ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

平昌オリンピック フィギュアスケート 女子フリー 金メダルの争い

終わりました。女子フリーが終わりました。
今は、とりあえず金メダルと銀メダルを分けた二人の戦いについて。

d0153627_19525990.jpg

一昨日、女子ショートプログラムは上位陣がそろってパーソナルベストを続々更新するというすばらしい試合となりました。その中でも、エフゲーニャ・メドベージェワ選手が完璧な演技で出した歴代最高得点を、わずか20分後にはアレーナ・ザギトワ選手が更新、まったく異次元の一騎打ちがスタート。
そして中一日をあけたフリー。金メダルは、首位発進となった15歳のザギトワ選手か、僅差の2位発進となった世界女王メドベージェワ選手か。二人のショートでの得点差は、わずか1.31。

オリンピックシーズン序盤までは他を寄せつけることのない盤石の強さで、平昌での金メダル確実と思われたメドベージェワ選手。しかし昨年11月、右足の甲を疲労骨折していることを公表し、治療期間に入りました。
ちょうどメドベージェワ選手が治療に入った12月のグランプリファイナルで優勝したのが、まだ今季ジュニアからシニアに上がってきたばかりのザギトワ選手。ともにモスクワのエテリ・トゥトベリーゼコーチの指導を受ける同門の2人の行方に、大きな注目が集まりました。
メドベージェワ選手のケガ明けの復帰戦となった今年1月のヨーロッパ選手権では、ザギトワ選手がメドベージェワ選手を制して優勝。2年以上、どの試合でも負けなしだった絶対女王メドベージェワ選手の、初めての敗北でした。

そして迎えたオリンピック。メドベちゃんはケガは完全に治り、影響はないと断言。いつもながらの力強い高難度のジャンプ、ミスのない、そして表現力豊かな演技は健在。
一方のザギトワちゃんは、今季ほとんどミスのない演技を連発し、シニア一年目にして出場した国際試合のすべてで優勝。まさに伸び盛りの勢いを見せていました。
特に彼女が武器とするのは、3ルッツ+3ループをはじめとする高難度のジャンプをいとも軽々と高く正確に跳んでいく驚異的な技術力。そしてジャンプ7つすべてを得点が1.1倍になる後半に組み込むという、究極の高得点狙いの鬼プログラムでもまったくバテることのないスタミナとメンタルの強さ。
しかし、メンタルの強さではメドベちゃんはまさに女王。常に主体的にプログラムにも練習にも取り組み、どんな試合にも緊張や弱気などかけらも見せずに強く明るいオーラを放つ存在であり続けてきました。彼女の不運は、やはりよりによってオリンピックシーズンに骨折してしまい、その影響が避けられない中で対決に臨まなければいけなかったことでした。

ロシアからの選手派遣がドーピング問題で大揺れし、個人資格という変則的な形での参加となったロシアの選手たち。もともとウインタースポーツの牙城だったロシアですが、この五輪では今日まで金メダルはひとつもなかったんですね。そんな中迎えた女子シングル、どれほどの重圧が18歳と15歳の2人の少女の肩にかかっていたことかと思うと、胸が痛くなります。

フリーの滑走順は、ザギトワちゃんのほうが早く、メドベちゃんは最終滑走。
ザギトワちゃんの今季プログラムは、ショートが「ブラックスワン」、フリーが「ドン・キホーテ」と、どちらもクラシックバレエをベースにしたもの。特にフリーはバレエチュチュの真っ赤な衣装でドン・キホーテのキトリを演じるという、ロシアの伝統的な、ある意味ベタな演目。表現力というよりは、音楽とスケーティング技術をかっちりと合わせ、そこに高難度ジャンプをこれでもかと盛り込んで高得点をねらうプログラムです。

d0153627_20191147.jpg
今日もまったくミスなく進むに見えたプログラムの中、後半に組み込んだ3ルッツ+3ループ、ザギトワちゃんの最強ジャンプコンビネーション。最初の3ルッツの着氷が詰まり、コンビネーションがつけられず! あわやのミス! と思ったら、そのあとジャンプ構成をすみやかに変更して、その後の3ルッツにおそろしく質のいい3ループをしっかりとつけてきました。うおお。
なんという落ち着き。どんなことにも対応できるように徹底的に鍛錬しているんでしょう。
すべてのジャンプ、エレメンツを完璧にこなし、フィニッシュ後は片手を挙げて力強くガッツポーズ!強い!!
そして出た点数は、フリー156.65、総合239.57のハイスコア。とはいえ、歴代最高には及びませんでした。

