ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2月29日

ブログ生誕、祝・1か月!
と自分で自分を祝ってみる。
で、今日は2月29日。4年に一度しか来ない日。
4年前の今日…と思い出してみると、ちょうど明石のこの家に引っ越してきた直後だった。
当然のことながら、私もコトブキも今より4歳、若く。
タタは8歳、ミミは6歳だった。

そうそう、そのころは、ミミの入学直前だったんだな。
あのころは、私にもいろいろ迷いがあって、タタは学校行かない道を選んだけど、ミミは行けたら行ったほうがいいんじゃないか…と、思ったりしていた。
タタはもともとの気質もあり、学校というところが合わなくて、すごく苦しむことになった。でも、ミミはきちんとしてるのが好きなタイプだし、もしかしたら学校というところもミミには合うかもしれない、とコトブキと話し合った。

でも、ミミ本人が、きっぱり言ったんだ。「学校行かない」と。
6歳の子どもの言うことをうのみにするんですか? とか
最初から行かないなんて認めてどうするんですか? とか
学校からはいろいろと言われた。
でも、いつも素直で従順で、拒絶なんてしたことのなかったミミが、何を言っても断固として、てこでも動かなかった。
ランドセル? 「いらない。」
入学式? 「行かない。」
本当に、はっきりしていた。

正直、当時の私は、頭をかかえた。それでいいんだろうか?
ミミの気持ちを、もちろん大事にしたい。
でも、学校という「通常コース」から、最初からはずれるんだよ?
タタみたいに結果として、じゃなく、最初から、だよ?
そんな選択、ミミにとっていいことなんだろうか?
コトブキは、泰然としていた。「ミミがそうしたいなら、それでいい」と言って。

どのくらいかかっただろう。もう4年前のことだから、はっきり憶えていないけど、ミミとも、コトブキとも、学校とも何度も話し合った。
何が、私の中で転機になったのかな。
やっぱり、絶対に揺れないミミの態度が、私の気持ちを押していったのかもしれない。
これがミミの人生の「今」であり、ミミが切実に選んだものなら、大人がそれを軽々しく、どうこうできるものじゃない。
ミミが、学校に行かずに育っているタタを見て、私たち親を見て、自分も学校に行かず「うちでやっていく」のがいい、と決めた。
それを、誰も、たとえ親でも、勝手に動かしたりできない。
…そういうことが、私の中でだんだん、はっきりしてきた。

「わかりました。ミミちゃんがしっかりおうちで育つよう応援します」
とうとう、こういう校長先生の言葉を聞いて、あいさつをして、学校をあとにした日のことは、よく憶えている。
ぽかぽかと暖かい日だった。
校門のところで振り返った。あー、今私は、学校というところと別れたな、と思った。
そのときが私の中の「学校信仰」との決別だったんだなあと、今は思う。

あれから4年か…。
この4年も波瀾万丈でいろんなことがあったけど、少なくともミミの選んだ道が、間違っていたと思えたことは一度もない。
学校というところに行ったことのない子ども。
世間から見たら珍しい存在なんだろうけど、うちではもはやごく普通のこと。
家で育つ子と親のいろんなネットワークにもつながって、友だちもふえた。
ミミは親バカながら聡明で面白くて優しい子に育っている。

さて次のうるう年、2012年?(ほとんど近未来SFだなあ)
子どもたちは、私たちはどうなっているだろう…。
[PR]
# by higurashizoshi | 2008-02-29 13:57 | 不登校とホームスクーリング | Comments(4)

曇天な日

ふと気づくと…
ブログを始めてからもうすぐ1か月がたとうとしている。
声をかけてくれる人もいて、ほかのブログもこれまで以上によく見るようになったし、自分でもそれなりにはりあいというか、新しい日課というか、刺激になっているなぁと思う。
思うのだが、このブログ。
文章ばっかりでステキな写真もないし。
だいたい、話題もカタい気がするし。
ひとつひとつの文章が、やたら長いし。

と、何となく「これでいいのだろうか感」がじわりとやってきた。
おまけに苦手な確定申告の季節。数字の作業でアタマはかちかち山。窓の外は曇天…。
どうも、気温が低くて、天気が悪いと、気持も下降線をたどりがちだ。
いかんいかん、こんなことでは…

