ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

シネ・リーブル通い

年末からなぜか「シネ・リーブル神戸」にばかり映画を観に行っている。

「ウインターズ・ボーン」
「家族の庭」
「灼熱の魂」

とヘヴィな作品ばかりで、次に行くのは「サラの鍵」 。

ああ、それぞれのレビューを書きたいがそれを書いている時間がない。
「サラの鍵」を観たらまた絶対にレビューを書きたくなるにきまってるが…。

福島のことと、実家と、フィギュアのカナダナショナル、ヨーロッパ選手権、ごはん作り、子どもたち。
その合間にシネ・リーブル。

ほんとうは「永遠の僕たち」も観たいんだなあ…。
原題は「Restless」。あのとき予告編を観て書いた文。日本公開になったのだ。
[PR]
by higurashizoshi | 2012-01-26 23:21 | Comments(4)

17年目

少し前、10年ぶりの友に会った。
お互いの10年間を話しながら、生きてまた会えるこんな日があったことを、人生からのごほうびのように感じた。

彼は仕事の関係で、17年前の震災直後に神戸に入り、去年の震災でもすぐあとに現地に行っている。
街のすべてが倒壊した神戸の光景と、文字通り何ひとつなくなった、津波のあとの光景。
あまりにも強烈な二つの現場は、とても対照的に感じられたという。


17年目の1月17日、午後5時46分。
早朝は無理なので、12時間後の黙祷に新長田駅前に行った。

d0153627_2332544.jpg


15年目だった一昨年、17回忌にあたった昨年に比べ、追悼集会に参加する人の数は少し減ったよう。
長田の街も再生に向けてたくさんの人が努力を続けているけれど、再開発の高層ビルの中には空き店舗が目立つ。

集会には、ボランティアで来た中高生たち、若者たちの笑顔と明るい声。
今回の東北の震災を受けて、神戸でのこの日は多くの人が静かに祈りをささげるものと思っていた。
でも黙祷前後の雰囲気は何となく「イベント」的で、にぎやかすぎて、心は静まらなかった。

17年前にはお腹にいたタタと、そのころまだどこにもいなかったミミ。
すっかり大人びた2人の娘に、あの日の記憶を話しながら家路についた。
[PR]
by higurashizoshi | 2012-01-17 23:22 | 雑感 | Comments(0)

詩集その後

去年の夏の終わりに詩集を出版して、ずいぶんたくさんの方から反響や感想が届いた。
思いがけず地元の新聞の詩集評に取り上げてもらったり、商業詩誌の次季号に評が載ることになったり、たくさん詩集を出しているエラい詩人の方からも、いろいろな感想や批評をいただいた。
出版社から「推薦したので出すように」と言われて詩の賞にもいくつか応募することになったし、身に合わないことがいろいろと出現している。

でも、私がなぜ詩集を出したのかといえば、ふだんあまり詩など読まない人、言葉について特に考えたりする習慣のない人に、私の詩を読んで何かを感じてほしいというのが大きな理由だった。何か新鮮なものを感じてもらえ、私の言葉のつくる世界を旅し、楽しんでもらえたらとてもうれしい。そういう、素朴な願いが一番強く自分の中にあった。

だから、詩の専門家(?)のような人たちに何かを言われることよりも、身近な友人知人や、初めて詩集を読んで私を知ってくれた人からの、直接伝えられる感想が私には何よりうれしい。その人の心に自分の世界が触れて、何かを感じてもらえたということが奇跡のように思えるから。
誰に見せるためでもなくノートに書いてきた詩が、そうやって外の世界に出て誰かに影響を与えていることが本当に不思議で、いまだにときどき、その現実に追いつけない感じがする。

来月は、これまた思いがけなく、少人数ながら詩集について人前で話をすることになってしまった。書くのはともかく話すのはほんと苦手なので、どうしたものかと思いつつ…。
[PR]
by higurashizoshi | 2012-01-12 17:41 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(0)

新年ごあいさつ

2012年になり、はや一週間。
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞゆるゆるとおつきあいください。

とりあえず、今年の年賀状はこんなふうです。

ミミの龍
d0153627_21265583.jpg


タタの龍
d0153627_21271617.jpg


こうして今年も娘たちが、作画能力ゼロの親を助けてくれました。
感謝、感謝。

みなさんにとって、今年が和やかな温かい一年になりますように。
[PR]
by higurashizoshi | 2012-01-07 21:28 | Comments(0)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 15:28
こんにちは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 14:45
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:20
こんばんは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 20:54
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:06

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