ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

僕らのミライへ逆回転

私はだいたい、観る映画、読む本、重いものが多い。
最近はミミがミュージカルや往年のハリウッド映画などをよく観るので、それにつきあって(というかそのおかげで)ずいぶん楽しい体験をさせてもらっている。
私ひとりになると読む本は少年犯罪のルポルタージュとか、難解な詩集とか、眉間にしわを寄せたような心理学の本とか、映画はヨーロッパの厚くて重いもの、アジアの陰鬱なノワール系…などということになる。
どうも、いかんのである。それでなくても新型インフルで重苦しいのに、もっと重くしてどうする。
というわけで、とにかく明るい映画を観よう! というテーマをもって一週間ぶりの外出先=レンタルDVD屋へ。そして借りたのがこの一本。

d0153627_18215265.jpg
『僕らのミライへ逆回転』。
この邦題に、主演ジャック・ブラックとだけ聞けば、きっとB級おバカ映画と思う。誰でもそう思う。
ハリウッドのコメディにかんしては、最後までクスリとも笑わず終わったことが何度もある私としては、期待半分、不安半分だった。
ところがこれが、どっこい素敵な映画だったのである。ドタバタなんだけど品がある。そして何より、映画というものへのオマージュのあたたかさ。
私はずっとクスクス笑いっぱなしで、最後には涙がぽろぽろ。なんだこりゃ、隠れた佳作じゃないの! やられたなー、と思ってDVDケースに眼をやると、なんと監督がミシェル・ゴンドリー。
『エターナル・サンシャイン』とか『恋愛睡眠のすすめ』などのユニークな映画を撮っているフランスの監督。もともとビョークやストーンズ、レディオヘッドなどのPVを撮って有名になった人だ。なるほど、映像への愛があふれているのはそのせいなのね。ビンビンにアメリカ映画のスタイルなのに小粋でスウィートなのは、そのせいだったのね…としみじみ。

舞台は、片田舎のさびれたレンタルビデオ店。ビデオだというところがポイントで、いまだDVDが導入されていない、ケースのすりきれたビデオだけを並べているという店だ。
町のお騒がせ男ジェリー(ジャック・ブラック)が、ひょんなことから電磁波を出す体になってしまい、ビデオ店に並ぶレンタルビデオにうっかり触りまくって中身を全部消してしまう。
店長が不在で店をあずかる真面目な店員マイク(モス・デフ)は大あわて、ちょうど『ゴーストバスターズ』を借りにきた常連客(ミア・ファロー)にことがバレないようにと、なんとジェリーの発案でホームビデオカメラで『ゴーストバスターズ』をリメイクすることになる。「彼女はSF映画を観たことないんだ、絶対信じるって!」…んな、アホな。
出演はもちろんジェリーとマイクの二人だけ。主題歌を口ずさみつつ、なりきる二人。
このリメイク版がほんとにボロくて真剣で笑えるのだが、この悪い冗談みたいなリメイク映画が大評判になり、二人は次々とへなちょこリメイク版映画を作っていくことになる。
ジャッキー・チェンのアクションものから、パロディではお約束の『2001年宇宙の旅』、なんと『ラストタンゴ・イン・パリ』まで、次第に役者とスタッフを増やしつつ繰り広げられる名作映画のとんでもリメイク映像、このあたりは映画好きにはこたえられない楽しさ。さびれきっていたビデオ店はすっかり町の人気店に! 

ところが問題が浮上する。ビデオ店は町の再開発計画で取り壊しが決められ、おまけにリメイク映画を勝手に製作&レンタルしていた罪でハリウッドの映画製作連盟から告発されてしまう(このときやってくる弁護士が本物の『ゴーストバスターズ』に出ていたシガーニー・ウィーバーなので思わずクスリ)。
すっかり様変わりした店に戻ってきた苦労人の店長(ダニー・グローヴァー)も巻き込み、またしてもジェリーが発案した起死回生のアイディアとは…?

