ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

キャンプを前に

横浜と東京に行ってきて、参院選が終わって、今はあと数日で突入する保養キャンプの追い込み準備。
福島県から、今年も30人ほどの子どもとお母さんたちがやってくる。7月28日から15日間、また最高に忙しく、凝縮された日々が待っているのだろう。
私はキャンプの事務局担当。事務局っていっても事務所もなければ事務員も私ひとりなんですけど。
そして、キャンプのブログもずっと担当しているので、期間中は子どもたちの動きに張りついて大量の写真を撮り、記事を書いて毎日ブログを更新する。だんだん子どもたちとも仲よくなり、お母さんたちともじっくり話をし、とてもやりがいはあるけれど、責任も重い。

そもそも、なぜこの子たちを関西に呼ぶことになったのか、そのことを思い返すと心は沈む。私たち大人がしてきたことの結果だからだ。
端的にいって、大地震があっても原発がなければ、この子たちは福島で、ふつうの子どもらしい日々を生きていけた。首から線量計をぶら下げさせられることもなければ、避難するか福島にとどまるかで家族や友だちと引き裂かれることも、家や遊び場や学校の放射線量におびえることもなかった。
県外から取り寄せた食品を食べ、側溝や茂みに入らないよう厳しく親から言いつけられ、将来いつの日か、《健康被害》が形をもってあらわれる不安を背中にしょっている子どもたち。
去年もおととしも、地元ではできない自然と一体になった遊びに、しんそこ夢中になる子どもたちの様子を見ていると、ときどき立ち尽くしてしまった。
私たち大人が、この子たちから安心と自由を奪ったんだと。
この地震国に、廃棄物の処理方法も定まらない、事故が起きれば大規模な汚染をひきおこす原発というものを50基以上もつくり、それを受けいれてきた。それは、この国で権利をもつすべての大人に責任があることだ。

事故からたった2年あまり。福島第一原発は、今も制御できない状態が続いている。高濃度に汚染された水も、地中へ、海へと漏れている。
福島県周辺の子どもたちは、今もほとんど放射線量の変わらない多くの場所で暮らしている。除染は、移染に過ぎない。そもそも山林は除染できない。

そしてそんな現実の中、参院選はおこなわれた。
原発の問題を争点にした政党、立候補者は、数えるほどだった。
景気回復、経済復興をとなえた政党が大勝した。彼らは原発を再稼働し、輸出する。福島で子どもたちがさらされている現実は、《ないこと》にされる。そういうマジックが、現実になるのだ。
圧倒的な有権者が、彼らを選んだからだ。この国の大人の大多数が、原発のことよりも、未来の子どもたちの安全よりも、目の前の経済的安定を選んだ。


投票を終え、結果を見た今。
私にできるのは、今年も関西にやってくる、たった30人ほどの子どもたちを迎えることだけ。
福島ではできないことのできる、豊かな日々を過ごさせてやってください、というお母さんたちの言葉とともに、子どもたちはきらきらした眼で長旅を越えてくる。
私が大人であることの責任を、この子たちの眼が照らし出しているといつも思う。



8月半ばのキャンプ終了まで、ひぐらしだよりは休業します。
キャンプでの子どもたちの様子を、7月28日からこちら(「明石であそぼう!たこ焼きキャンプ」ブログ)で見ていただければ幸いです。
[PR]
by higurashizoshi | 2013-07-25 00:22 | 雑感 | Comments(0)

ビビビビートルズ!?

いやもう、こんなに早く発表されるとは夢にも思ってなかったので、しばしボー然としてしまった。
今年は去年の教訓もあって、すべてにおいて早めに、準備万端でのぞもうということなのかな。
そして、昨シーズンみたいにモロゾフ先生にポロポロ先行暴露されないように、ということもあるのでしょうか(小声)。
高橋大輔選手の新プログラムが発表されました。


現役最後、ソチ五輪のシーズン。
いったいどんな曲を使い、どんなプログラムを滑るのか、ファンの間でも議論沸騰。
正統派クラシックがいい、やっぱりここはラベルの「ボレロ」でしょ?情熱的なフラメンコかタンゴで決まり!…などたくさんの意見がネット上に飛びかっていた。
私自身は、たぶんショートかフリーのどちらかはクラシックの流麗なタイプの曲だろうな、でももうひとつは何だろう?アジアを意識した選曲になるのかな?と思っていた。

で、今日11日、アメリカ合宿に向かう直前の伊丹空港での記者会見で、本人がいきなり発表!