メドベちゃんのフリーは「アンナ・カレーニナ」。ロシア文学の名作を、その表現力を駆使して演じ切り、ジャンプも各エレメンツもすべてがその演技の一部であるかのように感じさせる、非常に芸術性の高いプログラムです。衣装もまさに芸術品の美しさ。

d0153627_20205288.jpg
いつものように、物語に入り込む表情からスタート。
しかし、冒頭のジャンプコンビネーションがこれまで後半(得点1.1倍)に入れていた3フリップ+3トゥだとわかった瞬間、私の頭にパッとともった言葉は《ああ、金は取れない!》でした。
ほんのわずかな差が勝敗を分けるこの場面で、あえて後半から前半にジャンプを移さざるを得ないのは、後半に置いておけば失敗する懸念があるから。確実に跳ぶ自信のある冒頭に、このコンビネーションを持ってきたのでしょう。今のメドベちゃんは、そういうコンディションだったのだ、ということだと思います。

もし冒頭に移動した3フリップ+3トゥをこれまで通り後半で跳んでいたら。
《もしも》の話をしても仕方ないことですが、そうであれば得点は変動し、メドベちゃんが金メダルだった可能性はあります。それができるコンディションであれば、さらにコンポーネンツも上がっていたかもしれません。
ジャンプ全部を後半にかため、1.1倍のメリットを目いっぱい使うザギトワちゃんとの差が、そしてコンディションにわずかの疵があるかないかが、結局メダルの色を分けることになったのです。

メドベちゃんは、最後まで強かった。すべてのジャンプを降り、心からの演技をしました。
演技を終えた瞬間にあふれ出た涙、初めて見る彼女の号泣にこちらも涙が流れました。
そして、キスクラで得点を眼にしたときの、彼女の絶望的な悲しみの表情を忘れることができません。フリーの得点は、ザギトワちゃんとまったく同じ156.65。そして総合は238.26。
わずかに、わずかに1.31点の差、つまりショートの点差がそのまま天と地を分けました。

d0153627_23120679.jpg

キスクラで泣きながらうつむいて、でも次の瞬間顔を上げたときは笑顔になっていた。この強さがメドベちゃんだと思いました。世界選手権に出場するかはわからないけれど、しっかり休養して万全のコンディションになって再び戦ってほしい。

その昔、15歳のタラ・リピンスキーが彗星のように現れ、長野五輪で金メダル確実のはずだった世界女王ミシェル・クワンの手から金メダルをもぎ取っていったことを思い出しました。クワンは結局五輪金メダルを最後まで獲ることはできず、一方のリピンスキーは長野五輪のすぐあとに現役引退。その後はタレント活動をしていて、この平昌五輪でもジョニー・ウィアーと組んでアメリカのテレビのフィギュアスケートの実況解説を担当しています。

もちろん、金メダルを手にしたザギトワちゃんは祝福したい。どうか彼女のこれからのキャリアに、このメダルがよい影響を与えますようにと願います。リプニツカヤ選手のようにメディアや周囲の期待にもみくちゃにされて早々とリンクを去った選手のことも、つい思い出してしまうので。
まだ15歳の彼女は今後体形変化もあるだろうし、ロシアには同じトゥトベリーゼ門下だけでも四回転を含めたおそろしいジャンプをバンバン跳べるジュニア選手がわんさといます。すぐに下からの突き上げも始まるでしょう。
本来ならもっと時間をかけて成長を見守ってもらうべき卓越した才能の持ち主なのに、こんなに早く金メダルを獲ってしまったことでこれからの道のりが逆に険しくなるかもしれない… ついついそんなことを考えて、ザギトワちゃんの無垢な笑顔が曇らなければいいなあと願っています。

本音を言えば、やっぱりメドベちゃんを表彰台の真ん中に立たせてあげたかった。
なんともいえない残念な気持ちとともに、フィギュアスケートの採点って…とあらためて考えることにもなりました。後半に高難度ジャンプを固め打ちすれば勝てるのならば、コンポーネンツは何のためにあるんだろう?などと。
そういう意味では、どこかモヤモヤした気持ちが残った女子フリーの頂上決戦でした。

すばらしかった宮原知子選手など、ほかの女子フリーの内容については次回書きたいと思います。



[PR]
by higurashizoshi | 2018-02-23 23:13 | フィギュアスケート | Comments(0)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:53
こんばんは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 22:17
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 16:30
bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 16:13
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:57
お久しぶりです。忙しそう..
by bikegogoy at 07:10
なみさん ずいぶん長く..
by higurashizoshi at 12:52
初めまして。マリンメッセ..
by なみ at 17:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 23:49
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:03

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ

画像一覧