ラストは映画への愛で胸がいっぱいになることうけあい。こんなにいい映画なのに、どう考えてもこの邦題でかなり損していると思う。
原題は『Be Kind Rewind』、レンタルビデオに印刷されている文句「巻き戻してご返却ください」。これが生きるような、何かこうしゃれた邦題はなかったのかなあ。
[PR]
by higurashizoshi | 2009-05-28 18:28 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(4)

インフル騒ぎのなかで

新型インフルエンザ騒ぎにもちょっとうんざり気味になってきた。一週間たたないうちの感染の広がりはかなりのものがあり、そしてわが家の生活といえば…
今日の朝食時の会話。
私「それにしても、うちの生活はいつもとほとんど変わらんなあ」
タタ「そだね。のんびりしてるね。本読んで、映画みて、ゆっくりして」
休校でストレスがたまった子どもを持て余す親の悲鳴が新聞に載ったりしているのを見ると、なるほど一般的にはそうなのかあ…と思う。一年も家にこもった親子(私たちです)の話を聞いたら腰を抜かされそうだ。でも、そのおかげでわが家は今の事態にも大した苦労なく、勝手知ったるおこもり生活を再開中。

さて、今日は読書の日と決めて、朝食後から午後までかかって一冊の本を読んだ。

d0153627_21235879.jpg
『ぼくには数字が風景に見える』
(ダニエル・タメット著、古屋美登里訳、講談社)


映画『レインマン』で有名になった《サヴァン症候群》。なんらかの原因で右脳の働きが強まり、記憶・計算・芸術などで超人的な能力をもつ人たちだ。
そんなサヴァンの一人であり、アスペルガー症候群でもある著者が、幼いときからの自分の体験、何よりも愛する数字と数学について、また人間関係について、彼にとっての世界について、素直に深く洞察した本である。

眠れない赤ん坊だったこと、幼いころの衝動的な行動、同年代の子とうまくかかわれなかったことなど、幼年期の思い出の部分は他の自閉症スペクトラムの人たちの子ども時代の回想とほとんど重なる。そしてタタの幼いころにも。
そして学校ではおきまりのいじめ、からかいの標的にされる(イギリスの学校内のいじめも日本に似て凄惨なものらしい)。でも救いなのは、両親が彼を暖かく受けいれ続けたこと。家庭が、彼にとってほっとできる場所であり続けたことだ。

数字が彼の最初の友だちだった。彼にとって数字は生きている。色があり意思がある。素数の美しさ、規則正しく並ぶ数の列は彼には音楽のように、あざやかな風景のように感じられる。問題を前にすると、何の苦もなく瞬時に答は彼の中にやってくる。
この、数についての彼の記述はとても美しくて映像的で、数学にまるで弱い私もうっとりしてしまうほどだ。
カレンダー計算能力といわれる、サヴァンの人によく見られるという力は、知らない人が聞けばまさにマジック。本書の中で著者が『レインマン』のモデルになったキム・ピークに会いに行く場面があるのだが、初対面の二人の会話はこうだ。

キムはぼくの両腕をすばやくつかんでぼくのすぐ前に立った。「誕生日はいつ?」とフランに訊かれたので、ぼくは「1979年1月31日」と答えた。「65歳になる日は日曜日だね」とキムが答えた。ぼくはうなずいて、キムに誕生日を訊いた。「1951年11月11日」とキムは答えた。ぼくはにっこりして「その日は日曜日だ!」と言った。キムの表情が輝き、ぼくにはふたりの心が通い合ったのがわかった。

このとき著者は生まれて初めて、自分と同じサヴァン症候群の人と会ったのだった。その喜びをつづって、「ぼくのこれまでの人生でいちばん幸せな瞬間だった」と書いている。
私はしみじみと、人がどんなにつながりを、理解しあえるつながりを求めているかということ、そして少数派である特徴をもつ人にとって、一般社会はそれを求めるのにどんなにむずかしい場所であるかということを痛いほど感じた。

著者がゆるやかに親の元から離れ、自分の人生を新しく作っていく過程は、とても感動的だ。外国に仕事を見つけて旅立ち、そこで多くの経験をする。自分がゲイであると自覚していた彼は、帰国後にめぐりあったパートナーと暮らし始める。定型の人たちにはない実にたくさんのハードルと苦悩をひとつひとつ越えながら。
学校時代は自分を、この世界で誰ともつながれないよそ者と感じ、深い孤独に耐えていた著者が、大人になって自分でも信じられないほど行動的になり、人間関係を広げていく。そうできたのは根っこに家族の受容があったからだろうし、そして彼自身の勇気と好奇心が進んでいく力になったのだと思う。

円周率の暗唱でヨーロッパ記録を作ったり、テレビ番組に出演したりと、著者はいろいろと注目を浴びるようになる。数学と同時に語学の天才でもある彼は、信じられない速さでひとつの国の言語をマスターしてしまう。その一方で、予定にない行動には緊張とパニックを起こすし、騒音には聴覚が混乱するし、生きづらさにはいつも悩まされる。
それだけに、彼が今は在宅で起業し、パートナーと信頼関係でむすばれ、ふたりで暮らす静かな家で規則正しく生活することで深いやすらぎを得ているという記述は、読んでいて私までやすらいだ気持ちにさせてくれる。

