ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

全米選手権2017 男子シングル

もはやヨーロッパ選手権も昨日終わってしまったのですが、マイペースに全米男子についてやっとこさ書くのでした。しかしユーロはユーロでほんとすごい戦いだったなあ。
全米男子、ネイサンの偉業達成については前回触れたので、今回は全体の結果とピンポイントでの演技紹介を。


全米選手権2017 男子シングル結果

1位 ネイサン・チェン 318.47
2位 ヴィンセント・ジョウ 263.03
3位 ジェイソン・ブラウン 254.23
4位 グラント・ホクスタイン 248.31
d0153627_16291346.jpg
5位 ロス・マイナー 240.34
6位 アレクサンダー・ジョンソン 233.39

ネイサンはショートとフリー合計で7本の四回転ジャンプを完全な形で成功させました。
もちろん人類未踏です。しかも彼のすごいとこは、ジャンプ偏重で演技が雑になることがなく、スケーティングはもとより表現力、フリーレッグの処理にいたる細かな点まで確実に向上し、美しい演技になってきていることです。あまりの急速な成長に、いまだ気持ちがついていけません。怖いのはケガだけ!
(ネイサンのフリー動画は前回記事でリンクしています)
d0153627_16254510.png


今回のサプライズは、2位に入ったヴィンセント・ジョウ選手。
まだ今季ジュニアからシニアに上がってきたばかりの16歳。とはいえ、小さなころからアメリカの最年少優勝記録を破り続けた天才少年です。
d0153627_16294337.png
ジュニア時代は大人びた表現力に大いに注目してましたが、今季は急にジャンプのレベルがうなぎ上りとなり、すでに4回転ジャンプ2種類を持ち、3種類目のルッツにも挑戦中というすごいことになってきました。

まだ体も小柄で華奢だし、スケーティングもまだまだジュニアっぽい。それでも今回はジャンプをしっかり入れ、ミスを少なく抑え、みごと表彰台に上りました。
フリーは冒頭クワドルッツ失敗でヒヤリとしたものの、あとはきちんとまとめたところ、ジュニア上がりとは思えない落ち着きぶりです。16歳ながらケガも多く経験して苦労してきたヴィンセントくん、これからどんな選手になっていくのか楽しみです。
(フリー演技動画こちらです)


そしてわれらがジェイソン!
腓骨骨折のため、全米開催直前にやっと練習再開できたばかりのジェイソン・ブラウン選手が3位に入りました。もう、ファンとしては涙なしでは見られない演技でした…。
d0153627_16270499.png
もちろん、まだまだ成功率の低い四回転ジャンプは封印。トリプルアクセルも跳べるかどうかという状態だったようですが、失敗のあったショートのあとのフリーでは卓越した集中力でアクセルもきっちり入れ、ジャンプでのミスはわずかにひとつ。最後まで持ち前の美しい演技で魅了してくれました。ジェイソン、心もほんとうに強い!

どんどん雑味がそぎ落とされ、滑らかにひとつながりの動きで進んでいく彼のスケートに、ひたすら息をつめて見ほれた幸せな時間でした。
d0153627_16273330.png
超特大のクマさんを抱いて、ほっとした表情。コリ・エイドコーチのチームはいつもほんとに和気あいあいとして素敵です。このクマさんも、いつもジェイソンがプレゼントを寄付するドナルドマクドナルドハウス(病児と家族をケアする施設)に行くのでしょうね~。

トップ選手の多くが四回転ジャンプを複数入れる《クワド戦国時代》にあって、トリプルジャンプだけで勝ち抜くジェイソンのような選手は貴重です。私には、これがフィギュアスケートだ、という美の感動を見せてくれるこうした選手を、心から応援したいという気持ちが強くあります。

(ジェイソン・ブラウン選手のショート演技動画。美しい!)
(こちらジェイソンのフリー演技動画です。必見です!)

