ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:観る・読む・書く・聴く( 108 )

ポリス インサイド・アウト

生れてはじめて買ったCDはスティング「Nothing like the sun」だった。
そのとき、ただCDってものを買ってみたくて店に行ったのだった。
で、目にとまった一枚のカバー写真のスティングがすごくかっこよかったので、中身も知らずに買った。

d0153627_22212445.jpgそんな偶然からスティングのファンになり、さかのぼってポリスも聴くようになった。
といっても、そのときすでにポリスというバンドは実質的には消滅していた。
ベース&ボーカルのスティングがソロになってヒットを飛ばし、ギターのアンディ・サマーズ、ドラムスのスチュワート・コープランドはそれぞれ写真や映画音楽の世界へ去っていた。
あーこんなすごいバンド、なんで現役のときに聴かなかったんだろう?と後悔したけど、まあもとから音楽オンチなのでしかたがない。
ポリスのライブ映像はけっこう見たけど、とにかくメチャクチャかっこいい。曲も今でも少しも古さを感じない。ほんとうに時代の先の先を行ってたバンドなんだなと思う。

その後スティングの来日コンサートには行ったし、新しく出るたびアルバムも買った。ポリスのアルバムもだいたいそろえて、どっちもよく聴いていた。
でも、近年のスティングの楽曲にそんなに魅力を感じなくなったというのもあって、気がつくといつしか遠ざかっていた。

ポリスが再結成、という話題も、「ふーん」と聞いた。
だいたい、バンド再結成ばやりだけど、今さらねえ?という気持ちになることが多い。
失われた過去を、オジサンになったロッカーが集まって再現しようというのに、あまり共感できない。
なんてうそぶいてたわりには、再結成したポリスが来日、大阪公演もあり、という記事を見て、思わず新聞を裏返したりして。
「行けるわけないやん…」と心の中でつぶやいてたりして。

まあ大阪公演はともかく、ではこれはやっぱり観ないとね、と思ってコトブキに借りてきてもらった「ポリス インサイド・アウト」(2006年)。
ドラムスのスチュワート・コープランドが自分のビデオカメラで撮りためた、ポリス現役当時の映像を編集した映画だ。
結成直後の78年ごろから84年の活動停止までの映像だから、どうしてまたこんなに時間がたってから映画にしたのだろう?
これが映画になって公開されることがきっかけで再結成が実現したとかいう話も聞いた。

まったくの素人カメラ、機材も当然ホームビデオ程度のものだから、画面はすこぶる不鮮明だし手ブレだらけの連続なのだけど、ポリスが好きな人にはなんとも貴重な映像がいっぱいだった。
コープランドがいろいろなライブで、もうスティングもアンディも演奏始めてるのにステージの後ろから撮りつづけていて、バンドの背後からウワアーっと盛り上がる客席をなめるように撮る、そしてやおらビデオカメラをドラムスのすぐ後ろに固定して、マシンガンのようにドラムを叩き出す自分が写りこむ…という、ワクワクする映像。
オンボロモーテルを泊まり歩き、機材も全部自前で運んでいたインディーズ時代の初々しい様子から始まって、ある時期を境にあれよあれよとスターに化けていく3人の若者たちの高揚と、困惑と、疾走感。

海外ツアーの様子もいくつかあるが、特に面白かったのは日本ツアーのときの映像だった。
イギリスやアメリカでも空港などで女の子のファンが熱狂して押し寄せてくる映像があって、それはすさまじい勢いでどの子も「あたしを見て!見て!」とアピールしている。
ところが、日本でポリスを取り囲むファンの子たちは、キャーキャー言うのは同じだけど、サインをもらったり握手してもらったりしても、ポリスのメンバーを見ないでうつむいているのだ。そして「キヤァー!」などと叫んで逃げるように行ってしまう。
コープランドの映した画像の中で、日本の女の子たちはとても従順で、どの子も妙に均質で、似ているように見える。
その光景は、ある意味ミステリアス。東洋の神秘?に見えなくもない。
今から25年くらい前のティーンエイジャーだから、彼女たちは今…
って考えるとおよよ!私と同世代じゃないか。