この本を読み終えて一番に感じたのは、明るく、あたたかな気分だった。障害といわれるものを持つ人が書いた本で、やり場のないつらさでもなく、逆に元気の押しつけでもなく、こんな透明なあたたかい気持ちが残ることはめずらしい。裏表紙の著者の笑顔をしばらくじっと眺めていた。
今日の読書は、インフル騒ぎのどんより感を、すこし振り払ってくれたようだ。
[PR]
by higurashizoshi | 2009-05-22 21:32 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(5)

まさか神戸

神戸を発端にして、新型インフルエンザの感染がみるみるうちに広がっている。
「なんで神戸なん?」と地元の友だちと、電話でお互い思わず言い合ってしまった。
神戸の人間には、あの震災、須磨の児童連続殺傷事件、尼崎のJR脱線事故など、神戸周辺で起きたことの記憶が濃くこびりついているのだ。
わが家は明石とはいえ、ほんのちょっと東に行けばもう神戸市。親族のほとんどが市内に住んでいる。甥っ子姪っ子たちは神戸の現役高校生。なんでまた…? とついつい思ってしまう。

とはいえ、今のこのヒートアップした状況は、どこか作り出されているともいえる。
マスクをするに越したことはないだろうけど、三宮の薬局でマスクに殺到する人々をテレビカメラが映し出すのはなんのため?
最初は、感染者を出した高校の周りを取り囲む取材陣は熱気むんむんだったけれど、急速に感染が広がってきて、もはや狙い打ちは意味がなくなってきた。ネットでの学校への攻撃なんかもジリ貧になってきていることだろう。そう思うとむしろほっとするような…。

そもそも空港や港湾での封じ込めに、あれほど力を注ぐことに意味があったんだろうか。
とにかく日本には入ってきませんように! っていう島国ニッポンのエゴイズムが、それを支えていたような気がする。私自身も最初のころは、テレビで検疫の様子を見ながら、
「100パーセント防げるなんてファンタジーやわな」と思いつつ、やっぱりここで食い止められて日本は安全、ありえないけどそうだったらいいな…と正直思ってもいたから。
でも、厚労相のお役人でありながら今回の新型インフルエンザへの国の対応をビシバシと批判する
木村盛世さんという方の文章を読んで、そんな気分はポロリと床に落ちた。
検疫に莫大な費用と労力をかけることの無意味さ、それより全国のできるだけ多くの病院が治療に対応できるよう、整備することにお金と人力を注ぐべきという話。

今のところ、神戸・大阪は大騒ぎになってはいても、重症化する患者が出ていないことでまだみんな気持ちに余裕があると思う。でも今後はどういう展開になっていくのか、先が見えないところがなんとも落ち着かない。
「そういえば最初は神戸だったんだよね、忘れてた」なんていうときが来るのかもしれず、そのときは感染が全国に広がっているのか、もしくは波が引くように感染が減っているのか…てなことを考えつつ、今日どうしても用事で近場に出かけるのに、やっぱり子どもたちにはマスクをさせたいと思う私。てことは私もしなくちゃ意味がないわけで、ああマスクの買い置き足りるのかしら…となんか矛盾してることをあれこれ考えているのであった。
[PR]
by higurashizoshi | 2009-05-18 15:33 | 雑感 | Comments(2)

青山まで行けない人のために

今日は、青山で忌野清志郎の告別式。午後3時すぎの時点で参列者は3万5千人、mixiでは参列する人の実況中継もあって、どんなにみんなが清志郎を愛していたか伝わってくる。
暑い日差しの中、長い人は5時間も6時間も並んでやっと献花ができたらしい。
並んでいる間、RCサクセションの曲を小さく流す人、それをじっと聴く人…周囲に飲み物を配ってあげる人がいたり、黙々と吸殻を拾うお兄さんがいたり、mixiの実況中継を読んでいるとそこに漂う空気がわかる。「ボスに恥ずかしくないようにしようぜ!」と書き込む人がいる。

心を打たれたのは、《今日青山まで行けない人のために、○時までにここにメッセージを書き込んでくれたらプリントアウトして自分が持って行きます》というトピックを立てた人がいたこと。
そこには次々と清志郎へ最後におくる言葉が数百人から書き込まれ、制限時間が来ると、今度は別の人が《あとは自分が引き継ぐのでこのあとも受け付けます》と立候補。
そのあともまた助っ人が現れたらしく、結局今夜遅くまでこのトピックには清志郎への感謝と別れのメッセージが書き込まれ続けた。そして《届けてきました》という報告。それに対してまたたくさんの人がありがとうの書き込み。
清志郎ファンのラブ&ピース…読みながらときどき涙が出たけれど心があったかくなった。