ハハがどっちり沈んでる間に、子らは元気におうち内で遊んでいる。
「見て~。できたよお!」
て呼ばれて子ども部屋に行ってみたら、シルバニアファミリーの人形と道具を使って、
「クラッシュダウン・カフェでリズが撃たれてマックスに傷を癒されてるところ」
を表現したそうだ。
なんちゅうマニアックな…
しかし実によくできている…
(わからない方はFOXチャンネルの海外ドラマ『ロズウェル 星の恋人たち』のHPをごらんください)

外に出なくても楽しく過ごせているならオッケー、オッケー。
ようするに、楽しく過ごせてない私が問題か。
出てこいお日さま!
[PR]
# by higurashizoshi | 2008-02-27 19:21 | 雑感 | Comments(3)

アスペルガー障害のこと

最近、発達障害のある学生を、大学がサポートしようという動きがあるという記事が新聞に載っていた。
発達障害、と近頃よく耳にはするけど、具体的によくわからないなあと思っている人は多いかもしれない。

この記事に取り上げられている「発達障害のある学生」というのは、おもにアスペルガー障害などの高機能自閉症系の人が多いようだ。
自閉症、というと対話や表現が困難で、知的にも障害があると思われがち。確かに、一般的にはそうだ。
ただし、自閉症の中でも高機能自閉症というのは、知的レベルが高く、一見して障害があるとはわかりにくい。
原因は、まだわかっていない。生まれつき、脳の機能にわずかな障害があるためだろうというくらいしか、解明されていないらしい。
タタは、その高機能自閉症の仲間の、アスペルガー障害(症候群ともいう)の、さらにボーダー、つまり境界線上にいるといわれている。

アスペルガー障害の人はよく、「高知能で社交べた」といわれる。
特定の能力(数、記憶、芸術など)に優れている人が多いが、感情を読むことが苦手で、「頭はいいのにズレてる」「自分の興味ばかり一方的にしゃべる」と見られてしまう。
「あんなに賢いくせに人の気持ちを理解しないなんて」と思われてしまうことが多い。
ほかにも、動作が不器用、聴覚・視覚・味覚・嗅覚などが過敏で特異な反応が多いなど、いろんな特徴がある。
アスペルガーの子どもは、たぶん生まれたときからいろんな違和感と戦っていて、大きくなってくると他人とコミュニケーションをとるのに苦労するが、なまじ知的な遅れがないために、周囲に障害であることを理解されにくい。

先の記事の場合も、大学に行く能力があるのに発達障害?単に性格の問題なんじゃないの?と思う人もいるかもしれない。
でも、アスペルガーの子どもの中には、学校の成績はよく、目立った問題も起こさずに進学していき、大学生や社会人になった時点で周囲に適応できなくなるケースがけっこうある。
ちょっと変わった子、と思われていても、多少いじめのターゲットになっても、成績優秀で周囲をシャットアウトすれば、なんとかすり抜けていける。
そして、自力で人間関係を作り、コミュニケーション能力がシビアに問われるような大人の世界に入ったとき、初めて問題が表面化するのだ。

アスペルガー障害の人が一番苦手なこと、それは今はやりの「KY」。
空気が読めない。相手の話を、言葉通りに受け取ってしまう。思ったことを、タイミングも配慮もなく、そのまま言ってしまう。
学校の成績というわかりやすい鎧がもう通用しない世界で、そういう人はたちまち孤立し、誤解され、信用を失う。
そのとき、生まれながらの障害が原因だということを周囲が理解してサポートしなければ、その人は自信をなくし、精神的に追い込まれてしまう。
いわゆる「発達障害の二次障害」というもので、アスペルガーなど発達障害のために本人が周囲とのあつれきに苦しみ、そのせいで強迫性障害やうつなどの心の病になってしまうことは、とても多いのだ。

まだまだ、この障害については知られていないから、子ども時代に診断を受ける人は少ない。障害があることを本人が知らないまま、生きづらさに耐えてなんとか暮らしている人が多い。
私も、タタがアスペルガーのボーダーだというところにたどりつくまで、ずいぶん回り道をした。
それがわかったから、何かが解決したわけではない。でも、それまでタタに関して、どうしてもわからなかったこと、わからなくて苦しんできたことで、「そうだったのか!」と初めて理解できたことは、たくさんある。