ショートプログラムの曲は、佐村河内守作曲の「ヴァイオリンのためのソナチネ」。振り付けは宮本賢二。

まずこれには、「そう来たか!」と思った。
バンクーバー五輪シーズンのときと同じ、日本人の作曲、日本人(同じく宮本賢二さん)の振り付け。
あのときはkobaの「eye」というタンゴ調の曲だったけど、今回は現代の作曲家とはいえ、かなり正統派のクラシックのよう。
佐村河内守さんといえば、今話題の方。広島出身の被爆2世で、耳が聴こえなくなりながら作曲を続けてきた…というくらいの情報は私も知っていた。
「ヴァイオリンのためのソナチネ」、ネットで早速ちらっと聴いてみたかぎりでは、かなり哀愁と情感に満ちたプログラムになりそうな予感…

そして、勝負を賭けるフリープログラム。
これがまさかの…
「ビートルズメドレー??」
パソコンの前で、「えー!?」と3回くらい叫んでしまった。

フリーの曲は、ビートルズメドレー。振り付けはローリー・ニコル。
そして朝日新聞記者さんのツイートによると、メドレーの内容は、「イエスタデイ」「カム・トゥギャザー」「フレンズ・アンド・ラバーズ」「イン・マイ・ライフ」「ザ・ロング・アンド・ワインディングロード」とのこと。

とにかくビートルズの曲は本当によくフィギュアスケートのプログラムに使われる。メドレーの形でつないで使われることも多い。どちらかというと、「ああ、またビートルズ?」という感じなのだ。
だからまさか、大ちゃんの現役最後のフリーにこれが来るとは考えもしなかった。
そして、アイスダンス以外は今はボーカル曲の使用は禁止なので、もちろんボーカルなしのアレンジされた曲を使うことになる。これが一体どんな編曲のものなのか? それももちろん気になるけど、とにかく今は「ビートルズ」ってことにただただびっくり!

いや私、ビートルズ好きですよ。中学時代に音楽に目覚めさせてくれたのはビートルズだったし。
今もときどき運転しながら聴くことあるし。
今回のメドレー曲も、「フレンズ・アンド・ラバーズ」(こんな曲あったっけ?)以外、タイトルを聞くだけでキュンとなるような懐かしい、好きな曲。
でもこれを、大ちゃんが滑るぅ~?
あまりに予想外で、何とコメントしていいか。

でも、たぶん、きっと…
高橋大輔のこと。きっと《誰も見たことのないようなビートルズメドレープログラム》を私たちに見せてくれると思う。うん、ちょっとまだくらくらしてるけど、きっと。


d0153627_1930890.jpg
にっこりアメリカに向かう高橋氏。いや~びっくりさせてくれるわ、この人。
[PR]
by higurashizoshi | 2013-07-11 19:31 | フィギュアスケート | Comments(4)

蒸し鶏をつくる

料理の話を書くのはいつからぶりでしょう。

今日は一週間ぶりに家にいる日だったので、積極的にだらだらしながら参院選公示のニュースなど見ていたら、だらだらした気分がすっかり吹き飛んでしまった。
日本人はこんなに忘れるのが得意な国民なのか。昔からそうか。
給料が増えるのは大事です。物価が安定するのも大事。でもあの事故から2年ちょっとで、原発どんどん再稼働、海外へ売り込み。そして憲法改正して国防軍をつくるという。みんなほんとにそれでいいのか。それがいいのか。

頭を沸騰させつつ、ごはんのしたくをする。
とにかくオフなので数日前つくっておいた蒸し鶏をメインにすることに。

この蒸し鶏、ものすごく簡単にレンジで作るのだけど、そのわりにすごくおいしい。
レンジと大きめの耐熱ガラス容器があればできるので紹介しましょう。
いや、紹介するなんていうと恥ずかしいくらい簡単きわまりないんだけど。

蒸し鶏がわが家の定番なのは、おいしくてみんなが好き、パンにもごはんにも麺類にも合う、カロリー低くて高たんぱく、作り方が超簡単…という理由に加えて、決定的なのは鶏のむね肉が安いことであります。
d0153627_0101331.jpg