それはともかく、やっぱりポリスは抜群にかっこいい、そして質の高いバンドだったんだなあ…とあらためて思った。
そして、短期間で頂点にのぼりつめたあと、次第に煮詰まって、はじきあって、離れていくようになるその「空気」みたいなものが感じられた。
才能と才能が出会って疾走がはじまって、ポリスは竜巻みたいなものだったんだなと思う。
そんなふうに駆け抜けるバンドはたくさんあるけれど、ポリスは誰よりも高くにのぼり、最高の音楽を奏で、消えた。

再結成のツアーのDVDなんて、出るんだろうなあ。
ああ、それを観るべきがどうか。
絶頂期の彼らの姿をとどめたこの映画だけでやめにしておこう。
いやしかし…。
[PR]
by higurashizoshi | 2008-03-26 22:23 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(4)

夜のパパ

d0153627_2174487.jpg図書館でこの本の背表紙がふと眼にとびこんできたとき、不思議な題名にひかれた。
手にとって、表紙の絵を見た。
ほっそりした青年が、頭にふくろうをのせている、繊細な線の銅版画。
「ああ、この本は私の本」
と思った。
そんなふうに直感することはめったにない。
すぐに借りて帰って一気に読んだ。もう返したくなくなっていた。

夜のパパ。
なんのことだろう、と想像がめぐるタイトルだ。
思春期手前の少女ユリアは、シングルマザーの母とふたり暮らし。
看護師の母は、夜勤の間ユリアと家にいてくれる人を、広告で募る。
応募してきたのは、予想に反して若い青年だった。

スウェーデンでは、夜間に子どもをみてくれるシッターのことを、「夜のママ」というらしい。
だから青年は、夜のパパ。
この夜のパパは、かなり風変りな青年だ。スムッゲルというふくろうが相棒で、本に埋もれた部屋に暮らしている。石の研究をしているらしい。
いっぽうユリアは、かなり頑固で、まっすぐな性格の少女。
学校では女の子同士のいじめの標的になり、家では無理解な母とぶつかってばかり。
相当に不機嫌な人生を送っていた。

一緒に夜をすごすようになっても、いっこうに心を開かないユリアに、夜のパパはお互いに手紙を書き合うことを提案する。
この本はその、ユリアと夜のパパの往復書簡で成り立っている。

誰のことも心から信用することができなかったユリアは、夜のパパとの間に、不思議なつながりを育てていく。
恋の感情でもなく、父親代わりの愛情でもなく。
夜のパパは、べたついた優しさとは無縁の、けっこう自分勝手で気分屋なところもある青年だ。
ただ、ユリアのことを、一人の人間として、きちんと尊重する。
ユリアがつたない表現であらわすこと、ひとつひとつに、ちゃんと向き合う。
子どもだから、大人だから、などということと関係なく、批判もし、共感もする。
そうしながら、ユリアと夜のパパは、いつしかいろいろな問題にふたりで立ち向かっていく。
ふくろうのスムッゲルが、そのとぼけた行動で、ときには離れかけるふたりの気持ちを結びつけてくれる。

ユリアと夜のパパ。ふたりはよく似ている。頑固で、孤独で、嘘がない。
ふたりの結びつきは、とても強くなっていくが、そのつながりは単純に名前のつけられないものだ。

この本を読んでいると、とても澄んだ気持ちになっていく。
人と人が、その結びつきの名前にーーたとえば家族とか恋人とか友人とかという名前に縛られて、ほんとうの感情が見えなくなることは多い。
年齢や、上下関係などでも、同じことが起きる。

でも、ほんとうに大切な一対一の関係というものは、何にも支配されない。
ユリアは、夜のパパとの関係で、そのことを知る。
だからユリアは傷つきながらも、少しずつ世界に対して心を開いていくのだ。


この本の作者マリア・グリーペは、スウェーデンではとても著名な児童文学作家とのことで、たくさんの著書がある。
ほとんどの作品の挿絵を、夫の画家ハラルド・グリーペが描いているそうだ。
この「夜のパパ」もそうで、物語にぴったりと寄りそうような、やわらかく繊細な絵がほんとうに魅力的だ。
この本には続編「夜のパパとユリアのひみつ」があり、少し大人になったユリアと、少し人間くさい夜のパパに出会うことができる。

二冊とも、そばにそっと置いて、何度も読み返したい大好きな本だ。
[PR]
by higurashizoshi | 2008-03-16 21:11 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(5)

