ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

帰還しました

なかなか再開できなかった「ひぐらしだより」。ちょうど今日で、キャンプが終わって一週間経つんだなあ…。そろそろ書けるかなあ…。


今回で3度目のキャンプになったわけだけど、最も暑い時期に重なることもあり、その猛烈な忙しさとカオスな空間に身を置く日々はまさに別世界。
しかし、子どもたちとの再会はなんともうれしいし、新しい子とちょっとずつ親しくなっていくのも楽しい。
今では外で遊んでるよ、という子もいれば、通学や通園以外ほぼ家で放射線を避けて過ごしているという子もいる。食べもの、飲料水、遊び場、それぞれの家庭の選択があり、やり方があり、わが子を守るために何をどこまで、どう気をつけるかというせめぎ合いを、原発事故被災地の親は常にしている。指針は示されず、ただ「大丈夫」「安全です」が繰り返される状況の中で。

一昨年の、震災から数か月でキャンプに来たときにくらべて、子どもたちは一見、落ち着いた。地元の学校の除染が進んでいることから、学校では外遊びができるという子も多い。
除染して本当に安全かはともかく、室内に閉じ込められて過ごしていたあの夏の不自由さに比べれば、ずいぶん子どもたちの環境は変わったとはいえるだろう。
だから、「子どもたちをとにかく安全な戸外で遊ばせてあげたい」という、保養キャンプの当初の、一義的な動機は弱まった。そのことをこの第3回のキャンプで感じた。けれど、その一方で、この2年半近くの間に子どもたちの心身でおきてきた変化を、初めて如実に感じたのも今回のキャンプだった。

「あたしたち、福島だから結婚できないよね」「子ども生めないし」「30歳になったら死ぬから、好きなことしたい」。
小学校高学年の女の子たちは、あたり前のことを言うようにさらりと言う。
そのことを理屈で否定しても、あまり意味はないのだろう。問題はそういう思いを、怒りとしてでなく諦念として表現すること、そうせざるを得ない子どもたちの「今」にどう寄り添うかということなのだと思う。

たくさんの支援者から届いた野菜の余り分を、お別れバーベキューのときに「ご自由にお持ちください」と書いて箱に積んでおいたら、子どもたちが群がって自分の袋に野菜を詰めはじめた。しかもなぜか、男の子ばかり。
聞くと、「お母さんに持って行ってあげるんだ! これは放射能入ってないから」。
「おお、お母さん喜ぶねぇ」と言いながら、胸がつまる。食材調達に心を砕いている母親のことを、息子たちはよく知っているのだ。

全体的に子どもたちには、皮膚疾患や呼吸器系の疾患が多く、薬の使用も多い。外遊びが少ない影響もあるのかもしれないし、親も神経質になっているところもあるのかもしれない。だけどもし自分が福島に住んで子育てしていたら、神経質にならない方がおかしいだろう。
この国で未曾有の原発事故と大規模な放射線被ばくが発生してから、わずか2年半足らず。
たったそれだけしかたっていない。まだ、この事態は始まったばかりなのだ。そして子どもたちの未来は長い。

たとえ低線量といわれるレベルになっていても、日常的に他の地域とはくらべものにならない放射線量を浴びて育つ子どもたちに、せめて長期の休みの間だけでも、安全な場所でのびのびと過ごしてもらうこと。そのぐらいのことを大人が準備できなくてどうするのだ、と思う。
でも事実は、わずか30人ほどの子どもを半月招くだけで精いっぱいな自分たち。歯がゆいけれど、この小さな歩みをともかく続けていくほかはない。

そして「福島だから」というあきらめの声を子どもたちが発することが、いつかなくなるように。そんな悲しいことばを、子どもたちに言わせているのは誰か。
今回キャンプの最中に思っていたこと。これは《支援》なんかじゃない、この国で生きる大人として、私はその責任のはしっこを、こうしてごくわずかに背負わせてもらっているのだ。
いっそう、その気持ちが強くなった。

d0153627_2345046.jpg


そうはいいながら、やっぱりひぐらしはひぐらし。
キャンプ中には数多くのドタバタ、失敗を繰り返し、新たなレジェンドを作ってしまったのでした。
まさに、涙あり、笑いあり(などと言っていると迷惑をこうむった人たちから殴られること必至)。
次回は、ゆるゆるとそんな話も書いてみましょう。


今回のキャンプの様子は、こちらからどうぞ(ブログ担当のせいで、ものすごく長大です。ご覚悟を)
[PR]
by higurashizoshi | 2013-08-18 23:07 | 雑感 | Comments(0)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 14:59
いやー、楽しかったです南..
by bikegogoy at 22:38
伝わってきます。なんてい..
by まにまに at 10:40
まにまにさん 読んでく..
by higurashizoshi at 22:45
先輩、すごい旅をしたんだね。
by まにまに at 18:27
おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 08:28
こんにちは。 男子SP..
by Disney 鴨 at 17:05

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