国産むね肉2枚。ぷりぷり。
某スーパーで100g68円で購入、これで450円くらいだったかな?
選ぶコツは、2枚の大きさが均等なこと。いっぺんに蒸すので。

d0153627_0141572.jpg

うちは耐熱ガラス(パイレックス)の正方形ふた付き容器をいつも使います。
ここにできるだけぴっちり、みっちりとむね肉を入れます。重ならないように。

塩と白こしょうを振る。
塩はなんでもよいのだが、最近うちはいただきもののこういう塩を使ってます。
なんかありがたい感じがしますね。
d0153627_014415.jpg

肉を裏返して、また塩と白こしょう。
塩はこんな感じで、かなりしっかりと。ひかえすぎると、味がしまらない。塩気はある程度流れてしまうので、びびらずに振りましょう。
d0153627_0145622.jpg

肉にまんべんなく酒をかける。分量なんて測ったことありませんわな。
どぼーっ、ではなく、とぽとぽ…という感じ。底に少したまるくらいかな。
よく酒蒸しは「飲んでおいしい日本酒で!」なんてレシピ本に書いてあるけど、私、飲んでおいしい日本酒なら料理に使いません。飲みます(きっぱり)。
だから使うのは単なる料理酒ね。

ふたをして(ふたがなければラップをかけて)レンジにイン。
1000Wでまず2分30秒加熱します。W数の違うレンジなら調整を。
d0153627_0151988.jpg


あけてみて、表面が全部白くなっていたらオッケー。裏返します。
もし見える部分にまだ赤みが残っていたら、そのまま追加でもう少し加熱。
d0153627_015403.jpg

裏返したのを、また1000Wで2分30秒加熱。
ここがポイントなのですが、ふたを取らないでね。
ふたをしたまま容器を持ち上げ(めっちゃ熱いので気をつけて!)、横やら下やらから見て、肉の表面全部が白くなっているのを確認します。まだどこかに赤いところがあれば、そのままレンジに戻して、少しだけ加熱。
d0153627_0253762.jpg

とにかく、表面が全部白くなったらもういいのです。この時点で完全に中まで火を通してしまうと、硬くなってしまいジューシーな蒸し鶏になりませぬ。
だから、表面はしっかり火を通し、中はじわじわと余熱で通していくイメージ。ふたを取ると一気に容器の温度が下がってしまうので、うまく余熱がきかなくなります。

こんなシンプルな料理ながら、つい加熱し過ぎて硬くしてしまうという失敗を何度もしたなあ~。
で、うちのレンジと耐熱容器と肉の大きさとかの相性、そして「ふた取るな!」のルールがつかめてからは、あっという間にホイホイとできるようになりました。

ふたをしたまま、できればレンジに入れたまま!自然にさまして、しっかりさめたら冷蔵庫へ。
すぐ食べるより、1日以上寝かしたほうが断然おいしい。
大きめ2枚作ると、サンドイッチにごはんにラーメンの具に(もちろんビールのつまみにも!)としばらく大活躍してくれます。

d0153627_0191996.jpg

というわけで、寝かしていた蒸し鶏で今日の晩ごはん。
柚子こしょうが合う、合う!
日本の行く末を案じながら、それでも一日の休息に感謝しつつ、いただきました。
[PR]
by higurashizoshi | 2013-07-05 00:31 | 家事というか | Comments(6)

シーズン開始と、驚きのニュース

フィギュアスケートファンなら知っている、そうでない人はたぶん全然知らないこと。
それは、新しいシーズンの開始が毎年7月1日であること。
7月に入ると、それまでのシーズンは「昨シーズン」となり、これから始まるシーズンが「今シーズン」となる。その日、フィギュアスケートファンの間では、《あけましておめでとう!》のあいさつが飛びかう。
つまり、昨日7月1日から、「2013-14シーズン」、ついにソチ五輪のシーズンが始まったのです。

この日に発表されたのは偶然か必然かわからないけれど、みんながあっと驚くニュースが本人のインタビューという形で報道された。
いうまでもなく、安藤美姫選手が4月に出産し、すでに母になっていたこと。
そのうえで、今シーズン競技に復帰してソチ五輪を目指すというニュースだ。
d0153627_1739136.jpg

もともと、彼女の言動には批判や中傷がつきまとってきた。
予定調和より、自分の意思や感情を優先させる彼女のようなタイプは、特に男女観において保守的な日本のスポーツ界では異質だ。
トリノ五輪前、高校生だった彼女をアイドルのように追いかけ、持ち上げたマスコミは、トリノでの惨敗で一斉に彼女に背を向けた。
その後の復活、練習拠点を海外に移しての活躍。しかしセルフプロデュースの能力が高く、自ら努力して英語もロシア語も身につけ、積極的に活動の場を切り開く安藤選手に、日本のスケート連盟も一般の眼も、これまでひどく冷淡だったように思う。
いわば指導者―生徒という絶対的な関係の《学校型社会》の中で彼女は、はみ出し者だったのだ。