ひなまつりとカサノバ

はっと気づけば、ひなまつり!
もう明日ではないですか。
せめて2日間だけでもと、急いでおひなさまを出して飾った。
小さいけど、タタが生まれて初めてのひなまつりに買った、かわいらしいひな人形だ。

チャチャは、とにかくどこにでも飛び上り、何でも落としてしまう。
で、去年は結局、おひなさまを出しそこねてしまった。
もちろんチャチャに罪はないのだが…。

今年はこの2日間、おひなさまをどうチャチャから守るか?
大きらいなレモンの香りでも振りまいておくか…って無理か…

昨日はラッセ・ハルストレム監督「カサノバ」を観た。
なぜこれを観たかというと、ヒース・レジャー追悼特集が自分の中で続いているから。
それと、監督がハルストレムなのに、まだ観ていなかったから。

ラッセ・ハルストレムは、母国スウェーデン時代の作品がとてもすばらしくて、「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」も「やかまし村の子どもたち」とその続編も、私の大好きな映画だ。
ハリウッドに移ってからも「ギルバート・グレイブ」「サイダーハウス・ルール」「ショコラ」と、暖かくて切なくて、底に鋭い人間観察がある作品を撮っていて、この人独特の味わいは損われず、私には好きな作品が多かった。
ただ、「ショコラ」の次の「シッピング・ニュース」(01年)を観たときに、荒さや緩みが初めて目についた。おやっ、ハルストレムさん大丈夫か?と心配になった。
その次の作品「アンフィニッシュ・ライフ」というのは日本公開されず、DVDは出ているようだが未見。で、「カサノバ」(05年)が今のところハルストレム監督の最新作らしい。

それにしても、なんでハルストレムがカサノバ?
そしてなんでカサノバがヒース・レジャー? …と思っていた。
どちらも、まるでイメージがちがう。カサノバといえば稀代のプレイボーイというか漁色家の代名詞。暖かな人間のつながりを描いてきたハルストレム監督が選ぶ素材としては意外すぎる。
それに、カサノバ役を演じるなら、こう濃厚で、ねっとりと美男で、いかにも何でもありでっせという感じの男優では? 外見的には地味で、シャイな感じのヒース・レジャーではそぐわない。
…とすれば、当然これはどちらも、「あえて」選んだことなんだろう。
その「あえて」の答が、ちゃんとあればいいけど…。何となく不安であった。

さて、観終わった感想としては、ひとことでいうとこれは18世紀のヴェネツィアという美しい町を背景にした、豪華な軽喜劇だった。
軽喜劇だから深刻な人間描写もなく、ひたすら楽しく、軽やかで、滑稽で、華やか。
もう、最後までつるつるーっと、さぬきうどんのように観られてしまう。いや、イタリアだからタリアテッレのようにか…。
しかし、「あえて」の答さがしをしていた私には、その答は最後までよくわからなかった。

従来のカサノバのイメージを崩すような、ヒース・レジャーのサラッとした美男ぶりは、悪くはない。
でも、最後にカサノバが純朴な愛に生きる男に変わる、その説得力がまるでない。
だってちっともヴェネツィア中の女をメロメロにしている男に見えないし、手練手管の策略家にも見えない。
だから運命の女に出会って、男としての生き方が変わっていく、その過程もよくわからない。
これはヒース・レジャーの演技力のせいではなくて、脚本がそうなっているのだ。
こういう筋立てでいくのなら、もっとアクの強い男優をキャスティングしたほうがよかったんじゃないだろうか。

ハルストレムは、純愛男としてのカサノバを描いて、何をしたかったんだろう?
主役がカサノバなのにきわどいシーンがほとんどないのは、全体のタッチを乱さず成功していたとは思う。全体的に、それなりに質のよい一幕の舞台に仕上がってはいる。
でも結局このさぬきうどん、じゃなくてタリアテッレは、つるつるいけるが食べ終わったらじきに忘れてしまうくらいの感銘しか、私には残さなかった。

私には、キューブリックが「バリー・リンドン」を撮ったのがナゾであるのと同じように、この映画はナゾだった。
ハルストレム監督、次は何を撮るのだろう…? 期待半分、不安半分だなあ。
そしてやはりやはり、ヒース・レジャーを見るにつけ、なんて魅力的な役者を亡くしてしまったんだろうと悲しい。
[PR]
by higurashizoshi | 2008-03-02 18:25 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(4)

