ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

池に落ちた椿の花

今日、新聞を開いたら一枚のカラー写真が眼に入った。
真っ赤な椿の花が一輪、水辺に落ちて朽ちかけているのを、真上から大きくとらえた写真だ。
腐りかけ、黒ずんだ花弁の端と、濡れて鮮やかな色を発する花の中心の対比。ぱっと心をつかまれるようなみずみずしい印象だった。
日雇い仕事をしながら全国を放浪して写真を撮ってきた、《ふせ直樹》という人の作品だと書いてある。収入のほとんどをカメラ機材や撮影のために使い、ネットカフェ泊や野宿をしながら各地をめぐり、ひたすら撮影をしてきたそうだ。
去年、撮りためた作品を東京の芸大に持ち込んで見てもらったところ、《講師に作品を酷評され、周囲にいた学生にも笑われた。》
絶望してさまよい、最後にもう一度だけという思いで「アサヒカメラ」編集部を訪ねたところ、作品を担当者に激賞されて、いきなり14枚もの彼の写真が8ページにわたり「アサヒカメラ」10月号に掲載され、写真家としてデビューした。個展の予定も決まった。今は京都に定住して作品を撮り続けているという。

記事を読み終わって、つくづく考えた。
もし、その担当者が彼の写真をよいと思わなかったら、きっと彼の写真は世に出ることもなく、誰にも見られないまま終わっていたのだろう。絶望のあまり、撮ることすらやめてしまったかもしれない。
そして、
芸大では酷評され、笑われた。
写真専門誌の担当者は、作品を見たとたん、異例の扱いで掲載した。
これってどういうことなのだろう。単に、評価する眼のちがい、指向のちがいなのだろうか。
芸術をつきつめる人にとって、作品は自分の命と同価といっていい。だからそれを否定されることは自分の生を否定されること。
これは推測に過ぎないけれど、芸大というエリート集団の中に、たぶんみすぼらしい身なりで、学生よりはるかに年をくった素人が接触してきた。作品そのものより、そのありかたに軽蔑的な評価がされたのではないのだろうか。

芸術の世界は過酷だ。たたきのめされることもあって当然で、そこからまた這い出す力がなければやっていけないだろう。
でも、それは純粋に芸術としての評価でなければならない。
どんな出会いがあり、何を求められる場にかかわるかで、その人の作品の評価は天と地ほども変わる。
時代に合わないと放り出された作品が、後世では至高の名作になったりもする。本人がもうこの世にいなくなったあとに。

幸運な出会いからチャンスをつかんだ写真家の撮った、池に落ちた椿の花。
誰も目をとめない、朽ちた花の時間を鮮やかにとどめる写真。
大手写真誌に掲載された彼の作品を見て、それらをあざ笑った人たちはどう思ったのだろうか。
[PR]
by higurashizoshi | 2009-04-18 15:05 | 雑感 | Comments(2)
Commented by つち at 2009-04-24 22:01 x
リンクを開いたら、想像よりもはるかに衝撃的な椿の写真でした。

お兄さんも、ええ顔してはりまんな~。
Commented by higurashizoshi at 2009-04-25 13:32
つちさん
そうですね、初々しいんだけどちょっと鬼気迫るものもある写真で。
こういうふうにスポットが当たる人は、たくさん才能と努力を携えた
人たちの中の、ごくごくひと握り。幸運を生かして、よい作品を
発表していってほしいなーと思います。

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 15:28
こんにちは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 14:45
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:20
こんばんは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 20:54
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:06

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