ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

どこかへ

ひさしぶりに、日常の買いものをしに大型店舗に行った。
たくさんの食料品、日用品、クリスマスのお菓子、お正月用品も並んでいる。
ぐるぐる、ぐるぐる売り場を回る。買うべきものを手に取る。棚に戻す。
ふと気づくと、またぐるぐると売り場を回っている。
何を買ったらいいのかわからない。
何もかもが、何かを思い出させ、何もかもが、やわらかに深く、胸を衝く。

父が突然亡くなってから一週間が過ぎた。
最後まで現役で仕事をしていた父の急逝は、多くの人に衝撃を与え、そして多くの人が心から父のことを悼んでくれた。
たくさんの人に愛し愛され、幸せな父だったと思う。
やるべきことをやり終えたかのように、ある夜、音もなく旅立っていった。
父らしい最期だとみんなが言う。歳を重ねた方々からは、かくありたいと、口々に言われる。

あの日から、幾人に対して、父の死を、その現場を、その前後のことを、繰り返し説明したかわからない。
何の予告も予感もなく、はたりと止まってしまった父の心臓。
私たちを何ひとつわずらわせることなく、きれいに逝った父。
それはもう、ひとつの物語のようになってしまって、私はまるで糸車を回すように、その物語を語って聞かせているような気がする。
人にも、自分にも。

残された父の肉体に別れを告げ、見送った。
父を愛した人たちと、悲しみを共有した。
そのあとのさまざまな仕事に追われ、さらに何日かが過ぎた。
そしてふと私は思う。
父はどこにいってしまったのだろう?
まるで、雲隠れの術のように、父は消えた。

ひとりでいると、ときどきあふれてくる涙には、特に意味はない。
たぶん父の肉体を見送った記憶が、よみがえるだけなのだ。
何十年も着ていた服を脱ぎすてるように、父はあの肉体を置いて消えた。
私たちの知らない、どこかへ。
そのことの意味を、私はまだ見つめているだけで、理解していない。



d0153627_16201295.png

[PR]
by higurashizoshi | 2015-11-24 16:21 | 雑感 | Comments(3)

グランプリシリーズ2015 第3戦・中国杯 男子・ペア・アイスダンス

さて、中国杯男子です。
日本の選手が出場していないということで、テレビ放映は冷遇状態でしたが… もったいない! すばらしい内容だったんですから!

中国杯2015男子表彰台
第1位 ハビエル・フェルナンデス選手(スペイン)
第2位 ボーヤン・ジン(金博洋)選手(中国)
第3位 ハン・ヤン(閻涵)選手(中国)
d0153627_1037233.png


もっとも話題をさらったのは、言うまでもなくボーヤン・ジン選手の驚異のジャンプ構成と、その成功ぶり。
今季シニアに上がったばかりの18歳ですが、ジュニアのときからミラクルジャンパーとして名をはせていたボーヤン。
四回転ジャンプを十代前半からどんどん跳び、すでに多種類のクワドジャンパーになったうえで、満を持してのシニア入りだったのです。
d0153627_10454148.png

昨季まではまだ全体に子どもっぽく、マッチ棒人形みたい(失礼)だったボーヤン。ジャンプ以外の要素は置いてきぼりな感じで、ただただすごいジャンプだけの選手、という印象でした。

それが今回ひさびさに見たら、身体つきや雰囲気もずいぶん大人っぽくなっただけでなく、音楽表現やステップに相当力を入れて鍛えてきた感じで、お、ボーヤンが踊ってる?表現してる!? もうマッチ棒人形じゃないぜ! と瞠目。
身体能力めっちゃ高いのでしょう、身のこなしもキレキレじゃないですか。とはいえまだまだ、決められた通りパキパキ振り付けをこなしてます!という感じなので、これからきちんと個性を出していってほしいところです。
で、ジャンプはやっぱり来ました。クワドルッツ×トリプルトゥのコンビネーションという前人未到。クワドルッツ単独だけでも史上2人目の快挙だというのに、かるーくコンビネーションで決めちゃう。そしてこの軸の細さ、あざやかさ。
今季フリーは四回転を4本入れる構成。4本。…もう、四回転ジャンプってものにぜーんぜんストレスないんでしょうね。まさにジャンパーの限界に挑戦中!ですが、今後さらに大人体型になっていくとどうなるのだろう?



