレゼントにチョイスするなんて、はまってますね~
それに、納得できないとこは取り直しだ!なんて、アシスタントさんも大変ですね。

タタちゃんは、ミミちゃんのお誕生を覚えているのですね。
うちも2歳3か月違いの姉妹ですが、長女は覚えていますよ。
おばあちゃん(私の母)と、毎日車に乗って病院に来てくれました。
「やたら、車の中でおばあちゃんと童謡を歌いながら行ってたんだよね」って。
私の傍から片時も離れない長女でしたが、入院して離れ離れに過ごした1週間、涙ひとつ見せずに留守番してくれたのは、ビックリでした。

いつも忘れちゃって。。。リンクさせてもらいますね。
Commented by higurashizoshi at 2008-11-07 22:34
mii3さん、ありがとう!

娘さんたち2歳3ヶ月違い…うちは2歳7ヶ月違い…
うーん覚えてるもんなんですね、特別な記憶って。
タタは私が陣痛中がんばってる間、その隣の部屋で機関車トーマスの
おもちゃで遊んでたのもはっきり覚えてるそうです。
「おかあさんががんばってたときにトーマス…あんまりだよね」と
自分で突っ込んでますが、なんたってまだ2歳だったんだもんねえ。

長女ちゃん、何か大きな事態だってことは幼くても感じて、けなげに
がんばってくれたんですね。タタも、母親なしで寝られるのだろーか?
と心配したのはこっちだけで…しっかりしてたなあ。

リンク、どうぞよろしくです。
そうだ、ここもリンクのやり方を調べてみなさんとリンクできるように
しなくっちゃと思いつつ時が過ぎてました! なんとかやってみよう。。。
Commented by くれない at 2008-11-08 02:23 x
わあ、上の子が立ち会った出産した人案外いるんですねえ!
実はうちも。
3人目の末っ子のときは、杉並の助産院で、「サザエさんがみたいの~!」と言う子のため、小型テレビごと2人の子を連れて行きました。

覚えてるのは、3歳の娘が分娩台の周りをぐるぐる回っていたことです。
助産婦さんが子どもたちに、胎盤を見せて説明してくれていたようです。

ところで、朝日新聞の土曜版にピロスマニのこと出てましたよ。
「百万本のバラ」って歌は、ピロスマニを題材にしていたのですね。
知らなかった! 
なんだか、今また、時代がピロスマニを求めているような気がします。
Commented by higurashizoshi at 2008-11-08 11:51
くれないさんちもお仲間でしたか!
しかも「杉並の助産院」っていうのにピピピ…
うちも杉並区内の助産院でしたよー。もしかして同じところだったりして?
《F助産院》です、って固有名詞出してもいいのかもしれないけどいちおう
イニシャルで。あ、でも分娩台というのはなかったような…

サザエさんのためにテレビまで持ち込んで!
上の子いると、いろいろドタバタになってたいへんだけど、あとになると
ほんと面白い思い出ですよね。

朝日の土曜版、私も見つけました! 朝から感動してました。
マルガリータがおばあさんになって、パリのピロスマニの個展に現れた
エピソードにはびっくり。本当に本人だったのかはわからないけど、
なんだか夢のある話だなあと。
ほんとに、今の時代、ふたたびピロスマニがみんなの心をとらえるのは
自然なことのような気がしますね。
Commented by くれない at 2008-11-10 10:35 x
うふふ
やっぱりそうですか。
ふぁんさんですよ~
S山先生にお世話になりました。
うちは、もう16年も前のことです。
5月3日だったので、その2日あと、すぐそばの交通公園から、「こいのぼり」のメロディが流れてきたのを覚えています。
なんだか、民宿で子ども生んじゃったって雰囲気でしたね。

その後、工事していて「水中出産できるようにします」ときいいていたので。
そこまで考えてなかったので、うらやましいなあ。
Commented by higurashizoshi at 2008-11-10 20:35
わおっ。ビンゴでしたね~
S山先生なつかしいです。あったかく、包むような安心感をくれる先生で、
初めてお会いしたとき感動したのを憶えてます。
タタのときもここでお産したので、うちは二度お世話になりました。
民宿…ほんとそんな感じで、アットホームで食事がおいしかったなー。

こんなところでもつながっていたとは、なんだか縁を感じます!

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 14:59
いやー、楽しかったです南..
by bikegogoy at 22:38
伝わってきます。なんてい..
by まにまに at 10:40
まにまにさん 読んでく..
by higurashizoshi at 22:45
先輩、すごい旅をしたんだね。
by まにまに at 18:27
おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