かたちを彫り出す

ブログを始めてからぱったり詩を書かなくなっていたのが、数日前からまた書き出した。
昔、一時期は詩を書く人たちのグループにいたことがあったけど、今の私には周りに詩を書く人は誰もいない。
だからひとりで、ただただ、ひとりで書いている。

長らく詩をまったく書かなくなって、小説や散文だけ書いていた時期もあった。
私はどうも自分に対するこだわりが弱いのか、単にずぼらなせいか、過去に書いたものはいつの間にやらどこかに行って、所在不明になってしまう。
わずかに活字になったものだけが残って、あとは記憶のかなた。
だから、昔かなり気に入っていた詩、思いの強い詩も、部分的におぼえてるところしか、頭に残っていない。

それが、パソコンを使うようになって画期的に変わった。私がぼーっとしてても、書いたものはちゃんとパソコンくんが順序よく記録してくれる。マウスをクリックすれば、最近書いた詩がズラズラーっと日付順に並んで出てきてくれるので、とってもありがたい。
おかげで、最近は作品を紛失することもなく、頭の中も整理されている気がする。

いつも思うのは、詩を書くことは、なにか大きな塊から、ひとつのかたちを彫り出すのによく似ているな、ということだ。
そのかたちは、彫り出す前からすでにある。それを正確に彫り出すのが、詩を書くことだ。
私の中では小説は、絵を描くことや、土を練り上げてかたちを作っていくのに似ているので、とても対照的だ。

かたちはわかっていても、目の前の塊から、それを彫り出すのはむずかしい。
今も私は、ゆうべ書きかけた詩を何度も読み返しながら、どうやったら正確に、あるべきかたちに彫り出せるのか、考えている。
うまくいかないときは、ほんとうにもどかしい。
逆に、ほとんど何にも努力しなくても、するするとかたちが彫れていくこともある。
でも、そうできたものが、必ずしもよい詩になるとはかぎらない。
ときには、まちがったり迷ったりしながら、苦しんで彫り上げていく。
かたちにたどりつく道筋はいろいろだ。
そして、たどりつけたときは何ともいえないうれしさでいっぱいになる。

パソコンのおかげで整理されてたまっていく詩がかなりの量になったので、一度まとめたいと思いはじめた。
長い間、人に読んでもらう機会はなかったから、これも冒険。
[PR]
by higurashizoshi | 2008-02-18 14:47 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(2)

小日向さん

ふだんは日本の連続ドラマというものをほとんど観ないのだが、この1月からのシーズンはなぜか、何本もドラマを観ている。
珍しく奈良が舞台で、玉木宏がダメダメ男を演じる「鹿男あをによし」、面白い。小栗旬初主演の「貧乏男子」もかなりアホらしいけど意外に面白い。
でもなんといっても出色は「あしたの、喜多善男」だ。

名脇役として人気が上がってきた小日向文世が初めてドラマの主演。
松田龍平、小西真奈美、吉高由里子、栗山千明など役者がことごとく良く、生瀬勝久、温水洋一などクセのある面々もガチャガチャせず、実にいい味で配されている。
脚本がよくできているし、小曾根真の音楽が洒脱で、映像も緊密で、ほんとウェルメイド。
山崎まさよしが歌うエンディングも決まっていて、しっぽまでおいしいという感じ。
タタがテレビ嫌いでリビングに音が鳴っているのも苦手なので、ドラマはぜんぶ録画して後日観る。だから放映時には観られないのだが、これは毎回待ちかねる気持ちで、必ず翌朝には観ている。

小日向文世さん、不思議な役者である。
今はなき劇団「オンシアター自由劇場」で演じていた若き日の小日向さんは、ちょっと中性的な色っぽさを漂わせた、細身で繊細な感じの青年だった。
自由劇場が「上海バンスキング」でブレイクしたころ、小日向さんは看板女優・吉田日出子の相手役としてよく活躍していた。私はその当時、たまたま友だちが自由劇場に入団したのでその舞台を何度か観に行っていて、小日向さんの独特の魅力が妙に印象的だったのを憶えている。

