ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

むらさきの象

友人から、はんこ絵の葉書が届いた。自分で彫ったかわいい象と花のはんこがプリントしてある。
ほとんど家を出られなくなって、3ヵ月あまり。人に会うこともできなくなった。
友だちと連絡を取り合うのは、メールや電話のみ。
そんな中で、こういう手作りのたよりをもらうのは、ほっこりとうれしい。
この前は、別の友だちが、うちの玄関先まで紅茶を届けにきてくれた。
ほんとに数分しか会えなかったけれど、ああ、顔を合わせるってやっぱり違うもんだなと、つくづく思った。

はんこ絵の象は、わが家唯一のギャラリーである、トイレの窓際に飾った。
なぜ「わが家唯一」かというと、部屋の棚などに何かを飾ると、チャチャが全部落として、おもちゃにしてしまうからだ。聖域はトイレだけというわけ。
トイレに行くたび、むらさきの象と桃色の花を見てなごんでいる。

ほとんどひたすら家にいるので、なんだかだんだん体が重くなってきているような気がする。
と思ってちょっと体操なんかしてみたら、体が重いわ固いわ、ガクゼンとした。
ミミといっしょに、「その場ランニング」や「縄なし縄跳び」をする。
本人は真剣だけど、これ人が見てたらおかしいだろうなあ。
ミミがやってる姿は可愛いけどね。

何ごともなかった頃にはあまり考えなかったけど、自由に外に出られない境遇の人というのは、ずいぶんいるものなんだろう。
ちょっと考えるだけでも、病気や障害のある人、乳児や病気の家族を抱えた人、引きこもっている人など。
世の中、そういう人を計算に入れずに動いているなあ、と思う。
映画館も、コンサートも、レストランも、テーマパークも、コンビニさえも。
行くことができず生きている人たちがいる。
自分がその仲間入りをして、初めてわかったことは、たくさんある。
[PR]
by higurashizoshi | 2008-01-31 16:29 | 雑感 | Comments(5)

ブラザーズ・グリム

考えてみると、私は、自分のことをあまり人に話さないタイプのようだ。
昔から、友だちによく言われた。「アンタ人の話は聞くけど、自分のことは話さないね」って。

特に、自分の好きなものとか、ひとりでやっていることとか、そういうのを人に話さない。
別に隠しているわけじゃない。ただ、理由がない、きっかけがない。「聞いて聞いて!」というのがないし、特に話したいと思わないのだ。

だから、ブログを始めて、自分の好きなもの、好きなことなどを公表するのは、慣れないことをやるってことだ。
ということに、いざ始めてから、やっと気がついた。やれやれ。


今日は、タタと駅前のレンタルDVD屋に行った。
タタが「ナルニア国物語」をまた観たいと言って借りた。その「ナルニア」のすぐそばに、「ブラザーズ・グリム」があったので、とっさに借りてしまった。
とっさに、というのは、あれこれ選んでいるひまがなかったからだ。
タタは、やっと外にまた出られるようになったばかりで、滞空時間ならぬ≪滞外時間≫が極端に短い。騒音うずまき他人がじゃらじゃらいる店内は、タタにとって危険地帯。一刻も早く脱出しないといけないのである。

というわけで、私は「ブラザーズ・グリム」のカバー写真のヒース・レジャーの顔をまっすぐ見ながら、それを引っつかんでレジに持って行った。
特別、観たいと思っていた映画ではなかった。監督テリー・ギリアム。「未来世紀ブラジル」は確かにすごい作品だったけど…ひさかたぶりに撮った「ブラザーズ・グリム」の予告編を見て、当時「うわぁ、テリー・ギリアムも堕ちちゃったかな」という印象を持った。
だから、ヒース・レジャーの急死がなければ、たぶん観ることはなかったと思う。

さて、「インファナル・アフェア」3部作は今夜で録画を全部終えたし、「ブラザーズ・グリム」はあるし。
問題は、どうやって観る時間を作るかだ!
[PR]
by higurashizoshi | 2008-01-30 23:43 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(2)

はじめました

今日も明石は雨。
よく降りますな。

おそるおそるブログというものをはじめてみたものの…
まだ何がなにやらさっぱりわからず。
ゆるゆると学んでいくとしよう。

今夜はBS2で「インファナル・アフェア 無間序曲」がある。
3部作で、昨日、今日、明日とつづけて放映。
やっとできるようになったHDDの予約録画、どんどん録ります!
しかし、観られるのはいつかな…。

去年アカデミー賞をとった「ディパーテッド」は、この香港映画「インファナル・アフェア」のリメイク。
「ディパーテッド」には感心しなかった。「インファナル~」は未見だったので、本家はどうだったのか、楽しみだ。

アカデミー賞といえば、一昨年に結局、監督賞のみでそれ以外は退けられた(としか思えない)
同性愛を扱った秀作「ブロークバック・マウンテン」。
この映画に主演していたヒース・レジャーの死には、この数日来、まだショックを引きずっている。
これからという素晴らしい役者だったのに。
ナイーブさを形にしたような人だった。

昨秋公開のヒース・レジャーの主演作「キャンディ」は、もうすぐDVDレンタルされる。
映画館に行けない身だから、DVDになるのを待って観るしかなかった。
彼の死を思うとつらいけど早く観たいとも思う。
[PR]
by higurashizoshi | 2008-01-29 15:59 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(4)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 14:59
いやー、楽しかったです南..
by bikegogoy at 22:38
伝わってきます。なんてい..
by まにまに at 10:40
まにまにさん 読んでく..
by higurashizoshi at 22:45
先輩、すごい旅をしたんだね。
by まにまに at 18:27
おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