ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

グランプリシリーズ第2戦 スケートカナダ

グランプリシリーズが開幕すると、とにかく毎週大会があるのであっという間に日がたってしまう。
その間にも実家の小康状態を見すえながらタタと上京、最短コースでいろいろと人に会ったりして、戻ってきたと思ったらもう第2戦のスケートカナダ。ていうか、もう終わってしまいましたよ。
今回は女子は見ごたえあり、男子はかなりの自滅組が目立つ試合となりました。ペアの放映はCSでこれから、アイスダンスは例によって例のごとく、いまだ放映予定すらアップされてないという状況。カップル競技のこの扱いのひどさ、ほんとに何とかならないのだろうか。ああ、早くアイスダンスがまともな画質で観たい。


男子表彰台。
1位カナダのパトリック・チャン選手、2位羽生結弦選手、3位織田信成選手。
d0153627_132168.png

結果としてはこうなった、という感じ。なにせ、今回の男子は非常に多くの選手にショート、フリー通してジャンプをはじめとするミスが頻発、得点としては世界王者パトリック・チャンにして、スケートアメリカでの町田選手を下回ったという。もちろん、それだけまっちーが高得点を出したということでもありますが。
パトチャン、それでもやっぱりスケーティングの質がまったく他選手と別次元。ソチに向けて用意したフリー『四季』も、オーソドックスながら気品のある、よくできたプログラムだった。
d0153627_1225549.png



羽生くんは、内容的にはよく2位にとどまったなと感じるほど、今回は空回りだった。
すべての試合を勝ちに行く、行けるはずだという強気が、彼の場合何かがうまくかみ合わなくなるとガタガタと演技が崩れる結果につながる。
何のストレスもなく跳べていたはずの4回転トーループも、ショートでは転倒、フリーでも着氷乱れで一度降りたのみ。
d0153627_1242332.png

ショートプログラムを昨シーズンから続行にしたのも、今のところマイナスに働いていると思う。二度も世界歴代最高得点を叩き出して人々に記憶されたプログラム『パリの散歩道』を再度滑るのだから、昨シーズン以上の出来でなければなかなか高評価は出てこないだろう。
しかし絶対に弱気にならないのがこの若者。悔しさのカタマリだった今回のリアクションを見ていると、おそらく次の試合からは調子を上げてくるだろうと思われる。


織田くんはジャンプミスもあったものの最小限に抑え、まずまずの滑りでグランプリシリーズをスタートできた。
高い能力を持ちながら、大きな試合になるとメンタルの部分でつまずき、なかなか結果を出せないことが多い彼。高橋選手と同様、織田選手も今季がラストシーズン。笑顔で終われるように(でも大ちゃんは蹴落とさないでくれ~!)
d0153627_12448100.png




ほかにも触れたい選手はいるのですが、とり急ぎ女子へ。
表彰台はこの3人。
1位ロシアのユリア・リプニツカヤ選手、2位鈴木明子選手、3位アメリカのグレイシー・ゴールド選手。
d0153627_131993.png


出たーっ! と思わず叫んだのが1位に躍り出たリプニツカヤ選手。まだ15歳になったばかりで、とにかくすごいジャンプとすごい柔軟性、身体能力。しかも彼女、年齢制限ぎりぎりでソチ五輪に出場できるんですねえ。逆にわずかな年齢制限ぎりぎりでトリノ五輪に出られなかった浅田真央さんを思い出す。あの時期、ジャンプ無敵だった浅田選手がもしトリノに出場していたらどうなっていたかな、などと考えてしまう。

というくらい、今のリプちゃんの勢いはすごいです。昨シーズンはまだ正直《軟体少女》というイメージだったけど(真一文字になってしまうスピンとか、曲芸みたい)、今季は思いっきり五輪ねらってきたのがありありとわかる、表現面でも瞠目すべき成長ぶり。
とはいっても、まだまだ幼く、スケーティングも荒い。そこを補うのがプログラムの妙。
特にフリーのプログラム『シンドラーのリスト』は、こうきたか!と思わずうなるような作りです。

d0153627_1253396.png

映画を観た方はすぐにピンとくると思うのだけど、「シンドラーのリスト」でユダヤ人狩りがおこなわれるシーンに、何度か真っ赤なコートを着た少女が登場する。遠景で映し出されるだけだが、モノクロのシーンにその少女の赤いコートだけがカラーで、とても印象に残る。
リプちゃんのこの衣装、私にはそのコートを模した(つまり狩られる側だった少女を演じている)と思えてならない。ちょっと、あざといかな?と思うほど、これはヨーロッパを中心とする観客の、そしてジャッジの心もつかむ作戦ではないだろうか。終始憂いを秘めた表情で演じられるこのプロ、少女期の彼女にしか演じられないグッとくるものが詰まっている。