4位には、グラント・ホクスタイン選手。
ジャンプミスで順位が沈むことも多いのですが、この2シーズンは全米と相性のいいグラントくん。今回はショート、フリーともとてもいい演技でしたね。彼は年々、滑りも流れもますます磨きがかかってきたなあと思います。
昨年も今年も4位。あと一歩という思いは強いでしょうね。その一歩がなんとも大きい。
d0153627_16263302.png
(グラント・ホクスタイン選手のフリー演技動画です)


ショートは完璧な演技で2位発進だったロス・マイナー選手。フリーでは力が入ってしまったのかなあ…最初の四回転サルコウに成功して、これはいけるか!と思ったものの、そのあと一転してジャンプミス、転倒もあり、総合5位まで順位を落としてしまいました。
がっくりくるロスを見るのはつらいです。前回全米もまったく同じようなパターンでした。
d0153627_16284274.png
(ロス・マイナー選手は、今回最高の演技だったショートの動画をご覧ください)


6位、アレクサンダー・ジョンソン選手。
毎年、全米で観るのをすごく楽しみにしてる選手です。
うまいです。美しいです。そして年々うまくなってます。国際試合に出る機会が少ないのがほんとにもったいないと、毎年クチビルを噛んで血が出そうになります。
d0153627_23353603.jpg
彼もクワドなしの選手で、やっぱり私はジャンプじゃなくてスケーティングと表現で見せるこういう選手が好きなんだなとつくづく思いますわ~。
ショートもすばらしかったですが、フリーの新プロ(『道』から『In Your Eyes』に変更したそうです)が、もう…素敵すぎて録画をリピリピ。この身体の使い方の美しさよ。

(しかしこの全米選手権の至宝ともいうべき、すでに7回出場の彼のことを、実況解説の岡部由起子さんが「初めて見たけど、すてきな選手ですね!」って言ってたのには心底おどろきましたです。ISUジャッジって全米見ないの?)
d0153627_23530435.jpg
アレクサンダー・ジョンソンさんも26歳。いつ引退してしまうかとビクビクものです。きっと来季の五輪シーズンまでは続けてくれると思うけど、そのあとは…。トップ選手なら引退後もショーに出てくれる希望も持てるけど、彼くらいの位置にいる選手の場合は、それもないのかなあ… 
実は全米で年々順位がジリジリと上がってきてて、前回6位まできたので、今年はそれ以上!と思ったんだけど同じ6位。来年の全米で奇跡が起きないかしら。

(アレクサンダー・ジョンソン選手のフリー演技動画はこちら)

ほかにも、ティモシー・ドレンスキー選手、ジョーダン・モーラー選手、そして今回最高の演技を見せてくれたショーン・ラビット選手(キスクラで発してくれた日本語もびっくりするくらい上手!)など、全米ならではのすばらしい選手たちがきらめく全米選手権男子でありました。
残念だったのは、全米王者の経験もあるマックス・アーロン選手が信じられないミス連発で今回下位に沈んだこと。再起を期待したいです。

世界選手権への派遣は、当初はネイサンとジョウくんかと思われたのですが、来年五輪の枠取りがかかるワールドでもあり、ジョウくんはジュニアの方に出場してジェイソンが入ることになりました。ジェイソン、よかったけど休めないねえ…

全米のペア・アイスダンスについては、2月に入ってからのCS放映を観てから書きたいと思います。
そしてすでに終了したユーロについては、なるべく早く。いやいやメドベちゃん、なんちゅう選手なんでしょうねえ。歴史に残りますね。



******


[PR]
by higurashizoshi | 2017-01-31 00:39 | フィギュアスケート | Comments(2)

全米選手権2017終了、ネイサン・チェン選手の大記録

全米選手権が、ネイサン・チェン選手の偉業を刻んで興奮のうちに終わりました。

アメリカ合衆国に、人種や障害、性別などへの差別と偏見をあらわにする前代未聞の大統領が誕生したのとちょうど同じ時期におこなわれた、この全米選手権。

男女シングルの優勝者は、中国と台湾にルーツをもつ17歳の、チェン(陳)という同じ苗字の少年と少女でした。移民排斥を声高に叫ぶ人々が、喝采をもって迎えた新しい大統領。一方でアメリカ各地で、新政権に対する抗議の動きが湧きおこる中での大会でした。

今日はひとまず、ネイサン・チェン選手がついに成し遂げた《フリー演技の中で5回の四回転を完璧に成功》という信じられないニュースを記しておきましょう。

四回転のルッツ(コンボ)、フリップ、トゥループ(コンボ)、トゥループ、そして最後にサルコウ。それら5つの四回転ジャンプのすべてに加点がついています。わずかな疵としては、後半の3回転のコンボで着氷詰まりがあったことくらい。あとはすべてにおいて安定した、端正な演技でした。

興奮していたのは観客とコーチ、テレビの前の私たち。(生中継実況の赤平アナと解説の岡部由起子さんも、あまりの興奮に若干壊れ気味でした!)

