ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近読んでる/読んだ本

d0153627_18314175.jpg『旅』 2009年5月号

ブータンに行きたい。
行けないけど。
最近ずっとそう思っていたら、こんな特集の雑誌を発見、迷わず購入。
若干、ミーハーぽい編集だけど、そこもまあ気楽でよしとして。
写真がなかなか綺麗で、特に風景だけでなく私がいつも目がいく現地の食べもの情報がいろいろ載っているのがうれしい。あと、ブータンの織物のうつくしいこと。砂絵で描かれた曼荼羅など、興味深い写真も数々ある。
今、世界で一番幸福な国、ということで聖地あつかいされているブータン、観光に訪れる外国人のためのホテル建設ラッシュだという。すこし心配になる。
この雑誌、はじめて買ったけれど、いろんな雑誌があるものだなと思う。ブータンに旅する気分をほんのちょっと味わいながら、何度もながめている。


d0153627_2153631.jpg『アストル・ピアソラ 闘うタンゴ』
斎藤充正著 青土社
 
ピアソラを聴きながら読むピアソラ。
そもそもは、私の好きなフィギュアスケートの鈴木明子選手がピアソラの曲で滑っているのを見ながら、ちゃんと聴いてみたいなと思ったのがきっかけ。
CDを買って、それから図書館でこの本を借りてきた。
アルゼンチンタンゴの革命児、なんてふれこみだけは知っていても、そもそもアルゼンチンという国もタンゴという音楽もろくにわかってない私。この大部な伝記本、ものすごく詳細な資料がつまっていて、マニアにはすばらしいものだろうけど私にはほとんどのところがチンプンカンプン。
ほーピアソラはイタリア移民の子だったのね。子ども時代はニューヨークで相当な不良だったんだ。アルゼンチンタンゴなんか嫌いだったのに、お父さんがむりやりバンドネオンを買い与えて先生をつけちゃったんだ…。そのお父さんが亡くなった知らせを聞いて作った曲が「アディオス・ノニーノ」。うつくしくて、意外に悲しさを感じさせない曲だ。
《ブエノスアイレスの四季》というシリーズがすばらしいと思う。本のほうはすっかり拾い読みになりながら耳を傾けるピアソラ。


d0153627_214956.jpg『宮尾本 平家物語』
宮尾登美子著 朝日新聞社

保元の乱でとまったままの、私の平家物語。
タタが最近歴史好きでこの全4巻をまたたくまに通読、関連の本など借りては読んで、平家・源氏の系統図もすっかり頭に入ってるという状態。歴史オンチの私ではまったく話し相手がつとまらず、これは一発学びなおそうとタタ師匠のあとをついていくことにしたのだ。これまで何度も平家物語は挫折して、読み通したことがない私。この宮尾登美子さんの現代語版(訳ではない)はたいへん読みやすくて、最初はスイスイいっていたんだけれど…。
物語が戦いの時期にはいったとたん、誰が誰の味方やら、何をしてるのやら、いきなりわからなくなった。なんとか乗り越えて先に進まねば、まだ清盛は若いパパのままだ…。


d0153627_21441280.jpg『道遠くとも―弁護士・相磯まつ江』
川口和正著 コモンズ

85歳の現役女性弁護士、そのエネルギッシュな人生をたどった本。
女性だからと高等教育を受けさせてもらえず、婚家先では人間扱いされない《嫁》の地獄を経験、離縁。再婚して子どもをもうけたものの、またも《嫁》いびりの末にわが子を置いて離婚。身ひとつで必死の努力を重ね、30歳をすぎて弁護士になった相磯まつ江さんの弁護士生活は弱者を守る意志に貫かれていて、すがすがしい。ジェットコースターのような人生を走り続けてきた記述に、すごい人がいるもんだと感服。砂川闘争、朝日訴訟など、名前しか知らなかった事件や裁判についてもいろいろ知ることができた。
著者は私の東京時代の知人で、彼の人柄そのままに文章も平明でわかりやすい労作。エネルギーをもらえる一冊だった。