そのボーヤンを最終的に寄せつけず、1位を守ったのがハビエル・フェルナンデス選手。
で、今季のハビーはショートプログラムがめちゃくちゃかっこいい!
d0153627_21253996.png

失礼ながら、この写真をパッと見ただけではハビーとは思えないほど。
これまではおちゃめでコミカルなプロが持ち味という感じでしたが、このプログラムでついにスペインの男を、ド直球に演じてみせたんですねえ。アントニオ・ナハーロさん振り付けのマラゲーニャ! 王道中の王道フラメンコです。
今回はジャンプも冴え冴えと決まり、トップに立つスケーターとしてのオーラが全身から放たれていました。
いや~こんなかっこいいハビー初めて見たわ。ゾクゾク。

フリーでは従来の洒脱系プロで、四回転3本の構成。3つ目のサルコウが転倒になったものの、全体に安定した演技でした。時折出る悪いクセのジャンプすっぽ抜けも、妙に脱力するやわやわステップも今回は影をひそめ、終始《いいハビー》でしたね。



3位に入ったハン・ヤン選手。
d0153627_2150135.png

だんだんと大人びて、いいスケーターに育ってきたなあと思いつつ、相変わらず不思議な個性の持ち主。コミカルなんだか真面目なんだか判然としない、ハン・ヤン色の世界。フリーのロミオとジュリエットも、ロミオには見えないし、お友だちかな?
崩壊するときは雄大に崩壊するジャンプ、今回はいい方に雄大でした。決まったときのアクセルはまさに飛行!ほんとに気持ちいいです。

結弦くんとの、あの衝突事件から一年。結局何も改善されないままの公式練習の方式は続いてます。
二人ともすっかり回復した様子なのはほんとうによかったけれど、またあんなことが起きないようにと願うばかりです。



4位、アメリカのグラント・ホクステイン選手。
今回テレビでは《ホッホステイン》て表記されてて、長年全米選手権などで見慣れてる選手だけに「…ホッホ?」となってしまった。
d0153627_21592753.png

以前から滑りも綺麗だし音楽を解しての表現力もある選手と思ってましたが、ジャンプで崩れることが多く、小柄な体格も相まってなかなか目立つところまで来られなかった感があります。
しかし今大会はホクステインくん、すばらしかったですね。「アメリカにこんないい選手がいたの?」と注目されたのではないでしょうか。うれしいうれしい。



5位、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフ選手。
d0153627_228459.png

このところ私が常に応援しているヴォロさん。ヤンキー衣装が異様に似合うヴォロさん。努力家だけどいつもハッピーな笑顔。荒ぶるとかっこいいを超してちょっとヘン、でもそこが愛すべきヴォロさんなのだ。

今回、ショートは初めて見たのですが、私の大好きMuseの「Butterflies and Hurricanes」じゃないか!
そうそう、この曲こそフィギュアで使ってほしかった! バトルさんらしい振り付けで、素敵プロでした。
衣装が、日本の任侠映画で賭場に殴り込みかけた白人ヤクザみたいだったけど、こういうのが似合うんだなまた。
フリーでジャンプミスがあり今大会は順位を下げて残念! とはいえ、常に試合で上位につけていく安定した実力選手になりましたね。長い低迷も苦労も報われつつあり。



6位、フィリピンのマイケル・クリスチャン・マルティネス選手。
d0153627_22243646.png

マルティネスくんの眉毛がっ!
手入れされてる…

いやいや、そんなとこばかり注目してるわけじゃありませんよ。しかし残念だな眉毛。彼もどんどん洗練された選手になって来ていて、眉毛も洗練…  じゃなくて、真面目な話! ほんとにぐんぐんうまくなって、これからが実に楽しみ。
大阪での四大陸で生で観て、大喝采を浴びてビックリした顔してた初々しいマルティネスくんが懐かしく思い出されます。
あれから二年。フィリピンとアメリカを行き来しながら、苦労も多い中ほんとうにすばらしい成長ぶりです。