当のネイサンは、もちろんうれしそうでしたが、演技後も実に落ち着いたものでした。(キスクラでまったく息が上がってなかったのにもビックリ。スタミナ半端ない!)

d0153627_00182765.jpg

国内選手権ゆえ、得点は参考記録となりますが、今回ネイサンが叩き出した超高得点318.47は、羽生選手の持つ世界歴代1位の総合得点330.43に次ぐ世界歴代2位のスコアです。まだ17歳のネイサンがこのまま大きなケガなく順調に伸びていけば…。結弦くん、今ごろ心がメラメラ燃えているでしょうね~。

さて、この歴史的なフリー演技はこちらでご覧ください。↓
(なんかブログの様式が変わったので動画はこういう埋め込み?になったらしいです)
一番最初にチラッと、ネイサンの直前滑走だったジェイソンの顔が映ります(涙)


全米男子、ほかにもたくさんのすばらしい演技があり(もちろんジェイソン・ブラウン選手も!)、それらについては演技動画の紹介も含め、なるべく早く更新したいと思います。

でないと、欧州選手権が始まってしまうがな!


*******


[PR]
by higurashizoshi | 2017-01-24 00:26 | フィギュアスケート | Comments(2)

全米選手権2017 女子シングル

全米選手権、今年はカナダ選手権とほぼ同時期開催。
以前はカナダナショナルもJsports4で放映してくれていたのですが、やらなくなっちゃいましたね。非常に残念です。
でも全米は男女シングルに限ってですが、全滑走生中継はうれしい。仕事で生では観られない部分もあり、そこは録画で追いかけて、今日女子の結果を見届けました。女子フリーは生で観ることができ、ハラハラでした。


全米選手権2017 女子シングル結果

1位 カレン・チェン 214.22
2位 アシュリー・ワグナー 211.78
3位 マライア・ベル 197.92
4位 長洲未来 194.90
5位 キャロライン・ジャン 182.82
6位 グレイシー・ゴールド 179.62
7位 アンジェラ・ワン 175.13


今日の今日なので、表彰台写真まだ見つからず。
今回の全米女子、サプライズはなんといっても17歳のカレン・チェン選手の優勝!
しかもショート、フリーともに1位、ショートは全米女子歴代最高得点、フリーも歴代3位という高得点で、まさに堂々の優勝を遂げたのです。これ、誰か予想した人いたかな?
ジュニアのときから注目され、実力も伸びしろもある選手で、ミスがなければ上位に食い込む可能性はあるとは思っていたものの… 昨年は全米12位だった彼女。いやはや、すごいことが起きてしまいました。

d0153627_18041370.jpg
カレン・チェン選手、記憶をたどると2年前の全米では、わずか15歳で3位に入っていたんですよね。ただ、そのあとはグランプリシリーズにも出場しつつも上位には入れず。ジャンプがダイナミックなだけに転倒なども多く、回転不足を取られることも多々ありました。
Jスポ実況の小林千鶴さんによると、このところ長らくスケート靴のトラブルが続いていたそうで、それが解決したのでしょうか。まずはショート、ノーミスだっただけではなく瞠目すべきすばらしい演技で、テレビの前で鳥肌が立ちましたですよ。
これが全米女子史上最高得点が出た瞬間。ガンビルコーチも大喜び。

d0153627_18043243.jpg
小さな体で、ルッツジャンプなんてどこかに飛んでいくのではと思うくらい豪快。滑りもしなやかで、表現力も濃密にして繊細と、今回のようにミスがなければ非常に強い選手です。
予想外のすごい得点の1位発進で「震えが止まらない」と言っていたそうなので、今日のフリーはもしかして崩れるのでは…とちょっと不安だったのですが、うーん強かった。大きなミスなく最後まで集中して滑り切ってみせました。本当にみごとでした。


