ひぐらしだより


人生はその日暮らし。  映画、アート、音楽、フィギュアスケート…日々の思いをつづります。
by higurashizoshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

デニス・テン選手、急逝

カザフスタン史上初のフィギュアスケートのオリンピックメダリストであり、カザフのスポーツ界における若き英雄だったデニス・テン選手が昨日、故国のアルマトイで亡くなりました。

d0153627_11013071.jpg

あまりにも突然の死。昨日、レストランで会食後に車に戻った彼は、ミラーを盗もうとしていた2人の男に遭遇、大腿部を刺され大量出血し、搬送先の病院で死亡したというのです。
いまだ、信じられないし、信じたくない。

テンくん。その高い音楽性、美しいスケーティング、すばらしい衣装センス、静かに燃えるような力強さと、にじみ出る知性と優しい人柄、そして彼がまとう独特の高貴さ。
子ども時代に才能を見いだされてカザフからロシアへ。タチアナ・タラソワなど著名なコーチのもとで成長を続け、頭角をあらわしました。
私が彼に初めて注目したのは、バンクーバー五輪出場のとき。すでに彼はアメリカに移り、フランク・キャロルコーチのもとにいました。
まだ16歳、あどけない少年はとてつもない闘志と身体能力に満ちていました。カザフスタン出身ということも当時まだ珍しく、これはすごい選手が出てきたぞと思ったものです。私は彼をひそかに《火の玉小僧》と名付けました。
その後ケガや故障にたびたび苦しみながらも、確実に世界のトップスケーターへと成長。同時に、故国のスポーツ界を牽引する知性と気品に満ちた青年へと変化していき、私の中での呼称も《火の玉小僧》返上、《尊敬すべき美しきスケーター、テンくん》に変わりました。

d0153627_12481369.jpg

毎年、シーズン初めはなかなか調子が上がらず、それでもシーズンが深まるにつれ、いつもすばらしい演技で私たちを惹きつけてくれたテンくん。世界選手権で2度のメダル、四大陸選手権で優勝、そしてソチ五輪では銅メダルに輝きました。何より、プログラムの音楽を丸ごと自分のものにしてひとつの作品にする力、その魅力はいつも抜きんでていました。
世界中のスケーターと親交を深め、ソチでのメダルをばねに、カザフスタンでの五輪開催を目指していた彼。その夢もかなうことなく、あまりにもあっけなく、あまりにも無残に、彼の25年の人生は断ち切られました。

世界中のスケーター、スケート関係者から悲鳴のような哀悼のことばが降り注いでいます。
今月初め、現役復帰を発表した大ちゃんに、テンくんはSNSで《おかえり、DT》と呼びかけてくれていました。テンくんと大ちゃん、イニシャルが同じだったんですよね。
カザフでテンくんが開催したアイスショーに大ちゃんも真央さんも招かれて、ほんとうに楽しそうに交流する姿が見られていたのに…。

彼のたくさんのプログラムの中で、これはずっと残り続けると思える演技を貼っておきます。
多くの方に、何度も何度も観てもらいたいです。

こうして亡くなったテンくんのことを報道するときに、かつて羽生選手との間にあった《トラブル》をクローズアップする人たちがいることは悲しい。
いまだ本当の事実関係も明らかではないのに、彼の功績よりもそれが大きなことであるかのように書くのは、あまりにも失礼です。彼のアスリートとしてのすばらしさ、彼がカザフスタンでもスケート界においてもどれほど大切な存在だったか、それこそを報道してほしい。

2015年、四大陸選手権優勝のフリー。
シルクロードをテーマにした難しい選曲をみごとに踊りこなし、わずかなジャンプミス以外は完ぺきな演技。衣装も、いつも凝った美しい彼のコスチュームの中でも史上最高のひとつです。




まだお別れを言う気持ちにはとてもなれないから、さようならではなく、ただありがとうと言います。
テンくん、美しいスケートを、その闘志と、優しい笑顔を、ありがとう。


[PR]
by higurashizoshi | 2018-07-20 12:50 | フィギュアスケート | Comments(0)