d0153627_21403499.jpg『ぼくと1ルピーの神様』
ヴィカス・スワラップ著・子安亜弥訳 ランダムハウス講談社文庫

インドのスラム街育ちの孤児の少年が、クイズ番組に出て次々と難問に正解、巨額の賞金を得た。いかさまを疑われ拘束された彼は、それまでの18年の生涯を語り始める。クイズに正解できたのは、すべて彼の経験した数奇な運命のおかげだった…。
過酷すぎるインドの貧しい階層の現実を描きつつ、パズルのピースがぴたり、ぴたりとはまっていくような高いエンターテインメント性。いささかパズルがはまりすぎ、と感じるのは、著者がインドの上流階層出身の外交官で、イギリス駐在中に英語で書き英語で出版されたという経緯を知ってなんとなく納得。
主人公の少年に、機知と勇気だけでなく、人間に対する思いやりの心が生きているところが救いだなぁ。イギリスのダニー・ボイル監督で映画化(『スラムドッグ$ミリオネア』)され、今年のアカデミー賞を総なめした。映画のほうも早く観てみたい。
[PR]
by higurashizoshi | 2009-03-31 21:57 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(4)
Commented by hinata at 2009-04-01 23:35 x
ブータン、私も前から気になってます。
近くにいろんな国の民族衣装を着れる所があるのだけれど、
これ気になるな~と思ったら、ブータンの男の人の衣装でした。
重いのだけれど、しっかり織られている感じが良いですね。
今人気なんですね、普通の人は行けないところなのかと思ってました(^u^)
雑誌見てみます~

スラムドッグ&ミリオネア原作も気になります。
タタちゃんは歴史に興味があるんですね。
子供の興味についていくために親もいろいろ勉強になりますね、
子どもにはなかなか追いつけませんけど^m^


Commented by higurashizoshi at 2009-04-03 23:56
hinataさん
ほおお~すてきなところが近くにあるんですね。
ブータンの服、ほんものを見てみたいです。
いちおう日本からツアーも出ているみたいですよ、
最近はブータンの農家にホームステイもできるらしい…
(やってみたい)

そうそう、子どもが興味もつとすごいですね。
汗かき汗かきついていくのもまた楽しい。
親も世界がまた広がるってものです。
「スラムドッグ」はもうすぐ映画公開ですね。
映画館で観てみたいな~。
Commented by かっぴょん at 2009-04-05 22:22 x
へー、今ブータンは、観光客が押し寄せているんですね。
わたしがネパールに通っていた頃、お隣の国ブータンは秘境と言われ、なかなか旅行できない状況でした。
その頃は、チベットのラサが、今のブータンのような憧れでした。

音楽、わたしは、ジャンルや歌手にこだわらないで、曲が好きか嫌いかで聞くタイプ。
ラテン系の曲は好きだから、かなり聞いてると思うんだけど、曲と曲名や歌手が、まったく一致しません。
ビアソラの名前、知ってるけど、やっぱり曲がわからない・・・


「僕と1ルピーの神様」これは、原作を先に読んだ方がいいかな~とわたしは思いました。
作者が外交官と、かなり上流階級ひとだから、ちょっと「うまい偶然がハマりすぎのご都合主義」って思うところありました。
でも、そういう部分を差し引いても、おもしろかったです。
うちの娘は「インドのことって、今までぜんぜん知らなかった」とある意味、ショックを受けてました。
もうじき公開の映画が、わたしも楽しみです。
(でも、映画館で見られるのか、かなり怪しい)
Commented by higurashizoshi at 2009-04-07 23:06
かっぴょんさん
「わたしがネパールに通っていた頃」とさりげなく書いてあるところが、
かっちょいーです。
かっぴょんさん、世界いろんなところに行ってきたんだなあ。
そういえば昔、ラサに行った友だちがいて、それがどんなにすごいことか
力説され、当時の私は何の知識もなくふーんと聞いてたのを思い出しました。
ブータンも観光で行けるようになったのは、まだまだ最近みたいです。

ピアソラ、いいですよ。伝統的なアルゼンチンタンゴをかなり壊すような
ことをした人らしく、ライブなど特におもしろいです。
私もジャンルで聴くことはないので、ちょっと耳に残るものをたぐり寄せたり
して「好き」を見つけることが多いです。

『ぼくと1ルピーの神様』は、そうですね、お話があまりに出来すぎてて
そんなはずないやろ!? の連続なのに読ませてしまう面白さがありますねー。
タタもかっぴょんさんちと同様、これを読んで、インドの貧しい子どもたちの
ことを少し知ってかなりショックを受けたみたいでした。
この前新聞で見たんだけど、著者は外交官として今年から日本駐在になるそうですよ。

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 23:49
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:03
bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 14:59
いやー、楽しかったです南..
by bikegogoy at 22:38
伝わってきます。なんてい..
by まにまに at 10:40
まにまにさん 読んでく..
by higurashizoshi at 22:45
先輩、すごい旅をしたんだね。
by まにまに at 18:27
おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ

画像一覧