2位にベテランのアシュリー・ワグナー選手。心の強さでつかみ取った銀メダルでした。
今季ショートもフリーもいいプログラムをそろえ、若干のジャンプミスや回転不足はありつつも、この全米で絶対に勝ってみせるという強い意志をひしひしと感じる滑り。
攻めのショートから一転して、フリーの「エクソジェネシス交響曲3」では、これまでにないほど情感に満ちた《静》の演技で、アシュリー姐さんの近年のドヤ演技に慣れていたこちらとしては思わずハッと引き込まれました。心に沁みてくるようなすばらしいフリーでした。
(最後のコンボのセカンドジャンプがシングルになってしまったのはほんとに惜しかった!あれがダブルであれば、カレンを抜いて優勝していたかも?)
演技後、いつもクールなアルトゥニアンコーチも思わず固いハグ。これも感動した!
d0153627_18044788.png


3位に入ったのは、大健闘のマライア・ベル選手。
全米ではおなじみの選手で、年々うまくなってるなあと思って見てたのですが、とにかく今回全滑走を見て改めて思ったのはアメリカ女子のレベルの高さ。シード以外の、地方からの勝ち上がりの選手も含め、フィギュア強豪国以外にもしいたら国際大会や、場合によれば五輪にだって楽に出られるようなレベルの選手がワンサカいるのですよね。
その中から頭ひとつ抜け出すことの難しさ、この国で本当のトップ選手になるためには実に強固な壁というか膜というか、そこを突き抜けなければならない。
今季、グランプリシリーズ(スケートアメリカ)に代打で初出場して無欲の銀メダルを獲ったこのマライア・ベル選手は、今まさにこの壁を抜けてトップの世界に行けるか行けないか?というところだと思います。そしてつかんだ全米3位、世界選手権への切符。このまま駆け上がっていけるか、どうか。
d0153627_18044390.png


ここまでがうれしいサプライズや納得の結果だとすると、このあとは残念ながら胸痛むレポートになります。
ショートではカレン・チェン選手に僅差で迫る、すばらしい演技を見せた長洲未来選手。
14歳で全米を制して世間をあっといわせた未来ちゃんも23歳。苦節を重ねて大人の美しい選手になりました。
d0153627_22120063.jpg
しかしフリーは重圧の最終滑走。最初はすばらしいフリップ+トゥのコンボから始まったものの、次のルッツで転倒したところから歯車が狂いました。時として彼女がおちいる、メンタル落ちに支配されてしまう展開となってしまいました。
演技後の悲しい表情を見るのがなんともつらい。そして結果は4位。あと少しミスが抑えられていれば世界選手権への切符を手にできたのですが…。考えたら未来ちゃん、去年の全米も4位でした。ああ、惜しい。本当に惜しい。


昨年優勝のグレイシー・ゴールド選手。
昨シーズンの世界選手権で崩れてメダルを逃して以来、今ひとつ立て直しがうまくいってないグレイシー。高い技術力を持ちながら、おそらく気持ちの中で何かが彼女を阻害しているのでしょう。ショートでリンクに向かうとき、キャロルコーチもしきりに気持ちを鼓舞する声かけをしてたようでした。そしてやはりどこか不安そうなグレイシー。
d0153627_17475430.jpg
ショートは単独のトリプルフリップが抜けてダブルになり、ジャンプひとつ分ノーカンになるミスで5位発進。迎えたフリー、途中から完全に跳べなくなってシングルアクセル、ダブル、ダブルと、なんともつらい展開となりました。
それでも最後の三連続のコンボは決め、総合6位にとどまったのは立派。この低迷を抜けてまた輝くような演技を見せる日を待ちたいです。