その後何年もたって、これもたまたま、別の友だちが小栗康平監督「眠る男」の撮影現場の調理スタッフになった。「眠る男」には小日向さんが、出番は少ないが重要な役で出ていた。
撮影中、私は友だちを訪ねて、そのころまだ乳児だったタタを抱いて撮影現場(群馬の山奥)に遊びに行った。撮影オフのときで役者さんには会わなかったが、映画に登場する家や建物の間を歩きながら彼女からいろんなウラ話を聞き、のちに「眠る男」が完成して、感慨深く観たのを思い出す。
この映画で小日向さんは、まるで植物のような不思議な男を演じていて、「やっぱりこの人、おもしろいなあ」と思った。と同時に、自由劇場を離れて、映画やドラマの世界でやっていくには「地味だなあ…」大丈夫かな、と心配になった。

で、それからまた何年もたってからの話。
東京は吉祥寺の「井の頭文化園」の動物園は、幼いタタのお気に入りだった。入口近くにある「ふれあいコーナー」でモルモットをさわれる。タタは夫コトブキとモルモットのところへ飛んで行き、ネズミ系動物がぜんぶダメな私は「ふれあいコーナー」がなるべく視界に入らないように、近くの子ども用砂場のふちに腰かけた。
砂場では何組もの親子連れが砂遊びをしていた。そのとき、私のすぐそばで、子どもに何か話しかけたお父さんがいた。その声を聞いた瞬間、私はびっくりして目を上げた。この声!
砂場にしゃがみこみ、小さな女の子とミニバケツに砂をかき入れている小日向さんがそこにいた。
小日向さんは女の子に言っていた。「ねえもう、帰ろうよー」
女の子は、一向に帰る気がないらしく、砂を掘るだけで返事せず。
「帰ろうよ、ねえ。帰ろ?」小日向さんは、ちょっと焦れたように、でも温厚に、しかしわりとしつこく、繰り返していた。
ふつうのお父さんのように小日向さんがいきなりいたので、ちょっと茫然とした。
その当時、つまり今から10年くらい前は、ドラマの端役などが多かったのか、くわしくは知らないけれど名前を耳にすることもほとんどなかった。
でも「帰ろうよ、帰ろうー」という調子は、なんだかとっても小日向さんぽくて、「やっぱりこの人、なんか味があるなあ」と思った。そして「細身の美青年だったけど、おじさんになったんだなあ」ってひそかに思ったことも憶えている。

さらにまた年月がたって、小日向さんの名前をテレビ欄や、映画の配役欄で目にすることが増えてきた。
実際に見て、すごく印象に残っているのはドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」。エリート銀行員の主人公の、イヤな上司役。表面上なんともイヤな上司なのだが、複雑な虚無を抱え込んでいて、挫折後に自死する。このことが、主人公の選ぶ道を変えさせる。
この小日向さんを見て、うなった。すごい、いい役者になってるではないか!評価も着実にされているようではないか!
世の中捨てたもんじゃないねえと思っていたら、とうとう今回は主演ドラマである。しかもこんな上質の作品で。よかったね小日向さん、と陰ながら言いたい。

「あしたの、喜多善男」で小日向さんは、11日後に死のうと決意した中年男を演じている。とりえもなく、不運続きの、でもたぐいまれな善良なる男。
でも彼の心の中には、もうひとりの自分がいる。辛辣で、醒めていて、毒のある「ネガティブ善男」。この二人を小日向さんが演じ分ける。それも見ものだ。
ドラマはちょうど半分にさしかかったところ。どんなふうになっていくのか、楽しみだ。
[PR]
by higurashizoshi | 2008-02-06 20:42 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(6)

悲しきグリム兄弟

タタとミミが「ナルニア国物語」を観ているあいだに、なんとか「ブラザーズ・グリム」を観た。
グリム兄、マット・デイモン。グリム弟、ヒース・レジャー。鏡の女王、モニカ・ルビッチ。
グリム兄弟を、いかさま魔物退治兄弟に仕立ててのブラックファンタジー。
配役も仕掛けも豪華だ。ちょっと気弱なグリム弟を演じるヒース・レジャーもキュートである。
でも、観終わったときの気持は、なんともやるせなかった。
それは、中身のない豪華テーマパークで一日過ごして、疲れて帰るときのむなしさにとてもよく似ていた…(行ったことはないけど、たぶん)。
もったいないなあ。監督テリー・ギリアムのひとりよがりのお遊びに、こんなに手の込んだ装置をお金かけて作って。いい役者を使って。