そして2位に入ったのが、あっこちゃん! よかった!
1位のリプちゃんと13歳の年齢差。これが大人のスケートだ!と見せつけられるような滑りに、思わず胸が熱くなりました。
ジャンプのミスが少しあったものの、非常に落ち着いて上手にリカバリーをおこない、しっかりと順位をたぐりよせたのは本当に立派。もちろん演技構成点は全選手中ダントツ一番です。

d0153627_1293367.png

ショートの「愛の讃歌」、フリーの「オペラ座の怪人」と、今季は比較的王道なプログラム。
昨シーズンの「キルビル」、そして特にフリーの「オー」の、彼女にしか出せない個性的なプロが大好きだった私としてはちょっと「どうかな?」という気持ちがあったのだけど…
集大成でもあり、最後の五輪シーズンでもある今季に、自分自身これがやりたいと思える音楽で、彼女の美点をよく知るマッシモ・スカリとパスカーレ・カメレンゴ振り付けで、どちらもとても素敵なプログラムが出来上がったと思う。
あっこちゃんにとってのグランプリシリーズ初戦、いいスタートが切れて本当によかった!

d0153627_1264129.png




そして休む間もなく、すぐに始まる第3戦の中国杯。
今度は時差がないから?CSで生放送してくれるのですが、予定がありほとんど生では見られないのが残念すぎる!
そしてスケート以外のことがなかなか書けないのが困ります…
[PR]
by higurashizoshi | 2013-10-30 01:36 | フィギュアスケート | Comments(0)

グランプリシリーズ開幕 スケートアメリカ男子

いや~終わりました、スケートアメリカ。
グランプリシリーズとうとう開幕!と武者ぶるいしていたところ、フタを開けてみると男子は予想をくつがえす結果。
いやもう、正直めげました。全世界で多くの高橋大輔ファンが、今なんともいえない、こう不安を打ち消したくて頭ぐらぐらするような気持ちで過ごしていることでしょう。


まずは男子の表彰台から。
d0153627_114125.png

優勝は町田樹選手。2位はアメリカのアダム・リッポン選手、3位は同じくアメリカのマックス・アーロン選手でした。

これ、おそらく大方の誰もが予想しなかったラインナップだと思う。
アーロンくんは四回転ぶっとび男なのでメダルの可能性はありだったけれど、あとの2人はまさに、ダークホース。


まずはまっちー。
d0153627_11504.png
ぶっちぎりました。しょっぱなから見事にショートプログラムとフリー、ぶっちぎりでそろえてきました。
四回転スムーズに跳べるようになってるらしいとは聞いてはいたものの、ここまで安定して涼しい顔で複数回跳べるようになってるとは、ほんとうに驚き。昨シーズンのまっちーとは別人のようです。
d0153627_1151741.png
自己ベストをめちゃくちゃに更新して、初戦でいきなり高みに立ち、ソチ行き切符の一枚は僕がもらいますと公言するまでに。自己の哲学を織りまぜた饒舌インタビューにも、気負いとプライドがにじんで初々しいぞ!
さてシーズンが進んでいく中で、まっちーはこの絶好調を維持できるか否か。


2位のアダム・リッポン選手。
実は以前から好きでした(告白)。スケーティング技術やジャンプはこれまでそれほど安定していなかったものの、とにかくこの人は滑る姿が美しい。高貴です。
d0153627_1153686.png
この数年は迷走もあり、「リッポンくんなぁー」と思っていたのだけど、今回はひさびさに会心の《高貴なるアダム・リッポン》が帰ってきただけでなく、強靭さもプラスされてかっこよかった! 久々のグランプリシリーズのメダルおめでとう!


5位に入ったジェイソン・ブラウン選手。
d0153627_1155227.png
実はこの人も好きなんです(告白)。今季ジュニアからシニアに上がってきた18歳。高い柔軟性を生かしたしなやかさ、そして音のとらえ方がすごく上手。観ていて快感です。
ジャンプはまだ四回転を入れてない構成ながら、今後大きな成長を予感させるスケールの選手。しかも彼、オンアイスではかっこいいのに、氷から上がると…乙女ちゃんなんです。

「きゃっ!すごい点でちゃった!」
d0153627_1161145.png

「らぶー!」
d0153627_11729.png
いつもキスクラではコーチにこうやってしなだれかかる乙女ちゃん。
この素直さ、もう目が離せません。



小塚崇彦選手は、けして調子は悪くなかったと思うのに、惜しいところのジャンプミスが重なって点が伸びず、思いがけない6位という順位に終わった。
昨シーズン後半の悔しさを晴らし、ソチに行きたい思いは彼ももちろん強いはず。挽回を祈ります。
d0153627_1172849.png