アスリートであるより、ひとりの人間として女性として生きることを優先したい。
それが安藤選手の基本的な姿勢だったのだと思う。
だから、選手は日の丸を背負って、プライベートを犠牲にしてでも「勝つ」ことに専念すべきだ、というこの国の風潮からすり抜けてきた。
そして今回の出産と復帰も、彼女のそうした生き方のあらわれなのだと思う。

そして今回また、どうやら彼女へのすさまじいバッシングが、ネット上でまたたくまに氾濫しているらしい。見ていないので、風の便りに聞くだけだが。
責任、ということでいえば、彼女は自分の選択に対する責任を、最終的に取ることになるだろう。
妊娠について、出産について、未婚であることについて、他人がとやかくいうのは単なる雑音だ。元気な命を授かって、本人がそれを受けいれ、あんなにまっすぐな眼をして微笑んでいるのだ。祝福して、そして彼女の、破天荒な今シーズンへのチャレンジを見守っていたい。なんといっても、シーズン開始の今、彼女は産後3か月もたっていないのだ。

連盟の強化選手からはずれ、今シーズンはまったくの一選手として地方大会から勝ち上がっていくしかない安藤選手。それでもようやく所属会社が決まったという報道もあり、あとはいいタッグの組めるコーチが確保できればと思う。
私としては、安藤選手がもし今シーズン奇跡の復活を見せれば、応援している鈴木明子選手のソチ五輪行きに影響があるのでは、という心配が、正直なところある。でもそれは、美姫さんが精一杯やり、あっこちゃんも精一杯やって、その結果なのだったら仕方がない。

そのあっこちゃんの今シーズンの新プログラムが早くも発表になったというのに、美姫さんの衝撃の報道で、一時は自分でもそのことを忘れてしまったほど。
はい、頭冷やして書いておきます。
毎シーズン、自分のブログ上でファンに新プロを発表してくれるあっこちゃんの、この手渡し感と誠実さもまた、私はとても好きなのだ。

鈴木明子選手、今シーズンのショートプログラムは『愛の讃歌』。
バイオリニスト古澤巌のオリジナル演奏、平沼有梨編曲。
振り付けのマッシモ・スカリ(バンクーバー五輪に出場したイタリアの元アイスダンサー)から「明子の人生を滑りなさい」と言われたそう。
「スケーターとして生きてきた道を表現できたらいいなと思っています。
歌うように
奏でるように
滑りたいです。」
とあっこちゃんは書いています。

そして、フリープログラムは『オペラ座の怪人』。
「クリスティーヌをエモーショナルに演じたいと思います。
パスクワーレが描くオペラ座を表現できることが幸せです。」
と、あっこちゃん。
パスクワーレとは、振り付けのパスクワーレ・カメレンゴのこと。彼もイタリアの元アイスダンサーで、高橋大輔選手にバンクーバー五輪銅メダルをもたらした『道』のプログラムを振り付けたことで日本でも有名になった方。
あっこちゃんとはこのところずっと組んでいて、昨シーズンの名プログラム『オー』も彼の振り付けでした。

とってもキュートな、あっこちゃんとパスクワーレの写真。
d0153627_1745368.jpg

正直、最初知ったときは、ショートもフリーもここまで有名曲?多用曲? ちょっとベタすぎる選択では…と思ったけれど、オリンピックシーズンにして引退のシーズン、クラシカルな選曲でラストを飾るのもいいかもしれない。それに、あっこちゃん+マッシモ+パスクワーレならきっと個性的なプログラムに仕上げてくれるはず!と思うようになった。

これから気になるのは、他選手の動向、なかでもやっぱりあの方の新プログラム。
また何かキャッチして、思うところがあれば書くつもり。
[PR]
by higurashizoshi | 2013-07-02 17:46 | フィギュアスケート | Comments(4)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:53
こんばんは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 22:17
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 16:30
bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 16:13
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:57
お久しぶりです。忙しそう..
by bikegogoy at 07:10
なみさん ずいぶん長く..
by higurashizoshi at 12:52
初めまして。マリンメッセ..
by なみ at 17:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 23:49
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:03

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ

画像一覧