総合では10位となりましたが、今回初めて観て眼を奪われたのがこの選手。
テッサ・ホン選手、14歳。もちろん全米は初出場です。
写真が小さくてわかりにくいのですが、まだほんとに身体も華奢ながら、とにかく表現力、指先足先まで使った身体の線や身のこなしの美しさは群を抜いていました。ジャンプもスピンも端正でとても綺麗です。
名前がテッサだけに身のこなしが美しいのか?などと思ってしまうアイスダンス好きの私。あまりにショートの出来がよかったため、おそらく本人も予想もしなかった4位発進となり、きっとフリーはすさまじい緊張感に押されてしまったのでは…。フリーではほぼまったくジャンプを跳ぶことができず、14位に沈みました。まさに天国と地獄。これをいい経験としてすばらしい選手に育ってくれることを期待しています。
d0153627_18050679.png
フリーの構成が、すべてのジャンプを後半にかためているところを見ると(今回はそれが完全に裏目に出たわけですが)、今後世界のトップへと攻めていける選手としてコーチ陣も狙って育てているんだろうなあと感じました。そしてキスクラでの落ち着きぶりがまた半端ないテッサ・ホンさん。とても14歳には見えません。
ちなみに彼女、年齢的に平昌五輪に出場可能だそうです! 来季どうなっているか注目です。


さて明日は明け方から男子フリーの生中継。
ああ、私が心配なのはネイサンがいくつクワドを跳ぶかじゃなくて、大好きなジェイソンが腓骨骨折から回復途上で迎えた全米で、どれだけの演技ができるかですわ。
いや、もちろんショートでのネイサンは本当にミラクルでしたけどね! でもジェイソン・ブラウンほど美しい演技をする選手はほかにはいないと改めて確認したショートでした(リッポンくんは欠場だしね…)。



*****


[PR]
by higurashizoshi | 2017-01-22 23:23 | フィギュアスケート | Comments(2)

年頭ごあいさつ

2017年、あたらしい年が明けました。
元旦恒例の親族宴会でどうやら年末からの疲れがドッと出たらしく、昨夜から少々体調崩してしまい、今日2日は友人宅の新年会をキャンセル。ぼよーんと家で過ごしております。
昨日は往復車だったのでアルコール飲んでないのにナゼ?という素朴な疑問を抱く酒飲みの私。まあ今年は健康に気をつけよということなんでしょう。

新年早々、大ちゃんが氷上ウエイターになってクルクルいろんなことをする姿を見せていただいたり、今年は彼もフィギュアスケート×歌舞伎という試みに挑戦するとのことで、新たな活躍はほんとうにうれしい限りです。
ファンといっても私はスケートする高橋大輔さんにしか興味がないので、昨年キャスターとしてリオ五輪含めたくさんテレビに出ていたのも、フィギュア関係以外はそんなにマメに観てはいないんですよね。でも、とにかくスケートの世界に戻ってくれたのみならず、彼がインタビューでついに将来の構想について触れてくれたときには「来たー!」と心の中で叫んでました。
それは、アイスショー専門のエンターテインメント集団、「シルク・ドゥ・ソレイユ」の氷上版のようなカンパニーをつくって、各地を回るというもの。しかもフィギュアスケートという非常にお金のかかる世界に身を置くスケーターたちが、きちんとプロとして食べていけるような場を作りたいというのです。それが実現したらどんなに素晴らしいことか。(そしてファンはどれだけお金を費やすことになることか!?)
ともかく、今年はせめて一度はアイスショーで大ちゃんのスケートを観たいものです。神戸チャリティーがなくなってしまったのが、仕方のないこととはいえほんとにほんとに残念だなあ…。

さて、体調回復につとめつつ、ゆるゆると一年を始めてまいります。
今年もたぶん相変わらず内容のさだまらない「ひぐらしだより」ですが、どうかゆるゆるとお読みください。

初日の出は全然寝てたので、初日の入り(元旦の夕方)の写真。おだやかに晴れた元旦でした。
d0153627_196315.jpg



*****
[PR]
by higurashizoshi | 2017-01-02 19:08 | 雑感 | Comments(2)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:53
こんばんは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 22:17
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 16:30
bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 16:13
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:57
お久しぶりです。忙しそう..
by bikegogoy at 07:10
なみさん ずいぶん長く..
by higurashizoshi at 12:52
初めまして。マリンメッセ..
by なみ at 17:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 23:49
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:03

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ

画像一覧