そして、高橋大輔選手は4位。
かろうじてこの位置に踏みとどまった、といわざるをえないのがなんともつらい。
でもこれが今回の、現実。

体調なのか、靴なのか、メンタルか、不調の原因はいろいろ考えられる。それは本人と周りのスタッフが一番よくわかっていること。
仕上がりが早いといわれていたショートプログラムですら、氷上に出てきたときから精気が感じられなかった。「ヴァイオリンのためのソナチネ」の最初の一音が鳴り始めたときに、いつもなら憑依するはずの何かが、まるでどこかに行ってしまってるような。
d0153627_118065.jpg


フリーの「ビートルズメドレー」も、幸福感を振りまく余裕はまったくなく、なんとか曲についていくだけのハラハラ具合。
いや、もちろんステップ、身体の使い方、あらゆるスケーティングにおいて、ほかのどんな選手にもできない凄いことの連続ではあるのだけれど。
d0153627_1183515.png


四回転が決まらないことは、現状としてしかたがない。
それ以外のジャンプが崩れていくことも、ここまでとは思っていなかったにしても、ありうることではある。
気になるのは演技後のキスクラやインタビューでの彼の表情や態度。
ひさびさにトリノ五輪あたりまでの、演技での失態後お決まりだった、投げやりに自嘲してはしゃいでみせる小僧時代を思い出してしまった。
長らく見なかった、高橋大輔のこんな自虐の顔。
今回、ジャンプの失敗よりも、演技の不首尾よりも、このことが一番心に痛かった。

と同時に、ここからなのかも、とも思った。
ベテランの風格を捨て去った、生の顔。悔しくて、情けなくて、不安で、全然かっこよくない高橋大輔。ここからまた這い上がって、彼がどこまで行けるのかを見届ける。
いきなり切り立った山が目の前に、いや断崖絶壁? 大ちゃんファンは最後の競技シーズンも翻弄されまくることになるんだなあ。きっときっと、彼ならできると信じて。
[PR]
by higurashizoshi | 2013-10-22 01:28 | フィギュアスケート | Comments(2)

ジャパンオープン2013、新プログラム

またまた更新できないでいる間に、フィギュアスケートの本格的な競技シーズンがスタートし、あちこちから新プログラムの披露が飛び込んでくるようになった。
日本の男子選手の、考えただけで震えがくるほどの過酷な五輪代表権争いの道のりが、いよいよ始まったのだ。

たった3枠の代表権に、ざっと数えても高橋大輔選手、羽生結弦選手、小塚崇彦選手、織田信成選手、無良崇人選手、町田樹選手と少なくとも6選手が実力として拮抗している。
すでに試合で4回転ジャンプを鮮やかに決めてみせた織田選手(先月のネーベルホルン杯優勝)、町田選手(先月の近畿選手権大会優勝)、ミスはあったものの4回転を降りた無良選手(オンドレイ・ネペラ杯2位)、そしてこのほどフィンランディア杯で新フリープログラムを披露して大量得点差であっさり優勝した羽生選手など、B級の国際大会や国内試合でそれぞれ助走をつけて、まもなく始まるグランプリシリーズ、そして年末の全日本選手権へとこれから進んでいく。

d0153627_15555190.png

羽生くんの新衣装は、ジョニー・ウィアー選手のデザイン。ジョニーらしく装飾的でゴージャス! しかし相変わらず結弦さん、なんちぅ細さだ。

それにしてもみんな、4回転飛ぶ飛ぶ! 羽生くんはもちろん、織田くんもまっちーも、今季しょっぱなからジャンプの切れが実によく、快調すぎるほど。
昨シーズン後半ケガでフェイドアウトしていた小塚選手も、今季は正念場として復活してきそうだし、五輪代表の3枠を誰が取るかは、本当に最後の最後までわからないという状況。


そして、10月5日におこなわれたジャパンオープン。
とうとう、高橋選手の新しいフリープログラムがベールを脱ぐ日。
選曲が「ビートルズメドレー」であることに腰を抜かしたあの日から、本人やプログラムを目撃したメディアなどからは「優しい」「あたたかい」「愛あふれる」等々、従来の大ちゃんイメージとはかけはなれた、ほんわかプロ…? まったく想像がつかない…。なんでまた最後のオリンピックシーズンに、あえて…?と思わせるような言葉ばかりが聞こえてきて、頭の中は混乱というよりただただ「?」が浮遊する状態だった。

振り付けのローリー・ニコルとは初めて組むわけだし、正直私の中では過去のローリー振り付けのプログラム(得点の取れるうまい構成の、オーソドックスな音楽を使った王道プロというイメージ)と大ちゃんの個性がまったくリンクしなかったので、ほんとうに想像がつかないし不安も大きかった。