8位、ウズベキスタンのミーシャ・ジー選手。
ショート「道化師」。
以前からリスペクトし続けてくれている、これは大ちゃんへの新たなリスペクトプログラムなのでしょうか。
今回は全体に調子が上がっていなかったけれど、素敵な道化師でした。
d0153627_22335279.png

フリーはショパンの夜想曲。
こちらも素敵でした。ミーシャの音楽表現への細やかなこだわりに満ちています。ミスがあっても、常に観客に向けて《思い》を伝えようと全霊をかたむけるミーシャのスケートには、心が震えます。



カップル競技は、今は表彰台のみ。
まずはペア。悠子さんスミルノフくん、優勝おめでとう!

グランプリシリーズ2015 中国杯 ペア表彰台
第1位 川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ(ロシア)
第2位 ウェイジン・スイ&ツォン・ハン(中国)
第3位 シャオユー・ユー&ヤン・ジン(中国)
d0153627_22512525.png


グランプリシリーズ2015 中国杯 アイスダンス表彰台
第1位 アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテ(イタリア)
第2位 マディソン・チョーク&エヴァン・ベイツ(アメリカ)
第3位 エレーナ・イリニフ&ルスラン・ジガンシン(ロシア)
d0153627_22543337.png


スケートアメリカで優勝のチョーク&ベイツを、今大会はカッペリーニ&ラノッテが制しました。
イリニフ&ジガンシンも、組み換え後やっと少しずつユニゾンができてきたかなというところ。
チョクベイは早くもグランプリファイナルへの一番乗りが決定。押しも押されぬトップカップルになりましたね~



というわけで、カップル競技が駆け足になったのが今回も残念無念。
すでにエリック・ボンパール目の前で、また週末はやりくり算段して観戦、観戦です。
[PR]
by higurashizoshi | 2015-11-12 23:06 | フィギュアスケート | Comments(2)

グランプリシリーズ2015 第3戦・中国杯 女子シングル

早くもグランプリシリーズ第3戦、中国杯。
BSで男女ショートとフリー、エキシビションは5時間以上かけて観ましたが、カップル競技はまだ。
毎年毎年言ってますが、ペアとアイスダンスもせめてもう少し早く放映してほしい! ライスト見られないと、延々おあずけ状態が続いて心が間延びしてしまいますがな~

それと、やっぱり今回の中国杯、真央さんの出る女子だけ地上波ゴールデンタイム全国放映で、日本選手出なかった男子は関東ローカルのみの深夜放映でした(涙)。
この次のエリック・ボンパール(フランス大会)は男女ともフリーだけ全国放映らしい…。
ああ殺生な。そんな半端なことせんといて~

と、文句はこのくらいにして。
遅まきながら中国杯について、まずは女子から。

グランプリシリーズ2015中国杯 女子表彰台
第1位 浅田真央選手(日本)
第2位 本郷理華選手(日本)
第3位 エレーナ・ラジオノワ選手(ロシア)
d0153627_22391387.png


今回の女子は、やはりなんといっても日本の新旧2選手のめざましさに尽きます。
私、日本の選手だから応援するってことはない人なので、これはフラットに見ての感想。

まずは真央さん。
ショートではトリプルアクセル含む超高難度のプログラムを、アッというまにスルスルとクリア。非常に落ち着いていて、一年の休養明けのグランプリ初戦とは思えない仕上がりぶりに「はー」と思わずため息が出ました。
d0153627_2312137.png

ワンシーズン休んでたんだよね? て真顔で聞きたくなるほど、ショートからトリプルアクセルは当然のごとく入れて、フリップーループの3×3に、苦手だったルッツも入れてて。
休養前の状態に戻す、だけでも大変なことなのに、真央さんの視線ははるか上を見ているらしい。さすが最高級職人。《これまで通り》なんかじゃ、進化し続けなきゃ、戻ってきた意味がないってことですね? おそれいりました。

