人気ブログランキング |

ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

三行日記

三日坊主、根気がない、なにごとも続かない…
子どものころからずっとそう。そのいい例が日記で、はりきって始めてもじきにつまづいて、書かないまま日がたち、そのうち日記帳すらどこにいったかわからなくなる始末。それをいったい何回繰り返してきたかわからない。
もうずいぶん前、こんな自分をなんとかしよう! と決意して「10年日記」というのを買った。やめときゃいいのに、意気揚々と一年目の元旦から書き始めた。二週間くらいは続いただろうか…少し、息切れして、忙しい日はついつい書けなくて。あれ、こんなはずでは…こんなはずでは…
今その箱入りの重たい「10年日記」は押入れのどこかに、9年11ヶ月以上の真っ白なページを抱いたまま眠っておられる。おそろしくて、10年目がもう過ぎてしまったのかどうか、たしかめる勇気がありません。

と、そんなある日。今から2年以上前のこと。「僕の歩く道」という、自閉症の青年が主人公のドラマを観ていた。
彼のたいせつな日課に、幼なじみの女友だちに必ず毎日はがきを書く、というのがある。ドラマには毎回、そのはがきが映し出される。中身は、いつも三行だけ。《今日は、何々をしました。》《誰々が、こうしていました。》というような、すごくシンプルなもの。シンプルだけに、とても含蓄があり、
「一日のことを、たった三行に書いてしまうなんて、すごい」と私は感動した。これはみごとな短詩型の世界!
で、そのときにふと、これならできるのでは? と思ったのだ。
長年、日記をはりきって始めては息切れしてしまうのは、もちろん私があきっぽいからなんだけれど、その日の出来事や考えたことなんかをあれもこれも書きとめておこうとしすぎるからなんじゃない? と初めて(遅すぎる)思った。
そうだそうだ、日記をこんなふうに三行だけにしてみよう!

それで、2007年の元旦から、この三行日記を始めてみたのだ。
これはらくちん、と思っていたら、実はやってみると以外にむずかしかった。人間、朝起きてから寝る前まで、けっこういろんなことをしているもんである。忘れられないような出来事が起こる日もあれば、「…ん、今日は何してたんだっけ?」というような一日もある。
それらの全部を平等に、いつも一日三行、つまり三つの短い文だけで記す。
うー今日はこんないろんなことあったのに、三つだけ選ぶなんてどうやったらいいの? という日。
二つは出てきたけど、最後の一つが何にも出てこないなあ…「チャチャのうんち、ゆるめ」、これでいいか。なんて日もあり、たった三行を考えるのにえらく時間がかかったりした。

でも、三行日記のいいところは、とにかく実際に書く時間はめちゃめちゃ短いということだ。三つを選べれば、書く字数はあっけないほど少ない。めんどくさがりには最適である。
それと、もうひとついいこともあった。その日の全体を振り返る、ということが楽にできるようになってきたことだ。
それまでの私はその日のいろんなことをねちねちと思い出し、ねちねちと日記を書いていた。それはそれでいいのだけど、それは疲れる。そしてとにかく、続かない。
三行日記をはじめてから、しばらくすると、書くときにさーっとその一日を見渡せる感じになってきた。この《さーっと》がいいのである。

さて、ここまで自慢げに? 書いてきたからもうおわかりでしょう。私のけっこう長い人生で初めて、なんと丸2年以上が過ぎたというのに、一日も欠けることなくこの三行日記は続いているのである。
正直、3年目に入る今年の日記(といってもバッグにはいるような小さなダイアリー)を開いたときにはわれながら感動した。「こっ、この私が2年も…一日欠かさず日記を…うっうっうっ」もはや母の心境(誰が誰の?)。
でも、私にはわかっているのだ。これだけ日記が続いたのは、寝る前にちょこっと座って三行日記を開くとき、一日の終わりのごほうびにワインをちょっぴり飲むからだってこと。
楽しみとセットになっているからこそ続く、三行日記なのである。
by higurashizoshi | 2009-01-27 21:51 | 雑感

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ

画像一覧