今は夜の11時。実況によるとまだ並んでいる人がいるらしい。最後の一人まで入れたらいいのだけど。みんな、何かの形で自分に言い聞かせずにはいられないのだから。清志郎はほんとに旅立ってしまったんだと。
[PR]
by higurashizoshi | 2009-05-09 23:08 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(0)

アイシテル ~海容~

観るのがつらい、でもちゃんと観たい。
葛藤しながら観ているドラマ『アイシテル ~海容~』。
やっと、録画していた3回目を観た。

子どもが子どもを殺す。このドラマでは、小5の少年が小2の少年を殺してしまう。
ある日突然わが子を殺された家族、ある日突然わが子が殺人者になった家族。
どちらにも平等に目線をあて、驚愕、悲しみ、怒り、そして世間のバッシングが、被害者側にも加害者側にもそれぞれ津波のように押し寄せるさまを描いている。

加害者になった少年・智也の家庭は、取り立てて問題があるように見えない、ごく普通の家庭。母親(稲森いずみ)は、いくぶん世間の常識に寄りかかっているものの、愛情深くわが子に接して、一生懸命子育てと家事をやってきた。
父親(山本太郎)も自己中心的で仕事人間ではあるものの、これも世間一般からいって、別に非難されるような父親ではない。
それなのにある日突然、まだ幼ささえ残る息子が、殺人犯になった。その設定がリアルだ。

被害者の少年・清貴は、甘えん坊の末っ子、家族のアイドルだった。とりわけ母親(板谷由夏)に溺愛されていて、中学生の姉が嫉妬するほど。
ある日、母親が清貴の下校時間を勘違いしてママ友とランチをしていたことから、清貴は帰宅しても家に入れなくなる。そのとき通りかかった智也が、清貴に声をかける。
そこから思いがけない歯車が回りはじめた。

どんな経緯で、智也は清貴を殺してしまったのか。
たった10歳で殺人をおかした智也は、どう生きのびていくのか。
自分がランチに行ったせいで息子は死んだと、自分を責める清貴の母。育て方のすべてが間違いだったのかと、やはり自分を責める智也の母。それぞれの夫婦の関係も揺らぎ、マスコミに追われ、暮らしは根底からくつがえされる。

そんなふたつの家庭をつなぐことになるらしい存在が、家庭裁判所調査官・富田(田中美佐子)。自分も小4の息子を持つ彼女は、少年鑑別所で智也と面談を続けつつ、智也の母を支える。
「お母さん、智也くんのこと、好きですか?」
はっとする問いを投げて、たとえ罪をおかしても愛する息子にかわりはないと気づかせる富田。今回は彼女に対し、智也が自分から当日の行動を少しずつ話しはじめるシーンがあった。
もちろん、実際にはこんなにはすんなりと事は進んでいかないだろう。でも今のところ、連続ドラマの枠の中では、かなりていねいな物語の運びになっていると思う。出演者の心を深くこめた演技、特に稲森いずみさんがとてもよい。

サブタイトルになっている《海容》は、海のように広く深いゆるし。
原作の漫画では、智也が大人になるまでの長い時間が描かれているそうだ。
けして容易に得ることができない《海容》はそれぞれの人に訪れるのだろうか。
つらくても最終回まで見届けたいと思う。
[PR]
by higurashizoshi | 2009-05-05 17:40 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(8)

清志郎死す

5月2日、夜、ネットのニュースで忌野清志郎が今日死んだと知った。
やせっぽちの偉大なロッカー、キヨタン。
ステージの端から端まで駆けめぐりながら、型やぶりな反抗と、この世の不正、戦争のおろかしさ、そして大きな愛を体じゅうで叩きつけて歌っていた人。
おちゃめで不良で小心で、でも誰よりも勇気をもって挑戦しつづけた、
あきらめることをやめなかった人。

最後まで新しい歌をうたっていただろう。
ベッドの外には聞こえなくても。

キヨタン、もうステージで
「愛してるぜ、ベイベー!」
と叫ばなくていいよ。
これからずっと、ちゃんと聴こえてるから。

たくさんの、あなたをすごく愛してる人が、
ちゃんとそれを聴いてるから。
[PR]
by higurashizoshi | 2009-05-03 01:45 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(0)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 15:28
こんにちは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 14:45
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:20
こんばんは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 20:54
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:06

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