フリーでは冒頭、これまで跳んだ中でも最も美しいのではと思われる完璧なトリプルアクセルを決めたあと、いくつか残念なジャンプミスがありました。そして、コールされて位置につくまでのタイムオーバーの惜しい失点も。休養前のシーズンまでは1分だったのが、ISUのルール変更で30秒に短縮されていたのを勘違いしてしまったそうです。
ただ、表現面では、ジャパンオープンのときより深みが増していたような。見るものを引きつける吸引力は、かつてのあどけない演技からは想像できないほど。そして美しい。
彼女は本当に美しいスタイルの持ち主ですが、私、その演技そのものをこんなに美しいと思ったことは以前はあまりなかったのです。
d0153627_23211854.png



さて、その真央さんをフリーでは追い抜かし、あわやというところで2位になった本郷理華選手。
ショートはすでにフィンランディア杯ですばらしい演技を観てたので、今回も鉄壁のジャンプにあっこちゃん肝入りのワクワクする振り付けの「キダム」、安心して楽しませてもらいました。

そしてフリー「リバーダンス」。
フィンランディアのときもよかったのですが、今回は理華ちゃんに何かが注入されたかのような、すごい勢いとパワーで序盤から乗っていきました。これは来るぞ、来るぞ…という興奮。
d0153627_23344114.png

フィンランディアのときと衣装変えてたのですが、これが私的にはドンピシャの素敵お衣裳。
深いグリーンのシンプルなデザインに美しい装飾、特にスカート部分がジャンプやスピンのときにふわりと上がると、淡いグリーンのアンダースカートが透けて見えるところがすばらしく綺麗。これ、あっこちゃん御用達のデザイナーさんの作品かなやっぱり…などと考えているうちに、中国のお客さんのものすごい盛り上がりの中でどんどんパワーアップしていく理華ちゃん!
特に終盤、アクセルートリプルトゥのあと3連目のダブルトゥをタノで跳びきったあたりから、こりゃーすごいことになったわとテレビ画面にくぎ付け! バンザイガッツポーズのあとは、130点にあとちょっとで届く高得点!

出る試合出る試合、怒涛の勢いで自己ベストを更新していく今の理華ちゃん。メンタルの強さとインタビューでの村娘ぶりも健在。さてどんな選手に育っていくのかほんとに楽しみです。



3位に入ったのは、ロシアのエレーナ・ラジオノワ選手。
美少女女優だったラジ子ちゃん、オフの間に7㎝も背が伸びて、ずいぶん大人になってました。
d0153627_23573157.png

いとも軽やかに跳んでいたジャンプが、やはり体型変化のためか、以前ほどは安定してないです。ただ、やはり表現面は天性の女優力と豊かな感性で、見るものを引き込まずにはおきません。
今しばらくは、少し悩み多き時期になるかも。でもまだ16歳だもんね。このまま順調に成長していけば、美しさと技術と芸術性を兼ね備えた、稀有な選手になれる可能性大です。



4位には、同じくロシアのアンナ・ポゴリラヤ選手。
ごらんくださいこの美しさ。ラジ子ちゃんとはまた別種の美であります。こんなに大人っぽいのに17歳ですよ。どうしましょう。
d0153627_085750.png

のびやかな肢体から繰りひろげられるスケールの大きなジャンプ、ドラマチックな表現、非常に魅力的で可能性をたくさん持った選手ですが、ときどきジャンプが大崩れし、そうなると演技全体がトーンダウンしてしまう…というのが今のところの弱点です。
そのあたりが安定してくると、彼女もまた本当にすばらしい選手になれるはず。ほかのロシア女子とはちょっと違うミステリアスな雰囲気にいつも引きつけられます。



この選手も注目してます。韓国のパク・ソヨン選手。
今回8位という結果でした。ジャンプがなかなか全部に安定して入らないのですが、まだ18歳になったばかりですでにソチ五輪にも出場。キムヨナ選手去りしあとの現・韓国チャンピオン。独特のつややかな魅力のある、とても美しいスケーターです。
中国杯のお写真なかなか見つけられず、これは先日のスケートアメリカ出場のときのもの。
d0153627_0374116.png

ソヨンちゃんも、いつもお衣裳がセンスよく素敵です。技術面でぐぐっと進化してくれると、今後グランプリでももっと上位に食い込める選手になると思う。期待してます。


男子までいく前に時間切れ。
続きはまた明日書きます! 早く書かなきゃ、エリック・ボンパール始まってしまうがな。
[PR]
by higurashizoshi | 2015-11-11 00:50 | フィギュアスケート | Comments(0)

