ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

チームチャレンジカップ終了&アイスレジェンド

いや~チームチャレンジカップ2日目、宇野昌磨選手がフリーでも4回転フリップ成功ですよ!
私、ショートのあとのインタビューをぼーっと聞いてたのでわかってなかったんですけど、《明日のフリーでもクワドフリップ入れます》ってこと言ってたんですね、ショーマさん。来季の話とばかり思ってたので、昨日のフリー観て「ぬお?」となりました。
しかも今朝放映されたエキシビションで小耳にはさんだら、なんとあの涙のワールド後に帰国して、クワドループの練習中に《気分転換のため》にクワドフリップを跳んでみたら一回で成功したので、今回入れてみたとのこと。「入れてみた」ってジャンプじゃないでしょう! 史上初やっちゅうねん。しかも2日続けて成功って、どーなっとるんだこの人は。
d0153627_14283981.jpg

いまだに今大会の成績が公式記録になるのかどうか私にはよくわからないのですが、フリーの得点は192.92。フリップは降りたものの、ほかのジャンプも含め着氷乱れなどが若干あり、それでもこれだけの得点を出せるというのは、すでにジャッジを完全にわしづかんでます。
(世界初から二つ目の4回転フリップ入り、フリー動画はこちら

今回、これにて今季終了ということで、イベント的な大会ながら各選手それぞれに気合が入っていて見ごたえある演技の連続でした。得点もてんこ盛りだ~!
そして急ごしらえのチームとはいえ、アジアチームも含めていろいろな国が入り混じった選手たちが楽しそうに交流しつつ応援する様子には心なごみました。

そして、やっぱりやられたジェイソンに。
ケガから復帰したジェイソン・ブラウン選手、初見のショートもすばらしかったのですが、スケートアメリカ以来見られなくなって残念でたまらなかった今季フリープログラム「愛の香気(『ピアノレッスン』より)」を、シーズン最後の最後でついに観ることができました。ジャンプも安定し、ケガ前よりもさらに情感深く美しい演技になっていて、観終わって言葉がない感じ。
d0153627_14425560.jpg

オフアイスではとっても陽気でラブリーな雰囲気のジェイソン。今回の演技を観て、この人はきっと心の中に哀しみを持っている、少なくとも深い哀しみや慈しみというものを理解し表現する何かを持っている人なんじゃないかな…と勝手に想像しました。
(ジェイソンの今回のフリー動画こちらです。ぜひ!)


さらに、昨日は宮原知子選手の今季最後のフリー「ため息」にも、まさにため息でした!
シーズン当初は《初恋》というテーマを一生懸命に演じてみせている、という感じの知子ちゃんでしたが、ワールドも終わり、いい意味で余分な力が抜けたのか、昨日は「おや?」と思うほど自然でやわらかな表情が演技冒頭から最後まで続きました。ああ、大人になったな!と実感。自己ベストも更新!
盤石のノーミス(回転不足やエッジエラーを取られることはときどきあったけど)を貫いた今季の彼女。その結果は、どれほどの努力に裏打ちされていることでしょう。ほんとうにほんとうにすごい選手です。

ミスしないといえば、ロシアのメドベージェワ選手も今回も無敵なり! 
彼女は16歳という年齢を考えると、来季あたりに体型変化の波が来るかもしれないので、スムーズにそこを乗り切れたらいいなあと思います。
あと地上波放映で残念だったのは、せっかくペアで日本の代表として須藤澄玲&フランシス・ブードロオデ組が出場していたのに、演技どころか放映中に名前すら出てこなかったこと(私の記憶では)。 カップル競技はまるで存在しなかったかのごとく、というのは地上波放映ではよくあることですが、せめて日本からの出場選手としてちゃんと紹介してほしいよなあ…と思いました。



さて、昨日はチームチャレンジカップのあと、夜にはBS1でスイスのアイスショー「アイスレジェンド」が放映されました。

ステファン・ランビエールさん主宰のこのアイスショー、一日限りで厳選されたスケーターたちがオリジナルプログラムを含めてたっぷりと演技を見せるという、なんともぜいたくな企画です。
すでにポスターからして、ランビ色の世界。
d0153627_14313753.png

で、ここに浅田真央選手と高橋大輔さんが出演していたからBS1でのすばやい放映となったわけですね。
真央さん、なんとヨーロッパのショーに出るのは初めてだったそうで、いろんな刺激を受けたとか。
ランビ様はランビ色に舞い滑っておられ、ピアノソロの演奏がまたすばらしく、スケーターのチョイス含め実に高貴なアイスショーとなってました。
休養中だったのがまさかの来季復帰を宣言したバンクーバーの金メダルカップル、バーチュー&モイア組のひさびさのカルメン。ここで見られるとはうれしい。さすがに競技復帰に向けて気合入ってる!
あと、絶賛応援中のラトビアのデニス・ヴァシリエフスくんも出てました。彼、かなり将来を見込まれてるとみえる。そして忘れちゃならないデニス・テン選手のほれぼれするようなスタイリッシュなプログラム、気迫がすごい。
感動したのは、しばらく出場停止処分を受けていたカロリーナ・コストナー選手をひさしぶりに見られたこと。しかも美神のごとき演技! 来季は彼女も競技に復帰するそうで、実に楽しみです。

で、大ちゃんですが、「ラクリモーサ」やりました。最初に観たときよりプログラムの咀嚼において、ぐっと深みが増したように感じます。
d0153627_14311944.jpg

インタビューも入った演技動画はこちらです。(いつもながら動画をすばやく上げてくださる方たちに心から感謝です!)

大ちゃん、ランビ様のご指名でトリにマンボ! そしてそのままエンディングへと、最後はスケーター全員でマンボ大会。大ちゃんはちょっと緊張ぎみだったのか、わりとお行儀のいいマンボでしたが、でも感慨ひとしおだったなー。スイスのお客さんもとっても楽しそうでした。

あとスペシャルおまけとして、公演後に現地での真央さん&大ちゃんの対談が放映されていたのですが、この内容が濃かった。今回の「アイスレジェンド」に参加してみて「アイスショーいいよね、やりたいよね」という流れの話で盛り上がる二人。
やりたい、というのはつまり、立ち上げるということで? 夢物語レベルでも、そういうのってありうるの? 
いつか大ちゃんが中心になって、日本にこれまでなかったアイスショーを作ってくれたらなあと夢想している私としては、聞き逃せない話だったわけで。
そんな掘り出し物的なことも含め、BS1グッジョブな昨夜でした。
[PR]
by higurashizoshi | 2016-04-25 14:46 | フィギュアスケート | Comments(4)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 15:28
こんにちは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 14:45
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:20
こんばんは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 20:54
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:06

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