貴重なひとりの時間を、この映画に費やしてしまって、ちょっと悲しい。
ヒース・レジャー追悼には、今度はもっと別の映画に挑戦しよう。
[PR]
by higurashizoshi | 2008-02-01 16:09 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(2)

ブラザーズ・グリム

考えてみると、私は、自分のことをあまり人に話さないタイプのようだ。
昔から、友だちによく言われた。「アンタ人の話は聞くけど、自分のことは話さないね」って。

特に、自分の好きなものとか、ひとりでやっていることとか、そういうのを人に話さない。
別に隠しているわけじゃない。ただ、理由がない、きっかけがない。「聞いて聞いて!」というのがないし、特に話したいと思わないのだ。

だから、ブログを始めて、自分の好きなもの、好きなことなどを公表するのは、慣れないことをやるってことだ。
ということに、いざ始めてから、やっと気がついた。やれやれ。


今日は、タタと駅前のレンタルDVD屋に行った。
タタが「ナルニア国物語」をまた観たいと言って借りた。その「ナルニア」のすぐそばに、「ブラザーズ・グリム」があったので、とっさに借りてしまった。
とっさに、というのは、あれこれ選んでいるひまがなかったからだ。
タタは、やっと外にまた出られるようになったばかりで、滞空時間ならぬ≪滞外時間≫が極端に短い。騒音うずまき他人がじゃらじゃらいる店内は、タタにとって危険地帯。一刻も早く脱出しないといけないのである。

というわけで、私は「ブラザーズ・グリム」のカバー写真のヒース・レジャーの顔をまっすぐ見ながら、それを引っつかんでレジに持って行った。
特別、観たいと思っていた映画ではなかった。監督テリー・ギリアム。「未来世紀ブラジル」は確かにすごい作品だったけど…ひさかたぶりに撮った「ブラザーズ・グリム」の予告編を見て、当時「うわぁ、テリー・ギリアムも堕ちちゃったかな」という印象を持った。
だから、ヒース・レジャーの急死がなければ、たぶん観ることはなかったと思う。

さて、「インファナル・アフェア」3部作は今夜で録画を全部終えたし、「ブラザーズ・グリム」はあるし。
問題は、どうやって観る時間を作るかだ!
[PR]
by higurashizoshi | 2008-01-30 23:43 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(2)

はじめました

今日も明石は雨。
よく降りますな。

おそるおそるブログというものをはじめてみたものの…
まだ何がなにやらさっぱりわからず。
ゆるゆると学んでいくとしよう。

今夜はBS2で「インファナル・アフェア 無間序曲」がある。
3部作で、昨日、今日、明日とつづけて放映。
やっとできるようになったHDDの予約録画、どんどん録ります!
しかし、観られるのはいつかな…。

去年アカデミー賞をとった「ディパーテッド」は、この香港映画「インファナル・アフェア」のリメイク。
「ディパーテッド」には感心しなかった。「インファナル~」は未見だったので、本家はどうだったのか、楽しみだ。

アカデミー賞といえば、一昨年に結局、監督賞のみでそれ以外は退けられた(としか思えない)
同性愛を扱った秀作「ブロークバック・マウンテン」。
この映画に主演していたヒース・レジャーの死には、この数日来、まだショックを引きずっている。
これからという素晴らしい役者だったのに。
ナイーブさを形にしたような人だった。

昨秋公開のヒース・レジャーの主演作「キャンディ」は、もうすぐDVDレンタルされる。
映画館に行けない身だから、DVDになるのを待って観るしかなかった。
彼の死を思うとつらいけど早く観たいとも思う。
[PR]
by higurashizoshi | 2008-01-29 15:59 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(4)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 14:59
いやー、楽しかったです南..
by bikegogoy at 22:38
伝わってきます。なんてい..
by まにまに at 10:40
まにまにさん 読んでく..
by higurashizoshi at 22:45
先輩、すごい旅をしたんだね。
by まにまに at 18:27
おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