ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

京都

考えてみればとても長い間行ってなかった、京都。
両親の故郷であり、先祖のお墓もあり、私自身も学生時代に住んでいた町だけれど、ずいぶん遠ざかっていた。
思いがけず、その京都に続けて2回も行く機会があった。

一度目は、ひさびさに会う友だちと貴船へ。
その前に訪れた建仁寺で、カメラ修行。いろいろな色味で撮ってみたり。
d0153627_22161182.jpg


貴船では川床初体験のはずが、まさかの豪雨にあってしまい、川床はいずれまたのお楽しみとなってしまった。
すごい雨のおかげで、貴船の景色も撮れずじまい。
川辺の部屋でいただいた、美しい川魚料理の写真で雰囲気を感じていただければ。
d0153627_22195559.png


このとき友だちに「いいカメラ持ってるね!」と言われ(この友もカメラ好き)
「ふふふー。もらったんだ~」と言ったら、
「これに合う望遠レンズ、余ってるよ。バッテリーも同じのが余ってたな~。旅に行くなら必要でしょ。今度送るよ!」
だって…
またも、またも《いただきものクイーン》になってしまった私。
自覚ないだけで、ワシはよほど物欲しげな眼をしてるのか?
はたまた、ビンボーな私にリッチで心の広い友人知人が多いだけなのか。



さて、二度目の京都行きは昨日。
京都市美術館で開催中の「バルテュス展」が、うかうかしてると終わってまう~ということで、タタとミミと行ってきた。

展覧会の前に、南禅寺へ。
d0153627_2313047.jpg

夏の緑が美しく、しんと澄んだ空気がなんとも心地よい。
京都に住んでいた昔は幾度となく歩いたあたりだけど、うーん、いったいいつからぶり?
d0153627_2385028.png

タタとミミは、考えてみたらこんなふうに京都をそぞろ歩くのはほとんど初めてなのだった。
これまで、そんな余裕はなかったんだよなあ… と、ついいろいろ感慨にふけりつつ、お寺を見て、名物の湯豆腐を食べて、おもむろに美術館へ。

d0153627_2385024.png

昔むかし、日本で開催されたバルテュス展を見たときの印象とずいぶん違っていたのは、私が年齢を重ねて感性も変化したからなのか。
興味深くはあったけれど、近年見た中で一番といっていいくらい、なぜか心動かされることの少ない展覧会だった。
今の私には挑発的な少女たちの絵より、むしろ晩年の風景画の、無駄をそぎ落とした枯れた美が印象的だった。


美術館のあとは、四条河原町に移動。
この前友だちと「もうなくなったらしいよ?」「いや、きっとまだある」と言い合いながら訪れて、
「あったー!」と二人で大喜びした往年の名喫茶「フランソア」へ。
d0153627_23302523.png

私にとって学生時代の思い出の店であるだけでなく、なんとうちの父母も青春時代に通っていたという店。
まさか、自分の子どもたちと来ることがあるとは思わなかった。

店の中もまったく変わっていなくて、何十年もの時が、ここではゆったりとたゆたっているよう。
クリームのたっぷり入ったなつかしい味のコーヒーの、オリジナルのカップも昔のまま。
d0153627_23303958.png

「映画のセットみたい~」とタタもミミもいたく感動して、また来たい!とのこと。
どうかこのままの姿でこれからも残っていってくれますように。


そのあとは、先斗町を歩いてその豹変ぶりにびっくり。
あの玄人筋の粋な小路が、昔の面影はほぼなく、一般的でオープンなお店がこれでもかというくらい並んでいて、知らずに歩いたら先斗町だとわからないくらいだった。
それでも、横にのびる路地をのぞきこむと、昔の京都らしい面影がある。
d0153627_23162958.png


夕暮れの先斗町の店先で、ちっちゃなうさぎもほっと一杯。
d0153627_2317691.png



先斗町を抜けて三条から鴨川べりへ。
夏の風物詩の、料理屋の床(とこ)も昔にくらべてずいぶん増えたんだなあ。
床に灯がともり、夕闇がせまる。
はるか北山の景色がほんとうになつかしい。
d0153627_23224887.png



京都にはやっぱり、そこにしかない空気がある。
ほんとうにひさしぶりに、そのことを思い出した。
うん、私は京都がとても好きだったんだな。

きっと、また行こう。
[PR]
by higurashizoshi | 2014-08-28 23:34 | 雑感 | Comments(0)

新しいカメラ

もう6年越し使ってきたデジカメ、愛用しつつも「もう少し性能のいいのがほしい…」「やっぱ一眼がいい…」と思い続けていた矢先、ひさしぶりに会った友だちから降ってわいた話。
友だちの彼女が以前買って、まったく使ってないミラーレス一眼があるという。

「ほしい?誰か使ってくれる人がいたら譲りたいって言ってたから、聞いてみるけど?」
友だちのその言葉につい舞い上がって「ほしい、ほしい!」と言ってしまったら、彼女さんからさっそくピカピカのとーってもオシャレなミラーレス一眼が送られてきた。お手紙と、そのカメラの使いこなしブックまでつけて。