高橋大輔選手、とふたたび呼べる日

よもや、ひさびさの更新がこんなテーマになろうとは。
7月1日、フィギュアスケートの2018-19年シーズンが始まる、フィギュアファンにとっての元旦。そのまさに今日、高橋大輔さんが現役復帰を発表。

d0153627_01374086.jpg

私、会議中で。
ふとスマホを見て知った瞬間、脳内で理解しはじめる前に、なぜか泣きそうになった。会議中だから泣きませんでしたが。
この人って、この人って、ほんとにこういう人なんだ。また茨の道へ、32歳で復帰なんて。
回り道して、やっぱり自分の納得を求めて競技に戻る。自分のために。

あとから知ったけれど、昨年12月の全日本選手権を報道側としてそばで見ているとき、急に《降りてきた》思いだったと。それまでは競技に戻りたいとは一切思ってなかった。
そして、ソチ五輪シーズンが不本意に終わったこと、特にあのつらい五輪のあと、世界選手権を断念してそのまま休養→引退してしまったことに、やっぱり大ちゃん自身がどこかで引っかかっていた。やり切っていない、という思いが残っていた。
今度こそ自分のために、彼は帰ってくる。この過酷なリンクに。

今夜のテレビ生出演のとき、中村アナが「高橋大輔選手」と呼びかけたのを聞いて、また泣きそうになった。そんな自分の反応が、不思議だった。大ちゃんの現役復帰? 露ほども考えてなかったのに。
なぜか、驚きよりもなによりも、ただただ、胸がいっぱいで。

1年限定、と言っているけど、これはきっと、やってみてからのこと。
今後30代後半までスケートをしていくにあたって、一度現役に戻って一から作り直すということが必要だと考えた、とも言っていた。自分のスケートを取り戻したい、と。
すでに長光コーチのもとで、今シーズンを戦うための練習を関大リンクで始めているとのこと。

現時点での目標は、半年後の全日本選手権で最終グループに入ることだそうだ。
地道に近畿ブロック大会から勝ちあがっていって、そこまでいく。これは地方大会も大変なことになりそう。
そして、もしその願いがかなったら。
全日本で、結弦くんと、ショーマと、同じグループに大ちゃんがいる、という景色を見ることになるのだ。
そして気づく。発表になったばかりだった今シーズンアサインのNHK杯の、日本選手のTBD枠(選手名未定の枠)。なんでここ、こうなってるんだろうと思っていたんだけれど。
これは、もしかして、つまり、そういうことがあろうかという、TBDだったのか…。

はああ。こんな日が来るなんて。
ほんとうに実感するまでは、まだしばらく時間がかかりそう。
でも、今日記者会見でも、生出演でも、大ちゃんがとてもまっすぐで、すっきりとして、迷いがないいい眼をしていたこと。こんな彼を見るのはいつからぶりだろうと思って、それがただただうれしかったことは、忘れない。

大ちゃんに、現役復帰の思いを《降りて》こさせた演技のひとつとして、昨年末の全日本でのこの演技が紹介されていた。ああ、そうか…と思った。
2度の骨折、3度の手術、長いリハビリを経て、地方大会ではシングルジャンプしか跳べず、それでも全日本出場を果たした山本草太選手。私も生でテレビで観ながら、思わず泣いた。
「勝たなければ意味がないと思っていた。でもそうじゃない、それぞれの戦い方があっていいんだと気づいた」
そう、大ちゃんに言わせた草太くんの演技「アンセム」。



[PR]
by higurashizoshi | 2018-07-02 01:43 | フィギュアスケート | Comments(0)

フォロー中のブログ

明石であそぼう! たこ焼...

最新のコメント

Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 00:53
こんばんは。 ひぐらし..
by Disney 鴨 at 22:17
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 16:30
bikegogoyさん ..
by higurashizoshi at 16:13
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:57
お久しぶりです。忙しそう..
by bikegogoy at 07:10
なみさん ずいぶん長く..
by higurashizoshi at 12:52
初めまして。マリンメッセ..
by なみ at 17:22
Disney 鴨さん ..
by higurashizoshi at 23:49
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 20:03

検索

ファン

ブログジャンル

映画
ウィンタースポーツ

画像一覧