ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

人前で話す

しばらく前に、キャンプの関係で100人以上の人の前で話をする機会があり、ものすごい緊張で胃が痛くなったのだが、その痛みを忘れないうちにまた人前で話すことになった。
今度は自分の詩集について話すということで、いくぶん責任は軽いものの、わざわざ聴きにきてくれた人になにがしかプラスになる話をしないと、と思うし、おまけにこの前のキャンプの話は15分だったのに、今度は持ち時間3時間! どーすんねん!

場所は地元明石の図書館。セミナー室というところで、定例の「おしゃべりらいぶらりー」という集まり。毎回ゲストスピーカーを読んで話を聴き、参加者で語り合うという趣旨だ。
私は「自分のことばを持つ」というタイトルで話をさせてもらった。参加した人は15人ほどで、こぢんまりしたいい雰囲気。
今回はあんまり緊張してないぞ!と思って話し始めたのだけど、なぜか始めたとたんにまたいきなり胃が痛くなってきた。まずい。なにせ最初に自分の詩を読むのである。人前で。
大きな声で朗読するなんていつからぶりか、とっても不思議な感じだった。

そのあとはいくつかの作者の詩を、テーマに沿って紹介しながら話をしていった。詩は読み手の自由を保証するものであること、詩のマジック(俯瞰やズーム)について、そして12歳の男の子の書いた詩を通して、自分のことばで表現することのすばらしさについて。
話しぶりは不器用でも、伝えたいことは少しは伝わったように思う。参加した人たちからも、いろんな解釈や意見がどんどん出て、とても面白かった。

次がメーンイベントで、参加者ひとりひとりに詩を作ってもらうというもの。
どう進めたらうまくいくかなぁと頭をしぼってオリジナルレシピを作ってみたのだけど、これがことのほか好評だった。
みなさんそれぞれ、自分のことばで書いた、世界でたったひとつの短い詩を書き上げて、持って帰ってもらえた。

最後におみやげとして、比較的最近書いた私の詩を2編読ませてもらって終了。最後まで胃は痛かったがなんとか無事にやり終えた。
「詩の読み方が変わりました」「楽しかった!」「いい経験になりました」などなど声をかけてもらい、ほっとするやら気恥ずかしいやら。
もう一度やるんなら、もうちょっとうまくできる気がするけど、もういいわ、人前で話すのは…とへろへろになって帰ったのだった。

ああ、やっぱり話すのにくらべて書くのはどんだけ楽か…。でも朗読はひさびさに楽しかったので、これはまたやってみよう。もちろんひとりで、ひっそりと。

d0153627_2204961.jpg
[PR]
by higurashizoshi | 2012-02-23 22:02 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(2)

おるたな

d0153627_1474100.jpg1. リコリス
2. さすらい
3. ラクガキ王国
4. 14番目の月
5. 三日月ロック その3 6. タイム・トラベル
7. 夕焼け
8. まもるさん
9. 初恋に捧ぐ
10. テクテク
11. シャララ
12. 12月の雨の日
13. さよなら大好きな人
14. オケラ


スピッツが新譜を出すたびにほっとする。
まだ生きてるぞ、大丈夫だぞマサムネくん。
仲良く続いてるんだな4人。
震災後、心身がダウンしてツアー休演したり、何かとはらはらさせられ。
ふっと気づくといなくなっていそうな、つつましいバンド、スピッツ。

そんないささか後ろ向きの気持ちを、「おるたな」聴いて突き飛ばされた。
40代で「初恋に捧ぐ」を歌って、こんなにみずみずしいって何なんだ。
原田真二の「タイム・トラベル」なんて歌をこんなに艶っぽくしてしまうし、奥田民生の「さすらい」はのびやかでどこまでも行きそうだし、ユーミンの「14番目の月」ってこんないい歌だったっけ? 
オリジナルのカップリング曲も、どれもスピッツ味の宝庫。ちょっと日陰に立てかけてある絵のように。
なかでも「テクテク」は、もうずいぶん前に「春の歌」のカップリングとして収録されていた歌だけど、私はシングルはあまり買わないので初めて聴いた。
出だしの一瞬で、どん、と胸を衝かれた。
震災後に書いた歌じゃないのか? ととっさに思った。

実際には、あの震災のあと、草野マサムネはまだ新曲を発表していない。曲を作れているんだろうか、と案じているファンはたくさんいるだろうし、待っているファンももちろんたくさんいるだろう。
「テクテク」はまるで彼が震災後の今を、予知して書いた歌のように思えた。
とても美しい、やさしい歌だけど、《失うこと》と《生きていくこと》は同じことなのだと静かに伝えてくる歌だ。

強靭、なんて言葉とほど遠いイメージのスピッツだけど、実はしなやかでしぶとい。そうじゃなければ25年(結成から今年で!)も倦まず壊れず、これほどクオリティを保ってバンドを続けていられるはずがない。
はい、そうでした。ほんとそうでした。つい心配ばかりしてしまう私は愚かものでした。
そう思いながら「おるたな」を何度も聴くのであった。

さあ、次はオリジナルアルバム。どんな言葉を、どんな歌を届けてくれるのだろう。急がせたくはないけど、聴きたい。マサムネくん、どうか身体を大事にしてください。
[PR]
by higurashizoshi | 2012-02-07 14:13 | 観る・読む・書く・聴く | Comments(0)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 14:59
いやー、楽しかったです南..
by bikegogoy at 22:38
伝わってきます。なんてい..
by まにまに at 10:40
まにまにさん 読んでく..
by higurashizoshi at 22:45
先輩、すごい旅をしたんだね。
by まにまに at 18:27
おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