たとえば、タタが幼いころから、特定のものや音をひどく怖がり、パニックを起こしてきたこと。
冗談と本気の区別がつかず、突然怒ったり、逆におびえたりするのも、不可解でならなかった。
赤ちゃんのときから「眠れない子ども」で、睡眠が続かず、それでいて起きづらかったのも、アスペルガー特有の、脳の興奮のスイッチのオン・オフが切り替えづらいせいだと知ったとき、初めて腑に落ちた。

こういう症状は、今はだいぶ緩和されてきたし、こちらも「これはタタの特性なんだ」と思って受けとめられるようになってきたので、昔のわけのわからなかったころに比べるとずいぶん楽になった。
タタも、親にも理解されなかったころは、今よりもっとつらかっただろう。
まあそれでも、まだまだ、この特性とのつきあいは続く。
もっともっと、アスペルガーも含め発達障害について正しく、広く理解されていってほしいと、改めて思う。
[PR]
# by higurashizoshi | 2008-02-25 17:25 | Comments(0)

何をやってんねん…

アメリカが、自分で打ち上げたスパイ用の衛星を、自分とこの迎撃ミサイルで破壊した。
このスパイ衛星は打ち上げてすぐに制御不能になってしまい、猛毒の燃料を積んで地球に落下しそうになったので、ミサイルで壊してバラバラにしたそうだ。
1年前に中国が、人工衛星をミサイルで破壊する実験をしたときは、危険だ宇宙の汚染だとアメリカはさんざん中国を批判した。でもって今回は、中国の実験と違って破壊高度が低いから破片は落下するし宇宙を汚さないので安全よと胸を張っている。
何をやってんねんアメリカ…。

いったい、この悪い冗談みたいな出来事に費やされた金は人手は、と考えるとめまいがしてくる。おそらくとてつもない資金と技術が、この壮大な無駄に投入されたんだろう。
そして破壊されて飛散するその猛毒とやらは、ほんとうに宇宙を汚さないのか?
「世界で勝手に自警団」のアメリカくん、お得意の牽制と自己肯定で「宇宙も勝手に自警団」というわけだ。
なんでも地球の周りには「衛星の墓場」といわれる軌道があるらしく、その軌道上ではこれまで打ち上げられて老朽化した人工衛星がいくつも回っているという。今回のスパイ衛星はコントロール不能になったのでこの軌道には乗せられないということらしい。で、海上から迎撃ミサイルで狙い撃ち、破壊、と。「我々は成功した」と満足の面持ちのアメリカ国防総省の記者会見。ヘソが茶をわかすとはこのことである。

そもそも世界が平和であればスパイ衛星だって迎撃ミサイルだって存在しないわけで、まったく何をやってんねん人間…。
ああ人間ってやつはもう!と憤っていたら、タタがひとこと「そういうキミも人間だよ」。

そうなんです。自分もまた、この美しい星で、愚かなことを繰り返す人間の一員なのだと思ったら、うかうかと怒ってるだけじゃすまされない。人間に作られ、人間に捨てられて「衛星の墓場」を半永久的に回り続ける、朽ちた人工衛星のことを思い浮かべていたら、なんともかなしい気分になってきた。せめて愚かであることを自覚して、壮大な愚かさをちゃんと同胞として監視するココロガマエは持とう。そう思いつつも、やるせない怒りがまたフツフツとわいてくる私であった。
[PR]
# by higurashizoshi | 2008-02-22 14:40 | 雑感 | Comments(0)

最新チャチャ

今日の昼下がり、ぽかぽかのリビングで、ぼへーとくつろぐチャチャをパシャ!
これまでの写真だと顔がよくわからなかったので…替えてみた。
「ひとことでいうと、気のいいヤツ」。
というのがチャチャのキャッチコピー。d0153627_17271459.jpg
[PR]
# by higurashizoshi | 2008-02-19 23:05 | 雑感 | Comments(2)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:06
こんにちは。 今回の4..
by Disney 鴨 at 14:58
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:40
こんにちは。 アメリカ..
by Disney 鴨 at 15:39
Desney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 01:06
こんばんは。 今回は、..
by Disney 鴨 at 19:43
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 02:16
こんばんは。 今回の全..
by Disney 鴨 at 20:15
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 10:31
あけましておめでとうござ..
by Disney 鴨 at 21:35
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