ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

平昌オリンピック フィギュアスケート 男子フリー

今日は家にいて、NHK地上波の生中継を最初から最後まで観てました。
途中で、もう観るのやめたいと何度か思うくらい、すごい試合でした。
ソチ五輪の男子フリーは最終グループに自滅演技が多く、モヤモヤが残った記憶があるのですが、今回平昌五輪の男子フリーは違いました。まっとうな激闘であり、結果も納得いくものでした。点数的なレベルが高すぎて、時代の変化をまざまざと感じた今日でした。

結果的には、ショートの上位3人がメダル。
勝つべくして勝った3人。心から讃えたいです。
ハビエル・フェルナンデス選手は、スペイン史上初めてのフィギュアスケートのメダリストとなりました。ほんとうにおめでとう!

d0153627_22280683.jpeg
男子シングルの総合順位です。

1羽生結弦(日本)317.85
2宇野昌磨(日本)306.90
3ハビエル・フェルナンデス(スペイン)305.24
4ボーヤン・ジン(中国)297.77
5ネイサン・チェン(アメリカ)297.35
6ヴィンセント・ゾウ(アメリカ)276.69
7ドミトリー・アリエフ(ロシア)267.51
8ミハイル・コリヤダ(ロシア)264.25
9パトリック・チャン(カナダ)263.43
10アダム・リッポン(アメリカ)259.36
11アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)257.01
12 キーガン・メッシング(カナダ)255.43
13ダニエル・サモヒン(イスラエル)251.44
14ヨリク・ヘンドリクス(ベルギー)248.95
15チャ・ジュンファン(韓国)248.59
16ミハル・ブレジナ(チェコ)246.07
17ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)244.94
18田中刑事(日本)244.83
19デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)234.58
20ブレンダン・ケリー(オーストラリア)233.81
21マテオ・リッツォ(イタリア)232.41
22パウル・フェンツ(ドイツ)214.55
23ハン・ヤン(中国)213.01
24モリス・クヴィテラシビリ(ジョージア)204.57


羽生結弦選手の圧倒的な強さ。この心の強さはどこからくるのだろう。
奇跡的なものを観た、という思いがぬぐえません。
こんな人はこれまでもいなかったし、これから先もいないだろう。
と同時に、これがもし彼の集大成になるのだとしたら、あまりに早く、さびしいなとも。
この特別なスケーターがこれからさらに進化するさまを、見たい。そう思わせられたから。

d0153627_22305477.png

正直にいって、宇野昌磨選手が銀メダル、ということにいまだ実感がないんですよ。
私、ずっとショーマ推しで、すごく好きなスケーターなので応援もしてきたのだけど、
「ショーマ?メダル?それも、銀…?」
てキョトンとしてしまう。

d0153627_22310020.png

フリー最終滑走で、冒頭の四回転ループで転倒したときは「もうだめか」と思いました。
インタビューによると、本人はその転倒で《一番にはなれないな》って思ったそうで、そしたら笑えてきたんだそうです。「笑いがこみあげてきた」って言ってましたね。
笑える…?オリンピックのメダルのかかった最終滑走の演技中に、笑える…?
ショーマは試合のとき、他の選手の演技をモニターで全部観てる珍しい選手です。ふつうは動揺するので見ないと思うんだけど、彼は平気なんですね。だから最終滑走の自分までの全部の選手の演技も得点も知ってた。そのうえでリンクに出ていった。
確かに、ショーマの基礎点からすると、もし予定通りのクリーンな演技ができたら結弦くんを上回る可能性はあったんですよね(いや、今回はそうならなくてよかったと思うけど)。
でも冒頭に転倒したから、あ、一番は無理だなって思った。そしたら笑えてきた。「もう、がんばろ、って」思ったんだそうです。そして銀メダルです。
要するに、今の彼にとっては、ほんとにその言葉通り、オリンピックは特別なものではない。試合のひとつにすぎないんですね。つくづく、これまで見たことのないタイプの選手だなって思います。
そういう意味でも、これからのショーマがどう変化していくのかが楽しみです。

ハビーは、たったひとつ四回転サルコウが抜けて二回転になった、あの瞬間に金メダルを逃しました。たったひとつ。
それでもそのほかはほんとうによくまとめました。縦横無尽でのびやかな最高のハビーではなかったけど、これまでのすべてを出したい、なんとしても勝つんだという思いがあふれ出ていました。
結果が出たあと、あの優しい笑顔で結弦くんを抱きしめて讃えるハビーの様子を見て、涙が止まりませんでした。

d0153627_23331676.jpeg

メダリスト全員が300点台という、4年前には想像もつかなかったハイスコアな五輪。
追い上げてあと一歩だった4位のボーヤン・ジン選手、奇跡のフリーを見せてくれたネイサン・チェン選手(フリーだけなら彼がダントツの1位でした)、そしてパトリック・チャン選手やミハル・ブレジナ選手など今季での引退を表明している選手たちの演技。
ヴィンセント・ゾウ選手やデニス・ヴァシリエフス選手など、4年後の進化が期待できる若い選手たちの姿も心に残りました。