グランプリシリーズ2015 第2戦・スケートカナダ

旅から帰り、またいろんな用事やら家族のことやらでアタフタしてる間に、グランプリ第2戦のスケートカナダが始まり、終わり、気づけば第3戦の中国杯も目の前! ほんと毎秋グランプリシリーズが始まると気が抜けません。
ブログなんか書かずにただ観てるだけ、観てあーだこーだ言ってるだけ、にしたらラクなのに、やっぱり書かずにいられないんですねえ。むにゃむにゃ。

さて、スケートカナダは結弦くんが出てたのでメディアの露出がめいっぱいでした。どこ見ても《スケカナ=ゆづ》でした。ソチ五輪以来のパトリックとの一騎打ちということで、いろいろと沸騰していました。
でも今回はね、ダイスこと村上大介選手の活躍を、どうかどうか多くの人の心に深く残してほしい。
その男子シングル結果から。

スケートカナダ2015男子表彰台
1位 パトリック・チャン選手(カナダ)
2位 羽生結弦選手(日本)
3位 村上大介選手(日本)
d0153627_2210841.png


ときどきあることですが、今回のスケカナ男子ショートは悪夢のように次々と大きなミスが続き、自滅していく選手が続出。こういうのって何なのでしょう。現場にいればわかる理由があるものなのか、どうか。
結局、80点ギリギリ乗ったスコアでスモールメダルを争う、という予想外の展開になりました。ショート1位発進になったダイスも、ちょっと唖然としてたかもしれません。
崩れたのはパトリックもそうなのですが、彼は何といっても一年間の休養後のグランプリ初戦。驚いたのはやはり結弦くんの、ショートの3ジャンプ中、2ジャンプがノーカンという結果。

滑走中つねにクレバーな彼は、同じジャンプの跳びすぎ違反(いわゆるザヤックルール)などには絶対の注意を払っているはずだったのですが…
まず、2つめのジャンプであるクワドトゥループがまさかのダブルトゥループになってしまい、0点。
これは、ショートプログラムでは単独ジャンプは3回転以上でなければ点にならないという規定のためです。
しかも3つめのジャンプのコンビネーションで、鬼門のルッツに付けたトリプルトゥループがダブルトゥループに。つまりダブルトゥを二回跳んだことになってしまい、こちらのジャンプも0点に。
結弦くんがザヤるという、かなりありえないことが起きました。これも経験というしかない。
しかし、ジャンプ3本中2本全滅なのに、加点の多さ、PCSの高さで70点台が出るのだから驚異です。最初のトリプルアクセルなんて5点も加点がついてる。つまりこれ以上完璧なアクセルはありません、という評価。

そして、まさかの6位発進を受けた《逆境大好き、ピンチ上等》な結弦くんは予想通り翌日のフリーではぶっちぎりで四回転3本、アクセル2本を決めてみせて大逆転。それでもショート2位発進だったパトリックにはおよばず、総合2位という結果でした。
陰陽師に扮した結弦くん、眼から火が出るの図。
d0153627_23134785.png



一方のパトリック・チャン選手。
ショートでは後半ジャンプにミスが出たものの、フリー演技後は190点越えを見て、ひさびさにこのポーズ。
d0153627_234448.png

やっぱりパトリックのスケーティングはただただ、ミラクルでした。ひとりだけ別の氷の上を滑ってるんじゃないかと思うくらい。ひさしぶりにジャンプもほぼクリーン。二つ目のクワドが入るようになったら基礎点もぐっと上がるので、さらに得点は伸びるはず。
とはいえ、今回結弦くんに勝てたのは、正直ショートでの大きな差のおかげ。すさまじい基礎点の結弦鬼プログラムにパトリックが勝つのは、今後容易ではございません。


村上大介選手。
はからずも1位発進で迎えたフリー。地元の大喝采を受けたパトリックの演技の直後の、最終滑走。
張りつめた表情に不安をおぼえつつ見守ったのですが…
d0153627_23495240.png

得意のクワドサルコウが2本きれいに入り、ラストジャンプまで次々と安定して降りていくのを息をつめて見て、最後はテレビの前で大拍手。すごい、すごいよダイス!この追いつめられた最終滑走で堂々のこの出来栄え!