さて、実際にジャパンオープンで新プログラム「ビートルズメドレー」を観た感想。

まず、衣装が予想外。圧倒的に黒の多い大ちゃん衣装の中で、今回はピュアなイメージで来るだろうとは思っていたが、こういう柔らかいうえにも柔らかい素材のオフホワイトとは考えていなかった。白系で来るなら、もっとスリムなラインかと。

ヨーロッパや北米の選手が、クラシックプロで着る衣装みたいな感じ。綺麗だし、大ちゃんがこれを着るのが新鮮といえば新鮮だけど、もう少し上半身のどこかにタイトなところがほしい気が。
でも、このどこまでも柔らかな感じが、おそらく最後の競技フリープロになるだろうこのプログラムに対する、彼の思いのあらわれなんだろう。

それは冒頭の表情からもあらわれていて。
ひえー、こんな優しい顔で始まるプロなんて見たことない。

d0153627_16132750.png


最初の4回転トゥーループをおしいところで転倒、トリプルアクセルも転倒と、ジャンプは大きな失敗があったにもかかわらず、とにかく最後まで微笑みを絶やさず、不思議なほど柔らかく滑り切ったことが印象的だった。
もちろんステップのバリエーション、高橋大輔にしかできない多彩な音のとらえかたは圧巻。特に今回、ローリーに指摘されてさらに磨いたというエッジワークは、もともとあれほど凄かったのにさらに進化していて、まるで魔法使いのよう。
けれど、メドレー曲の中で「カム・トゥギャザー」タンゴバージョンの《いつもの濃く!激しく!刻む大輔ワールド》感を除くと、どの曲もおだやかで、優しくて、「あれれ?大ちゃん、ふわっふわ?」という夢見心地のままで終わってしまったような。

d0153627_1627533.png

そして、滑り終わったあとの大ちゃんもまた、あれだけジャンプミスがあったのに(スピンまでミスあり!)さわやかな笑顔が絶えなくて、インタビューでもとても自己肯定的で…。「なんなん、この突き抜けた明るさは?」とこれもまた新鮮に思ったのだった。
とはいえ、このプロについては、いまだキツネにつままれたような感じは続いている。
(余談ですが、私は子どものころ《キツネにつつまれた》ような、と間違って憶えてました。この言葉をリアルに想像すると、すごい不思議感でいっぱいでした。もちろん、つままれるのも不思議だけれどね)


この日、ぶっちぎりで1位になったハビエル・フェルナンデス選手はフリーで4回転を3度、降りてみせた。
たとえスピンやステップでレベルが取れなくても、表現力が評価されなくても、4回転を完璧に決めれば(しかも複数回)勝つのだ。それが今の男子フィギュアスケートの世界。
今の段階で、大ちゃんは決して有利ではない。というか率直にいって、今の段階ではあやうい。重要な試合の局面で4回転がきっちり入らなければ、絶対に上位には行けない。しかもその上位というのが世界の、だけでなく、日本国内の代表権争いでもまったく変わらないレベルでそうである、というところがおそろしい。

4回転を跳ぶための努力は、ずっとずっと重ねてきている。最良の方法を模索して模索して、練習を続けてきている。それでもすんなりと、確実に決めるところまでいかない、大ちゃんの4回転。
にもかかわらず、プログラムを鉄壁の「濃いダイスケ」で固めて五輪シーズンを迎えなかったところが、この期におよんで新しいチャレンジをしていくところが、また彼らしいのかもしれないなあ…とも思う。
だってそのほうがたぶん、楽しいから。面白いから。そう思ってるんじゃないかな?大輔さん。

勝つことはもちろん、求め続ける。
でも、アスリートとしての最後を、自分を《見せる》ことよりも、スケートへの、周囲の人たちへの思いの表現にしたい。
そんな彼の、たぶんこれまでなかった心の広がりもまた、感じられる気がした新プロ初見だった。
まあ、まだまだ頭の中はキツネにあちこちつままれたままで、しっかり像を結ばないままだけど…

悲壮感なく、オリンピックが終わるまで彼が笑顔で滑り続けてくれたら。
ファンもきっと途中、泣いたり笑ったりしながらも、悔いなくいられる。そんな気がする。
とうとう高橋大輔、最後の競技シーズンが始まった。
[PR]
by higurashizoshi | 2013-10-08 16:46 | フィギュアスケート | Comments(0)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:53
こんばんは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 22:17
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 16:30
bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 16:13
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:57
お久しぶりです。忙しそう..
by bikegogoy at 07:10
なみさん ずいぶん長く..
by higurashizoshi at 12:52
初めまして。マリンメッセ..
by なみ at 17:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 23:49
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:03

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ

画像一覧