実は今日はプライベートでは娘の天下分け目の試験当日で、そのことにハラハラし、男子フリーにハラハラし、一日中ちゃんと生きた心地がしませんでした。
でも娘も結果はわからないけど無事受験を終えて帰ってきたし、男子選手はみんなほんとうにすばらしい演技を見せてくれたし、ちょっと心を落ち着けてお風呂入って寝ようと思います。あ、録画してた表彰式見なきゃ。


[PR]
by higurashizoshi | 2018-02-17 23:51 | フィギュアスケート | Comments(0)

平昌オリンピック フィギュアスケート 男子ショート

団体戦の後半部分を書こうと思ってたら、あっという間に個人戦のペアが始まり、男子ショートが今日終わりました。

ペアに関しては、スイ&ハン組に金メダルを!と個人的には応援してたのですが、サフチェンコ&マッソ組の歴史に残るフリー演技と、金メダル確定の瞬間にあふれ出した二人の涙を見て、「ああ、これでよかったんだ」と深く納得しました。
ウクライナからパートナーを求めてドイツ国籍を取り、多くの栄光ののちにパートナーが引退し、サフチェンコ選手も30歳を過ぎて引退するかと思いきや、若いパートナーを得て再び挑戦を始め…
しかも新パートナーのマッソ選手もドイツ人ではなく、フランス国籍から変更してのペア結成。そこから次第にまた世界の上位へと駆け上がってきて、ついにサフチェンコ選手は悲願の金メダルを手にしました。どれほどの苦労と困難の果てにこの瞬間を迎えたのか、想像すると思わずもらい泣き。
スイ&ハン組にとってはフリーでのわずかなミスが僅差での勝敗を分けたことになり、ほんとうに悔しいと思うけれど…4年後の母国開催の北京五輪まで、さらなる進化に期待です。

さて今日終わった男子ショート。
いやおそろしい試合でしたね。
ショートでの順位は、羽生結弦選手が圧巻の1位発進、2位がハビエル・フェルナンデス選手、3位が宇野昌磨選手、4位がボーヤン・ジン選手、はいここまで全部100点超え! ダークホースのドミトリー・アリエフ選手が5位です。

d0153627_22505597.jpeg

もう、どこを見ても羽生、羽生なので今さらですが、彼の超人伝説ここに極まれりという今日でした。昔のマンガみたい。というか、ふつう、こんな人はマンガの世界にしかいないはず。メンタルが強いとか、そういう次元じゃないです。
結弦くんの演技が終わった直後、一緒に観てた娘がひとこと、
「鬼、だね」
と言ったんですが、ほんとそうだなって思いました。もちろん悪い意味じゃなく。
明日のフリーがどんな内容であれ、今日のショートでの演技はひとつの伝説になりうるでしょう。

ハビーは素晴らしかったです。すべてを充実させて滑り切りました。4位に終わったソチ五輪から、ずっと彼の目指し続けたメダル。それがハビーの望む色になるかはわからないけど、絶対にその首にメダルがかかるところを想像して、明日を迎えたい。

そしてショーマは、今日もショーマでした。本人いわく、「高まってくると身体が動きすぎてしまう」。だからそれを抑えるのが大変だったそうです。
そして少し氷につまづきかけた瞬間とか、最後のトリプルアクセルがあやうかったけどおさめた直後とか、またも笑ってました。オリンピックの演技中に。いい意味で、こんな変なスケーター見たことないです。

ネイサン・チェン選手に関しては、団体戦のときから「どうしたんだろう?」と思ってました。
軽々と飛んできた多彩な四回転が、どうも決まらない。それでも、今季の活躍を考えれば個人戦では盛り返してくると確信してたのですが…。今日はまさに《悪夢》のひとことでした。どうかフリーでは彼らしい演技ができますように。


ほかに印象的だったのは、もはや美しき修行僧と化してしまったかのようなミーシャ・ジー選手の「アヴェ・マリア」の極まった演技。今季のどの演技よりも精神性が高かったです。
そしてヨリク・ヘンドリクス選手の、ジャンプも演技の中に完全に溶け込んだような、ひとつながりの美しいプログラム。
大好きなアダム・リッポン選手や、ミハル・ブレジナ選手の会心の演技もうれしかった。

もうひとり、惜しくもわずかな差でフリーに残れなかった初出場のマレーシアのジュリアン・ジー・ジェイ・イー選手。とても素敵なスケーターで、以前から応援していたので、初五輪での活躍を願ってました。いい演技だったのですけど…ほんとに惜しくも24位以内に僅差で入れず。

明日のメダル争いは、5位のアリエフ選手までの5人。
点差は3~4点あるとはいえ、フリーの出来次第では順位は入れ替わり可能。
明日は、選ばれた舞台に立つ選手たちの、何年もの思いや苦難が凝縮する日。
心して、静かに熱く見守りたいです。



[PR]
by higurashizoshi | 2018-02-17 02:45 | フィギュアスケート | Comments(0)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:53
こんばんは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 22:17
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 16:30
bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 16:13
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:57
お久しぶりです。忙しそう..
by bikegogoy at 07:10
なみさん ずいぶん長く..
by higurashizoshi at 12:52
初めまして。マリンメッセ..
by なみ at 17:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 23:49
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:03

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ

画像一覧