でも、でも…
点数を待つ間のダイスのこの表情が忘れられない。
日頃は恬淡としているキャロルコーチの眼に、涙が光っていたことも。
d0153627_23581541.png

ほぼ完璧な演技でフリーを終えながら、ダイスは3位に後退した。
基礎点の差。PCSの差。絶対的な差を前に。

解説の織田くんが嗚咽をこらえながらダイスをほめたたえ、彼はこれからだと強調していたのが胸に残った。
今回の殊勲賞は間違いなくダイス。どうか自分に自信をもって、さらに向上してほしいです。

急な出場にもかかわらず、パーソナルベストを出して健闘した川原星選手など、ほかにも触れたい選手はいますが、女子へ。

スケートカナダ2015 女子表彰台
1位 アシュリー・ワグナー選手(アメリカ)
2位 エリザヴェータ・トゥクタミシェワ選手(ロシア)
3位 永井優香選手(日本)
d0153627_8434761.png


優勝したアシュリー・ワグナー選手ひとりが盤石の安定演技をつらぬいた以外は、なかなかの混戦となりました。
そのアシュリー。ジャンプミスも回転不足もほぼなく、ショート、フリーとも《一番いいアシュリー》をそろえることができました。安心して見ていられる感じでした。
ソチ以降、どんどん低年齢化している女子シングル界で、完全にベテランお姉さん状態のアシュリー。シニアでの戦歴が長いこともあり、本人も自分の立ち位置をよくわかっていらっしゃるようで、まさに大人の演技、大人の風格。
d0153627_857381.png



ショートではジャンプが入らず、しかもスピンもステップもレベル取れず…と心配なスタートだったトゥクタミシェワ選手。
フリーではトリプルアクセルもステップアウトながら入れてきて、その後はガンガン攻めまくり、最後はガッツポーズ! やっぱり強いトゥクタミちゃん。
まだまだ新プロになじんでいない感じがするので、これからの安定に期待。
そしてプログラムは変われど、弱冠18歳のマダム系色香と、この貫禄は不変なのだ。
d0153627_910618.png



サプライズは3位に入った永井優香選手でした。
ジュニアから上がったばかりの優香ちゃん。ジャンプも滑りもおおらか&伸びやかな、まだ初々しい16歳です。
d0153627_172077.png
今のところジャンプのすっぽ抜けがお約束になってしまってて、今回もそれが出てしまいましたが、まだまだほんとこれからの選手。おっとりしつつ度胸はなかなかにあるようだし、すべてにおいて変なクセのないスケートに期待大です。


村上佳菜子選手は4位。
惜しいところだったけど、本人は悔しさもありつつ、ひさびさにに試合で手ごたえを感じたように見えました。
d0153627_1104955.png
なかなか活路が見えないできた2シーズンほどを経て、真央さんも戻ってきたことだし、佳菜子ちゃんのモチベーションも上がってきたのかも。今季はどこかで完璧な演技をして、キスクラでもはじける姿を見たいです。


あああ、一番書きたかったアイスダンスを書く余裕がなくなってしまった…
さっき気づいたのですが、もしかすると中国杯、男子の地上波放映は関東ローカルのみかも?
日本の選手が出てないから…?
女子は真央さん出てるからゴールデンタイムに全国放映なのに… バタリ(昏倒)。

アイスダンスについては(ペアもですが!)また時間を見つけてグランプリいくつかまとめて書けたらと思います。
[PR]
by higurashizoshi | 2015-11-06 01:24 | フィギュアスケート | Comments(2)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 23:49
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:03
bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 14:59
いやー、楽しかったです南..
by bikegogoy at 22:38
伝わってきます。なんてい..
by まにまに at 10:40
まにまにさん 読んでく..
by higurashizoshi at 22:45
先輩、すごい旅をしたんだね。
by まにまに at 18:27
おはようございます。 ..
by Disney 鴨 at 10:36
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:15
こんばんは。ひぐらし草子..
by Disney 鴨 at 20:22

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ

画像一覧