うわー、どうしよう?とにわかに恐縮してしまったけど、「カメラも喜ぶと思います」というようなことを書いてくれていて、ありがたく受け取ることにした。
もちろん、これまでポケットにつっこんで走り回っていたデジカメに比べると少し大きいし重いけど、昔使っていたフィルム一眼にくらべたら信じられないコンパクトさ。
おまけに、仲立ちをしてくれたその友だちからも、「新しいの買ったから」とデジカメをひとつもらってしまった。
去年まで彼が世界旅行をしていたときに、サブカメラとしてお供していたものだそう。
これも、私が今まで使っていたデジカメより画素数も性能も上。少し古いけど、ぜんぜん気にならなくてこちらも早速使っている。

というわけで、いきなり3台のカメラ持ちとなった私。
いや、最近使ってないけどフィルム一眼もまだ存命だから4台か。
考えたら、最新の2台は今書いたように降ってわいて譲ってもらったものだし、最初の一眼と愛用デジカメも、思い返すと過去にプレゼントでもらったものだった…

みなさん、ありがとうございますだ(いきなり平伏)
いやあ、気前のいい人たちが周りにいてくれてほんとうにありがたい。
というか自分で買ったこともなくて4台もカメラあるってバチ当たりではないのか。
などと思い乱れながら、新しいミラーレス一眼を持って歩いてあちらをカシャ、こちらをカシャ。
なんだかまだ使い方がよくわかってないけど、いろんな雰囲気の写真が撮れて楽しい~

親戚の赤ちゃんとか天使みたいに撮れるし、うちのチャーくんだって鮮明。
(背景がひっ散らかってることを気にしてはいけません)
d0153627_155350100.png


庭の伸びホーダイの蔦の葉だって、おお、ここはどこ?な感じに撮れる。
d0153627_15484843.png


私の悪いクセで、ある程度「わーい」と喜んで使ったあとはほったらかし、進歩なし、とならないように気をつけねば。
いやそんなことより、家の内外をもうちょっと片づけることに時間を使ったらいかが。

まあ、とことん沈んでいた気持ちがこうして少し浮上してきたのを、まずはよしとしましょう。
[PR]
by higurashizoshi | 2014-08-20 15:55 | 雑感 | Comments(0)

はっとして

自分のブログを開いたら、アリナミンAの広告が出ていたのでショックを受けて、思わず登場。
たいへん、ご無沙汰しておりました。

留守の間も、けっこうな数の方が訪問してくださっていたようで、申しわけない…
震災の年以来の、私にとっての夏の天王山、被災地の子どもたちを招く保養キャンプが終わったのが一週間ほど前。
例年のごとくブログ記者として、そして全体をうろうろする人(?)として、ひたすらキャンプ色の13日間を過ごし、その後はヌケガラのごとき状態でシャバの雑事に戻って働いておりました。

で、それと同時進行で、ペンディングになっていた旅行計画を練り直し、旅行社に出かけて打ち合わせをし、ひっさびさにパスポートを取り、条件に合うアパートメントホテルを探してネット上を駆けずり回り…ということをやっていて。
とかいいながら、個人的状況からして、はたしてほんとに秋に旅に出られるのかどうか、何の保証もないという…きわめて《ひぐらし》的な状態。

昨夜は相当ひさしぶりに映画を観て、またひとつ現世に意識が戻った感が強くなり、そしていつの間にやらフィギュアスケートだってあなた!もうジュニアの試合はとっくに始まってるじゃありませんの!
いやジュニアだけじゃなく、アジアンオープントロフィーでショーマ(宇野昌磨選手)が優勝、しかもクワド成功ですって!
(とても手足が伸びたショーマ16歳の、アジアンオープン・フリー演技はこちら。この人の身体表現力の今後がほんとうに楽しみ。音のつかみがとにかく素晴らしい!)

もちろんあの方の動向もしっかりチェックはしておりますよ。
ショーにはぜんぜん行けないけれども、目の端に「D」の字が入っただけで扁桃体がピンと立つので。
足の状態はどうなのか? 少なくともショーではジャンプをほぼきれいに跳んでいるし、身体のキレもいい、らしい。
ファンの間で話題のこんな動画も観ています。これを無償で作る方の熱意がすさまじい。怒涛の「D」世界を堪能できます。



と、いうようなことをしながら。
ときどき、しん、と立ち止まり。

迷い、悩みは尽きず深い。
解けない糸は、いくつも身体のぐるりをめぐる。

昨日は終戦の日。
非戦の誓いをくちびるに、手足はどこにのびていく?

d0153627_22441811.png

[PR]
by higurashizoshi | 2014-08-16 23:00 | 雑感 | Comments(0)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

初めまして。マリンメッセ..
by なみ at 17:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 23:49
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:03
bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 14:59
いやー、楽しかったです南..
by bikegogoy at 22:38
伝わってきます。なんてい..
by まにまに at 10:40
まにまにさん 読んでく..
by higurashizoshi at 22:45
先輩、すごい旅をしたんだね。
by まにまに at 18:27
おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ

画像一覧